マニッシュな風情を織り込んだ「ジェンダーレス」な着こなしにファンが増えています。キリッとしたムードに仕上げやすいのに加え、実は女性をエレガントに見せてくれる効果が大きいところが支持される理由のよう。

スタイリングのポイントは、メンズ風味の「さじ加減」。艶やかな色&素材、フェミニンなモチーフを上手に使えば、程よく男っぽさを和らげられます。

ジェンダーレスな装いを得意とする、モナコのCharlene(シャルレーヌ)公妃をお手本に、コーディネートの要点を押さえていきましょう。

トレンドに敏感な美人公妃の「エレガンス薫るジェンダーレスな装い」4選

■1:紳士風チェスターコートに「華ある赤」を差し色に

チェスターコートを着こなすCharlene(シャルレーヌ)公妃
チェスター特有の武骨さを、赤マフラーで程よく中和

スーツに象徴されるカッチリした装いも、赤系カラーを差し込んむだけで、表情がソフトに変わります。

英国紳士風のチェスターコートは正統派ムードのアイコン的アウター。シャルレーヌ公妃は、赤のチェック柄マフラーを縦に垂らして、艶やかさと縦落ちイメージを添えました。シンプルな黒パンツでシャープな着映えに。足元はパンプスでフェミニンに整えています。

■2:クラシカルな装いを「ビッグリボン」で優美にシフト

大きなリボンがアクセントの着こなしをするCharlene(シャルレーヌ)公妃
小顔効果も発揮する特大のリボン効果

クールなパンツルックは、ときに愛想が乏しい見え具合になりがちですが、フェミニンなモチーフを投入すれば、表情を一変させられます。

クラシカルな千鳥格子のコートをまとって、シャルレーヌ公妃は各国首脳が集まるイベントに参加。プレーンな黒パンツとのコンビネーションは地味に見えてしまいそうなところでしたが、さすがはおしゃれ上手。胸元にビッグリボンを迎えて、優美に様変わりさせました。目立つ大ぶりのモチーフを使うと、全体の印象をたおやかにシフトさせやすくなります。

■3:カジュアルな「フーディー」を大人フェミニンに仕上げる

フード付きアウターを着こなすCharlene(シャルレーヌ)公妃
ネイルの鮮やかなレッドが淡いトーンの差し色に

ジェンダーレスな装いでは、人気の続くパーカーに代表される、ストリート寄りやボーイッシュ系アイテムも役立ちます。

ただ、カジュアルに見えやすいので、やはりフェミニンな味付けが欠かせません。フード付きのアウターを選んだ公妃は、色バランスに気を配って、全体を落ち着かせています。お見事コーデの柱になっているのは、微妙に色味をずらす「トーン・オン・トーン」。適度な動きを演出しながらも、色が散らかって見えにくいので、上品な印象にまとまります。

■4:たっぷりパンツをドレッシーに導くメタリックシューズ

赤のコートを着こなすCharlene(シャルレーヌ)公妃
シャツの襟部分をチラリとのぞかせ、きれいめイメージを演出

幅のたっぷりしたパンツは、日本でもかなり定着してきました。オーバーサイズをルーズに見せないコツは、靴とのコンビネーションにあります。

国民的イベントに臨んだこの日、公妃はだぼっとしたメンズ風ゆるめパンツをチョイス。だらしなく見えない理由は、爪先のとがったメタリックシューズ。シャープな形とまばゆいきらめきが足元からリュクスを薫らせています。女っぽい真っ赤なコートをはおって、いっそう艶やかに仕上げました。


メンズライクなアイテムを取り入れると、手持ちのワードローブから、別の表情を引き出せるので、着回し効果が高くなります。きちんと感やエレガンスを引き立てるうえでも、ジェンダーミックスのアレンジは役に立つので、公妃の着こなしを参考に楽しんでみてください。

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃