ロイヤルファミリーもよく着用されるネイビーカラーは、実はオールマイティーに使いこなせる重宝カラー。きちんと感があるのに加え、若々しさや清潔感も兼ね備えているから、着こなしのバリエーションも広がります。

上手に着こなすコツは、抜群の相性を発揮する白を生かしながら、色数を抑えたきれいめトーンにまとめること。スニーカーやジーンズと組み合わせて、適度な抜け感を出す工夫もこなれ感を生んでくれます。世界のおしゃれプロたちが見せたネイビーコーデを手がかりに、春スタイルを充実させる着こなしプランを増やしていきましょう。

今すぐスタイリッシュになれる!大人ネイビーのお手本スタイル5選

■1:「スタンダードをスニーカーで外す」大人のこなれスタイル

ネイビーのコートを着こなす女性
スポーティーな着こなしの「アスレジャー」を格上げする効果を発揮

上品な落ち着きをもたらしてくれるのがネイビーカラーの良さ。コートに迎えれば、装い全体のムードを大人っぽく整えてくれます。ジョガーパンツやスエットパンツもルーズに見えにくくなるうえ、コートとのボリューム差が効いて、脚がほっそり見え。

決め手は白スニーカー。ネイビーと白はマリンルックでもおなじみの好相性パートナーです。スタンダードなコートルックの印象をスニーカーで外すスタイリングテクニックが、こなれ感を引き出します。

■2:「トレンドのオーバーサイズをシックに捉える」最先端スタイル

ネイビーで統一されたコーディネートの女性
きちんと感を帯びた白シャツはオーバーサイズの引き立て役にぴったり

見た目の印象を引き締める働きをもつのも、ネイビーカラーを取り入れるメリットです。ロングトレンドになっている、ひと回り大きめの「オーバーサイズ」も、ネイビーを組み込めば、広がって見えすぎずシックな佇いに。

メンズ風のネイビーカーディガンには、フェミニン系ボトムスを合わせるのが賢い選択。シフォンライクなやわらかい生地で仕立てたスカートがゆったりした量感を生みました。でも、だらしなく見えないのは、ネイビーのおかげ。「すっきりオーバーサイズ」という新コーディネートに仕上がりました。白シャツを胸元とひじ先にのぞかせて、爽やかなツートーンにまとめています。

■3:「大人の色気で気品をまとう」上品ジャンプスーツスタイル

ネイビーのジャンプスーツを着こなす女性
素肌の透明感を引き出す点でも、ネイビーは上手に付き合いたい色

色自体に奥行きのあるネイビーカラーは、装いのムードを深くしてくれます。上下がつながったジャンプスーツは、ワークウエアをドレッシーにまとうトレンドにもマッチ。

ネイビーはドレープを印象的に見せるのに加え、陰影も深いから、全体がエレガントな風情に。たおやかな曲線をきれいに描き出すので、大人の色気がほんのり漂うのもウェルカムなところ。全身が真っ黒になると、重たく映りがちですが、ネイビーなら程よくメリハリが効いて出番が増えそう。

■4:「スカーフ使いでレディーに仕立てる」デニムスタイル

ネイビーのジャケットを着こなす女性
装いのキーカラー(今回はネイビー)をスカーフで取り入れることで好バランスに

ジーンズらしいインディゴカラーと馴染ませやすいから、ネイビーカラーはデニムルックと融け合います。ニットトップスやジャケットにネイビーカラーを差してこの特徴を生かせば、全体がきれいめトーンに。

ジーンズ姿はカジュアルに映りがちですが、ネイビーカラーの力を借りると、品格が備わります。微妙に色味をずらした「トーン・オン・トーン」でまとめた着こなしは洗練や清潔感がアップ。レディーライクな印象を強めているのは、首に巻いたスカーフ。ネイビートーンに華やぎが加わりました。

■5:「ツートーンで爽やかリュクス」な大人マリンスタイル

マリンルックな女性
白の縁取りがネイビージャケットを軽やかに印象づけています

夏の定番的存在だったマリンルックは、今や季節を問わずにまとうオールシーズンの装いに。ネイビー×ホワイトのツートーンは涼やかに映るうえ、清潔感があり、好印象を与えやすい色合わせです。

ボーダー柄のトップスはマリンルックのシンボル的なアイテムですが、ネイビージャケットをはおれば、きちんと感が備わり、「大人マリン」のムードにシフト。爽やかなツートーンがリュクスと休日気分を交わらせています。


スーツでもおなじみのネイビーは、クールで正統派のイメージをまとえる色。上手に取り入れれば、オフの日コーデにもエレガンスや気品を寄り添わせることができそう。マリン系の清涼感も生かして、春を先取りしてみてはいかがでしょう。

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃