春は気温が不安定だから、まだトレンチコートをしまい込むわけにはいきません。冬から長く着続けていると、「いつも同じ」に見えにくい着回しレパートリーを広げたくなってきます。品格や大人感を大切にする、世界の王妃たちもトレンチがお好き。さまざまなスタイリングを試して、着こなしパターンを広げているようです。

なかでも、ドレッシーさを印象づけるアレンジはさすがの腕前。ロイヤルレディーたちの知恵が詰まった装いは、気品と華やぎを両立させています。

世界の美人王妃がお手本!「最強に優雅」なトレンチコートスタイル5選

■1:「ショート丈のコンパクトトレンチコート」ですっきりスレンダーボディーへ

ミドル丈のトレンチコートを着こなすLetizia(レティシア)妃
思い切り深く打ち合わせれば、ダブルブレストも細身の見え具合に

トレンチコートをきれいにまとうには、かさばらせないことがポイントになります。

スペインのLetizia(レティシア)妃はコンパクトなショート丈仕立てのトレンチコートを選んで、引き締まった見栄えに仕上げました。さらに、共布ベルトできつめにウエストマークして、くびれも強調。細身のパンツスーツと組み合わせて、ペンシルライクなシルエットを描き上げています。公務にお出かけの妃が見せた装いは、お仕事コーデのお手本にうってつけです。

■2:「とろみ素材のトレンチコート」で落ち感シルエットを演出

ゆったりサイズのトレンチコートを着こなすMeghan(メーガン)妃
薄手トレンチが風をはらんで軽快な装いに

硬質なイメージのあるトレンチコートですが、やわらかい生地を選ぶと、エレガントにまといやすくなります。

英国王室のMeghan(メーガン)妃は、とろみ素材で仕立てたトレンチコートをはおって、流れ落ちるような着映えに整えました。真っ白なタイトシルエットの膝丈ワンピースに、ゆったりとはおったトレンチとの違いが際立って、着痩せイメージを引き出しています。あえてトレンチの前を全開にして、堅苦しさとは無縁のコーデにまとめ上げました。

■3:「スタンダードなトレンチコート」は肩掛けテクニックでこなれ感をON

肩掛けトレンチでこなれ感を出すオランダのMaxima(マキシマ)妃
艶やかレッドと穏やかカーキの色コンビネーションがお見事

カッチリしたイメージの強いトレンチだからこそ、着崩し気味にはおれば、表情をガラリと変えられます。

オランダのMaxima(マキシマ)妃は、鮮やかな色を上手に着こなす腕前に定評があります。国連本部を訪れた妃は、ヴィヴィッドレッドのワンピース姿を披露。やや強めの色ですが、正統派のトレンチコートを重ねて、ムードを落ち着かせました。両腕を袖に通さない肩掛けで、抜け感を醸し出しています。大きくのぞかせた裏地のチェック柄が品格テイストを高めました。

■4:「トレンチコートのローブ使い」で鮮度ある垢抜けスタイルへシフト

トレンチコートをローブのように着こなすMaria-Olympia(マリア=オリンピア)王女
白シャツを襟と袖先にのぞかせて、きちんと感をプラス

カーディガンやローブのように、ゆるくはおる技は、トレンチにソフトな印象を添えてくれます。

ギリシャのMaria-Olympia(マリア=オリンピア)王女は前を全部開けて、力みを感じさせない「エフォートレス」な佇いに。グレーのワンピースはミニ丈で、脚の露出が多めですが、ロングトレンチが程よくカムフラージュ。コケットなワンピースと、大人っぽいトレンチが交差して、垢抜けた装いに仕上がりました。

■5:「進化系フォルムのトレンチコート」でドレスライクな装いへ

ドレスのようなトレンチコートを着こなすRania(ラニア)王妃
ウエストの真ん中でベルトの結び目をこしらえ、さらに細感を強調

しっかりと基本形のあるトレンチですが、「進化形」と呼べるような、フォルムのアレンジを加えたバージョンも増えてきました。

ヨルダンのRania(ラニア)王妃が選んだのは、一見しただけでは、トレンチベースとは分からないほど、工夫を凝らしたタイプ。体にぴったりフィットして、見惚れるようなシルエットを演出。黒のワントーンでまとめ、まるでドレスのように着こなしています。まばゆいジップが縦落ち感を引き出しました。


トレンチ特有の端正でクールなイメージは残しつつも、ドレッシーに着こなすのがロイヤルレディーたちのたしなみです。人前に姿を現すシーンが多い人たちだからこそ、ありきたりに見せないトレンチコーデを磨き上げていて、どのアレンジも真似したくなります。


■毎週水曜日更新中!「宮田理江のファッションチェック」

Precious.jpでは、海外の王妃やセレブリティー、おしゃれなマダムなどの着こなしを紐解くファッション連載を毎週水曜日に掲載しています。こちらのページに、これまでの記事がまとまっています。是非、ご覧ください。

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃