暖かな陽射しが降り注ぐ春風のなか、ダークカラーのアウターでは暗く重たい印象で、着映え効果はありません。そんなとき取り入れたいのがカーキのアウター。おしゃれセレブでも愛用者が多く、だれの着こなしを見ても軽快でフレッシュな印象をもたらしているので、ぜひ参考にしたいもの。

カーキは普段からヘビロテしている黒、白、グレー、ネイビーといったベーシックカラーとも相性がよく、アウターなら簡単にアクティブに見えるから今すぐTRYしてみては。それでは、おしゃれに着こなした4人のスタイルを見ていきましょう。

切れがよくアクティブ感のあるカーキのアウタースタイル4選

■1:シャネルのトレンチコートをクール・ビューティーにさらりと着こなして

足元はバレエシューズでややフェミニンな甘さをプラスすると、クールすぎず好バランスに。
足元はバレエシューズでややフェミニンな甘さをプラスすると、クールすぎず好バランスに。

洗練されたシンプルスタイルがお得意なモデルのカーリー・クロス。黒のパイピングが引き締め効果になったシャネルのトレンチコートを主役に、大人のベーシックを楽しんでいます。コートがカーキだからこそ、軽やかでアクティブな印象が高まって。短めのデニムで足首をちらっと見せたことでも抜け感が出て、さらに軽快さがアップしています。

■2:ミリタリー風デザインのジャケットはきりっとハンサム&迫力十分

バッグとショートブーツをキャメルで統一したことで、すっきり引き締まって見えます。
バッグとショートブーツをキャメルで統一したことで、すっきり引き締まって見えます。

モデルのロージー・ハンティントン=ホワイトリーは、エポレットやハトメ使いが効いたミリタリー風ジャケットを愛用。インに白の短めニットを合わせ、辛口ジャケットをクリーンな着こなしに。カーキと白の組み合わせはナチュラルさが盛り上がり、かっこよさに加えて春らしいフレッシュさも演出できます。

■3:カーキ系マウンテンパーカーを知的シンプルに仕上げた、旬のアスレジャースタイル

パーカーの腕をくしゅっとまくって、短めにアレンジしているのも軽快さを高めるテクニック。
パーカーの腕をくしゅっとまくって、短めにアレンジしているのも軽快さを高めるテクニック。

最近プライベートではスポーティーなアスレジャースタイルがお気に入りのオリビア・パレルモ。カーキとグリーンのマウンテンパーカーを黒レギンス×スニーカーですっきり着こなす姿が新鮮です。襟元が高くなったデザインは首周りに立体感が出て、小顔に見えるうれしい効果も。

■4:アースカラーのこなれたレイヤードが、おしゃれ上級者の余裕を感じさせる

バッグはヘルシーさのあるイエローのトートで、パッと明るい差し色をトッピング。センスがよく印象的なデニムコーディネートが実現します。
バッグはヘルシーさのあるイエローのトートで、パッと明るい差し色をトッピング。センスがよく印象的なデニムコーディネートが実現します。

女優のシエナ・ミラーは薄手のシャツジャケットをカーキで取り入れていました。レンガ系ブラウンのシャツに、カーキのジャケットをコーディネートしてこなれたカジュアルをつくり上げて。スニーカーでも今っぽく決まりますが、抜け感のあるヌーディーなサンダルなら、軽快さを強調できるので大正解です。


カーキのジャケットは、春でもちょっと肌寒い日に重宝する存在です。黒、白、ブラウン系など、手持ちのベーシックカラーともとても相性がよく、面積の大きいアウターで取り入れるとアクティブでこなれた印象が盛り上がります。ぜひ、セレブの着こなしを春のカジュアルスタイルの参考にして、カーキアウターのおしゃれを楽しんでください。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀