やわらかいトーンのベージュは、素肌のトーンとも近いだけに、薄着になる春夏シーズンに重宝する色です。全体がのっぺりして見えにくいコーディネートを組み立てるのが、差がつくベージュルックのコツ。ディテールや素材で目を惹く工夫を加えると、静かなムードのベージュルックに適度な変化が生まれて、全体が趣深い印象に。上品な雰囲気を保ちながら、トレンド感や個性を盛り込みやすいのも、ベージュの良さです。

世界のおしゃれプロたちの着こなしを参考に、格上コーデの方程式を見つけていきましょう。

「定番ベージュ」に個性を灯す!おしゃれプロの洗練スタイル5選

■1:デイリーに馴染ませる「進化系ジャケット」

ベージュのセットアップを着こなす女性
着映えを穏やかに整える、ニットのソフトな風合い

ベージュは癖が強すぎないから、オンとオフをまたいで使いやすい色です。少し手の込んだ「進化形」のジャケットなら、デイリーな装いの格上げにも役立ちそう。

前襟から裾にかけてフリンジを配したジャケットは、丸首ニットトップスの装いに特別感を添えています。同系色のワイドパンツでリラクシングムードに。ベージュならではのやわらかいトーンが人柄までも優しげに見せてくれます。

■2:女性らしさを引き出す「艶めく素材感」

ベージュのコートを着こなす女性
濃い色のニットトップスが、優しげベージュの引き立て役に

静かな雰囲気を帯びたベージュの装いに、艶やかな質感を加えると、レディーライクな気品をまとえます。

センタープレスを効かせたパンツがすっきりしたレッグラインを引き立てました。シルキーな素材感がリュクスな「格上ベージュ」のムードを呼び込んでいます。シャープなシルエットのチェスターコートも、フラットな生地感で縦落ちイメージを強調。スーツとコートをヌーディーカラーでまとめて、大人っぽくまとめ上げています。

■3:旬顔にブラッシュアップさせる「色ずらし」

ベージュのワントーンコーデの女性
細感を引き出す「トップス裾のウエストイン」テクニック

ベージュを使って、全体をきれいに整えるには、色調を微妙にずらす「トーン・オン・トーン」のコーデが効果的です。

トーン・オン・トーンはこの春夏以降、ブームに火がつくといわれているから、早めに取り入れてみたいところ。手持ちのクリーム、グレージュ、サンドカラーなどの、ベージュに近い色アイテムを活用できるのもこの色合わせの魅力です。パンツのほうを少し濃いめの色にしたから、引き締め効果がアップ。ハイウエストもレッグラインを長細く見せています。

■4:オフィスシーンでさりげなく着る「オーバーサイズジャケット」

ベージュのオーバーサイズジャケットを着こなす女性
レッグラインがすっきり見える「ボクシーシルエット」のジャケット

華美に見えにくいベージュは、お仕事ルックでもおなじみです。

ありふれたスカートスーツでは、線が細く見え過ぎることもありますので、そんなときにはオーバーサイズのボクシーなジャケットを選んで、少し凜々しさを添えて。端正なパンツルックなら、オーバーサイズをオフィスに持ち込みやすくなります。

オーバーサイズは職場の空気に合わないのではと、心配になるかもしれませんが、ベージュはそれ自体にソフトな印象が備わっているから、穏やかなムードを寄り添わせてくれます。ちょっと主張の強い服もベージュならやわらかい表情に見せてくれるはずです。

■5:ドレッシーなムードを漂わせる「異素材レイヤード」

ベージュのワントーンコーデの女性
ベージュルックを引き立てる「ホワイトバッグ」の存在感

淡いトーンのベージュを、いくつものアイテムで重ねると、ドレッシーなムードにまとまります。さらに、それぞれの質感をずらせば、異素材ミックスが生きて、表情が深くなる効果も。

はおり物のフェザーがノーブル感とボヘミアン風味を演出しているこちらの女性は、PVC素材のベルトを選んで艶めきもプラスしています。ブーツもベージュでそろえた、ウィットの効いたコーデはさすが、おしゃれプロの技! ベージュワントーンでまとめたおかげで、全体が上品見えしています。


ベージュは見慣れた色だけに、無難に見えがちですが、シルエットやディテール、素材感などを工夫すれば、格上の装いにまとまります。主張が強くない色だからこそ、スタイリングの余地が大きいので、お好みのアレンジで自分流のバージョンアップを試してみては。

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃