透け感があったり、艶めく素材だったり、風に揺れる軽やかさが魅力のプリーツスカート。多くのセレブの着こなしに取り入れられていて、特にひざ下のロング丈が人気の様子。

それでは、品がよく、こなれたリラックス感がある5人の着こなしを見ていきましょう。

軽やかで上品!今どきのリラックス感も十分なプリーツスカートスタイル5選

■1:絶妙グリーンをワントーンで合わせて、超ロング丈スカートを軽快に!

合わせる小物が大きなかごバッグとバレエシューズなのも、こなれたリラックス感を盛り上げてくれます。

シャツとスカートを同トーンでまとめたオリビア・パレルモ。クールでおしゃれっぽさの漂う色味でマキシ丈のスカートをラフにまとめたこんな装いが、まさに今の気分。

ロング丈なので、シャツの袖をまくって肌見せしたアレンジや、ヘアをアップにして首周りをすっきりさせたりと、抜け感を出すとバランス良好です。

■2:×白シャツでクリーンな印象に仕上げれば、上品フェミニンな今どきスタイルに

シャツの白を靴でもリピートして、統一感のあるコーディネートに。トウやカッティングもクールなデザインなので、ハンサムさがトッピングできて今っぽい仕上がりに。

ヴィクトリア・ベッカムは、ペールピンクのプリーツスカートを主役に、大人スイートな着こなしに仕上げています。ベロア素材で艶めきがあるプリーツスカートを、甘くなりすぎないように、流行のバンドカラーのシャツでスマートにまとめているのもさすがです。

やはりヴィクトリアもすっきり見えるよう、袖をまくって腕を出すスタイリングを取り入れていました。

■3:おしゃれ度の高い柄プリーツ!合わせるアイテムは辛口で切れよく

太チェーンのネックレスで、主張のあるスカートに負けない小物使いを。長さは短めで襟ぐりに沿い、スカートの柄と色味もマッチ。

レオパード調プリントのプリーツスカートを大人っぽくシックに仕上げたジェシカ・アルバ。コンパクトな白トップスをインしてシンプルに、ストラップのヒールサンダルを合わせているから、辛口フェミニンな雰囲気にもまとまっています。

プリントスカートを着こなすとき、「合わせるアイテムはシンプルで切れのいいものを投入する」というルールは、ぜひお手本にしたいもの。

■4:シャイニーな黒のラメ素材ならドレスアップ感が高まる!

スカートのバランスに合わせて、足元もメタリックシルバーのブーティーをON。迫力と女性らしさはパーフェクトです。

艶やかに輝くシャイニーなラメ素材で色も黒なら、エレガントでドレスアップしたスタイリングの主役にぴったり。この日のサラ・ジェシカ・パーカーは、ボディーにフィットしたトップスをコーディネートして、シンプル×インパクトという旬スタイルに仕上げています。

スカートにボリュームがあるので、トップスをタイトにまとめるのが正解です。

■5:グレースエットとスニーカーで、上級スポーツMIXに!

スエットの丈が短めなので、プリーツスカートがもたつかず脚長に見えます。ネックレスのW付けで視線を上にもっていくのも、全身のバランスをよく見せるのに有効です。

ケイト・ボスワースは透け素材のスリット入りプリーツスカートを愛用中。トップスにはあえてスポーティーなグレーのスエットを合わせて、こなれたムードを高めています。

フェミニン×スポーティーをさらに盛り上げているのは、足元のダッドスニーカー。ボリュームのある足元ならプリーツスカートをカジュアルダウンして、今年らしさを演出するだけでなく、スタイルアップした着こなしが完成します。


透け感があったり、ラメ素材やベロア素材で光沢があったりと、流行のプリーツスカートは、一枚で絵になるものばかりです。ぜひ辛口フェミニンに仕上げてみたり、テイストMIXを楽しんだりと、さまざまな着こなしにTRYしてみてください!

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀