忙しいセレブリティーが好んでまとうのが、1枚で着られて、しかもエレガントに映る服です。コーディネートに手間がかからないのに加え、着心地が楽なワンピースはセレブのお気に入り。なかでも襟付きのシャツワンピースは、薄着のシーズンでも節度を保ちやすい点で、ファンの多いアイテムです。

街角で撮られた、セレブのオフスタイルで頻繁に見られることが人気を証明しています。服選びが楽な「時短コーデ」にも役立つから、お手本ルックをヒントに春夏の装いに取り入れていきたくなります。

オフランウェイの定番は「シャツワンピース」!1枚で洗練美人になれる海外セレブのお手本スタイル5選

■1:「格子柄」を生かして、清涼感とくつろぎムードを両立

格子柄のシャツワンピースを着こなすJessica Biel(ジェシカ・ビール)氏
裾ボタンの開け具合で、オンとオフをスイッチ

シャツには元々マニッシュな雰囲気があるので、格子柄を生かすと、さらにメンズライクに着こなしやすくなります。

女優のJessica Biel(ジェシカ・ビール)は、格子が大きめのウィンドウペインを選んで、オフの日らしい、くつろいだムードに仕上げています。正面のスリットはボタンの開閉で調節。開けて見せても、メンズエッセンスが加わっているので、品の良さが崩れません。

白地にネイビーの細い格子柄は、春夏向きの涼やかな風情。ゴールドのベルトとバングル、シルバーのバッグで艶めきを添えて、リュクスな格上げを叶えています。

■2:「ストライプ柄」ですっきり感と縦落ちシルエットを演出

ネイビーのシャツワンピースを着こなすMarie-Ange Casta(マリー=アンジュ・カスタ)氏
共布ベルトできつめに締めて、くびれをアピール

1枚で着ることが多いシャツワンピースを、シックに落ち着いて見せたい場合は、濃いめの色が役に立ちます。

フランス人モデルのMarie-Ange Casta(マリー=アンジュ・カスタ)は、ネイビーのシャツワンピースに身を包んで、ブランドのパーティーへ。ロング丈のおかげで、流麗に仕上がりました。

ピンストライプのシャープな印象が落ち感を一段と強めています。正面のボタンが縦1列に並んでいるのも縦長効果をアップ。着丈が長めのシャツワンピースならではの細長演出です。

■3:「オールホワイト」で清潔感と涼やかさを印象的に

白のシャツワンピースを着こなすJessica Alba(ジェシカ・アルバ)氏
襟付きの形、ひらひら広がり過ぎない裾シルエットなら、大人女性にもマッチ

清潔感や清々しさを印象づけるうえで、切り札的に使えるのが純白のシャツワンピースです。春夏に欲しい清涼感も白が呼び込んでくれます。ただ、初々しく見えすぎる心配もあるので、大人っぽくまとうには、小物を賢く使いたいものです。

女優のJessica Alba(ジェシカ・アルバ)は、半袖・膝丈の白いシャツワンピースでプライベートなお出掛けに。真っ白でもガーリーに見えすぎていないのは、正面に吊り下げた、シックなバッグのおかげでしょう。さらに、足元はアイキャッチーなウェッジサンダルで引き締めています。

白シャツワンピースを軸にしながら、バッグとシューズの色でコントラストを効かせた点でも、お手本にしたいコーデです。

■4:「艶やかレッド」でドレッシーな着映えに

赤のシャツワンピースを着こなすCarey Mulligan(キャリー・マリガン)氏
両胸のポケットがシャツらしいイメージを演出

すっきりした見え具合になりやすいシャツワンピースですが、艶やかな色を生かせば、ドレッシーにまとえます。

女優のCarey Mulligan(キャリー・マリガン)が選んだのは、艶やかなレッド。袖口・身ごろのギャザーなど、ディテールに凝っているのも、ドレスらしく映る理由。

お仕事やパーティーでの使い勝手を考えたら、シャツワンピースでも襟と袖があるタイプを選んで。着て行ける場面が広がるから、出番を増やせます。

■5:「ボタニカル柄」できちんと感とリゾート気分をミックス

ボタニカル柄のシャツワンピースを着こなすGigi Hadid(ジジ・ハディッド)氏
柄の色に合わせたミニバッグでコンパクト感を強調

花柄や植物モチーフは、シャツワンピースの生真面目な雰囲気をやわらげてくれます。全体にカラフル柄をあしらった装いは、派手でくどく映る心配がありますが、シャツ特有の「きちんと感」が備わっているおかげで、色数が多くても、品格をキープできるという利点も。

モデルのGigi Hadid(ジジ・ハディッド)は、鮮やか色が響き合う植物モチーフのワンピースで街へ。このような襟付きタイプなら、エレガントな街中リゾートの佇いに。裾ボタンを多めに開けて、抜け感ありのきれいめコーデに仕上げています。


正面のボタンを開け閉めして、見え具合を変えられるので、シャツワンピースは着こなしバリエーションが広いのもうれしいところ。例えば、夏にはボタンを全部開けて、薄手のはおり物としても使えます。お仕事イメージの強いシャツのおかげで、オフィス仕様に着こなしやすいのも、シャツワンピースだけの魅力。セレブのスタイリングをヒントに、オンとオフをまたいで自在の着回しを試してみてください。

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃