「Precious.jp」の記事の中から40代女性に人気のショートヘアのアレンジをピックアップしました。いつもと同じ髪型では飽きてしまう、ちょっと華やかな感じにしたいといった思いを叶えるアレンジがたくさん!マンネリになりそうなショートヘアを積極的にアレンジして、毎日を楽しくしていきましょう!

【目次】

「前髪あり」ショートアレンジ【5選】


【1】前髪厚めのボリュームアップアレンジ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

■:アレンジ方法

立ち上がりをつくるのはトップのみ。「耳から下の髪とサイドにボリュームはいりません。とにかくトップの髪だけ立ち上げるように、スタイリングしてください」(寺嶋さん)

スタイリング前
スタイリング前

STEP1:太めのカーラー2本で、頭頂部の髪を毛先から巻く

頭頂部の髪を前後2つに分け、前側は前向きに、後ろは後ろ向きにカーラーで毛先から巻く。
頭頂部の髪を前後2つに分け、前側は前向きに、後ろは後ろ向きにカーラーで毛先から巻く。

STEP2:カーラーで巻いた部分にのみワックスをなじませる

手のひらに広げたワックスを、カーラーで巻いた髪の中間から毛先にかけてなじませる。
手のひらに広げたワックスを、カーラーで巻いた髪の中間から毛先にかけてなじませる。

STEP3:手に残ったワックスで髪の裾を抑える

耳の下あたりの髪を首に沿わせるように、手ぐしでタイトに抑える。
耳の下あたりの髪を首に沿わせるように、手ぐしでタイトに抑える。

〈まとめ!アレンジポイント〉

  1. 前髪を厚くしてトップにボリュームを作る
  2. トップに高さが出るように髪は長めに残しておく
  3. トップをふんわりさせたら裾はタイトにまとめてメリハリを作る

「ボリュームを持たせる部分と引き締める部分をつくって、菱形のシルエットをつくるとバランスよくまとまります。このスタイルはボリュームが欲しい方、髪がやわらかくてペタッとしがちな方におすすめです」(寺嶋さん)

白髪が目立たなくなるコツは前髪の「厚み」にありました!

【2】前髪の毛先をつまむだけ!エアリーアレンジ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

■:アレンジ方法

もみあげを長く残した分、前髪を短くしているのがこのスタイルの特徴。「前髪の毛先をつまみながら毛束感をつくってください。この軽さが目元をキリッとした印象に見せてくれます」(小室さん)

スタイリング前
スタイリング前

STEP1:ハードタイプのスタイリング剤でサイドの髪をタイトにまとめる

フェイスラインにかかるもみあげ部分を残してサイドの髪は耳にかけ、ハードタイプのスタイリング剤をスプレー。
フェイスラインにかかるもみあげ部分を残してサイドの髪は耳にかけ、ハードタイプのスタイリング剤をスプレー。

STEP2:前髪をつまみながら毛束をつくる

バームタイプのスタイリング剤を指先につけ、毛先をつまみながら形を整える。
バームタイプのスタイリング剤を指先につけ、毛先をつまみながら形を整える。

<まとめ!アレンジポイント>

  1. 前髪は長さ・量ともに軽めにして、目元をすっきり見せる
  2. もみあげは長く残し、フェイスラインの引き締めを狙う
  3. バームを活用して髪にツヤ感を出す

「毛束感をつくるときはもちろん、パサつきにおすすめしたいのが、Moiiの『ウォーク イン フォレスト バーム』(¥2,600)です。ハンドクリームにもなるので、肌についても安心です」(小室さん)

下がった目尻と口元がキュッと引き上がる!「神ワザショート」とは?

【3】カーラーでトップを立ち上げる、ふんわりアレンジ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

■:アレンジ方法

「スタイリングはドライヤーとカーラーでトップに高さと動きを出すだけ。サイドや後頭部はワックスをもみ込めば、ボリューム感とエアリーな束感が自然と完成します。トップにボリュームと動きを出すことで目線を上に誘導し、フェイスラインがキュッと引き締まって見えます」(ACOさん)

スタイリング前
スタイリング前

STEP1:指で根元をこするようにドライヤーを当てる

ドライヤーで地肌をこすりながら乾かすと根元が立ち上がり、毛束にツヤが出る。
ドライヤーで地肌をこすりながら乾かすと根元が立ち上がり、毛束にツヤが出る。

STEP2:頭頂部をホットカーラーで巻く

カーラーは直径3㎝くらいのものを使用。つむじ前の毛束をふたつに分けて、後ろの毛束は後方に巻き、前の毛束は前方に向けて巻きつける。
カーラーは直径3㎝くらいのものを使用。つむじ前の毛束をふたつに分けて、後ろの毛束は後方に巻き、前の毛束は前方に向けて巻きつける。

STEP3:髪の根元にワックスをもみ込む

パール粒大ふたつ分のワックスを根元にON。根元にワックスをもみ込まないと髪が立たないのでしっかりともみ込んで。
パール粒大ふたつ分のワックスを根元にON。根元にワックスをもみ込まないと髪が立たないのでしっかりともみ込んで。

STEP4:頭頂部の毛束をひとつまみして根元にスプレーをする

仕上げにハード系スプレーを根元にシュッとひと吹き。立ち上がった根元をキープして束感を作る。
仕上げにハード系スプレーを根元にシュッとひと吹き。立ち上がった根元をキープして束感を作る。

〈まとめ!アレンジポイント〉

  1. 根元をこすって根元をグッと立たせる!
  2. ワックスは毛先につけない!根元にだけON
  3. 自然にできた毛束をスプレーで長時間キープ

「ボリュームを抑えるように、髪を毛先の方にひっぱりながらドライヤーを当てるのはNG。トップが潰れてしまうので、ボリュームを出したいときは、下を向いて後頭部からフロントに向け、根元を立ち上げるように乾かすといいですよ」(ACOさん)

「若返り」と「小顔」のダブル効果を実現!ボリュームゾーンで毛束が動くふんわりショートボブ

【4】短め前髪もアイロンでふんわり!やわらかアレンジ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

■:アレンジ方法

「頭頂部の根元を立ち上げるようにストレートアイロンをあててボリュームを出します。仕上げにハチから上にワックスを揉み込んでおくと、広がりを抑えたいハチから下が締まって見えます」(長門さん)

スタイリング前
スタイリング前

STEP1:頭頂部のやや前寄りの毛束をとり、根元からストレートアイロンをあてる

毛束を前に引っ張るようにアイロンを動かすのがポイント。
毛束を前に引っ張るようにアイロンを動かすのがポイント。

STEP2:頭頂部の右サイドの毛束をアイロンに挟んだら、根元を起こしながら右に引っ張る

左サイドも同様に、根元を起こしながらアイロンで挟み、毛束を左に引っ張る。
左サイドも同様に、根元を起こしながらアイロンで挟み、毛束を左に引っ張る。

STEP3:頭頂部のやや後ろ寄りの毛束を取り、前に引っ張るようにアイロンを動かす

毛束の根元を起こすようにアイロンを動かし、毛先だけ内巻きにする。
毛束の根元を起こすようにアイロンを動かし、毛先だけ内巻きにする。

STEP4:バームタイプのワックスをハチから上に揉み込む

両手にワックスを広げたら髪をかき上げるようにワックスをなじませる。
両手にワックスを広げたら髪をかき上げるようにワックスをなじませる。

<まとめ!アレンジポイント>

  1. トップは一気に立ち上げず、毛束を4つに分けてスタイリングすること
  2. トップの毛束は根元を起こしながら、前と後ろの毛束は前へ、右は右へ、左は左へ、それぞれの方向に引っ張って立ち上がりをつくる
  3. 全体的に短くすると老け印象になるので、サイドや襟足に長さを残す

「このスタイルは分け目をつくらないので白髪が気になる方や、クセやうねりをコントロールしたい方、全体的にボリューム不足の方にも向いています。ボーイッシュにならないよう、短くし過ぎないのがポイントです」(長門さん)

ストレートアイロンでトップをふんわり!若見えショートヘアの作り方

【5】ジェルをもみ込んでつくる立体アレンジ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

■:アレンジ方法

「根元が立ち上がり、髪全体が動くように、根本を濡らしてから乾かすと◎。寝ぐせを直すときにも効果的です」(CHIEさん)

スタイリング前
スタイリング前

STEP1:ベーススプレーを全体にかける

根元を濡らしてドライ後、ベーススプレーを全体にふきかけて、動きをキープしやすくする。
根元を濡らしてドライ後、ベーススプレーを全体にふきかけて、動きをキープしやすくする。

STEP2:カーラーでトップを立ち上げる

26mmのマジックカーラーをトップに2本巻く。毛先から根本まで巻き込む。
26mmのマジックカーラーをトップに2本巻く。毛先から根本まで巻き込む。

STEP3:グロスジェルをもみこむ

手のひらにグロスジェルをのばし、トップについた立ち上がりと毛先のカールを全体になじませながら動きをつけて整える。
手のひらにグロスジェルをのばし、トップについた立ち上がりと毛先のカールを全体になじませながら動きをつけて整える。

〈まとめ!アレンジポイント〉

  1. フォルムが丸くならないようにトップを立ち上げる
  2. トップは毛先だけでなく根本までしっかり巻く
  3. ハードスプレーで固めず、ベーススプレーで柔らかくキープ

「毛先だけ巻いたり、ハードスプレーで固めたりすると、トップに高さがなくなりフォルムが丸くなってしまうのでNG。根本から髪を動かすことをイメージしてスタイリングしましょう!」(CHIEさん)

シャープな輪郭でも優しい印象に!大人の「マッシュショート」

「前髪なし」ショートアレンジ【5選】


【1】アイロンでふんわり巻いてつくる、メリハリアレンジ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

■:アレンジ方法

「前髪とトップを立ち上げるときの分け目は、髪がよく立ち上がる方を選択して。いつもの分け目の反対から髪を持ってくるなど、毛流れに逆らうように分け目をつくると、比較的立ち上がります」(小西さん)

スタイリング前
スタイリング前

STEP1:トップをアイロンで巻いて立ち上げる

アイロンは32mmを使用。前髪のすぐ後ろをざっくりと取って後頭部に向けてワンカール巻く。前髪が立ちにくい時は前髪も同様に。
アイロンは32mmを使用。前髪のすぐ後ろをざっくりと取って後頭部に向けてワンカール巻く。前髪が立ちにくい時は前髪も同様に。

STEP2:髪全体にワックスをつける

パール粒ふたつ分くらいのワックスを手のひらと指の隙間に広げたら、地肌から持ち上げるように髪全体を持って、持ち上げながらなじませる。根元からしっかりとつけて。
パール粒ふたつ分くらいのワックスを手のひらと指の隙間に広げたら、地肌から持ち上げるように髪全体を持って、持ち上げながらなじませる。根元からしっかりとつけて。

STEP3: 襟足は首に沿わせる

指先に残ったワックスで、襟足をタイトに収める。場合によっては少しハネさせても◎。
指先に残ったワックスで、襟足をタイトに収める。場合によっては少しハネさせても◎。

〈まとめ!アレンジポイント〉

  1. アイロンの温度はいつもより低めにして巻きすぎを防止!
  2. ワックスを上から下につけるとボリュームがなくなるのでNG
  3. 襟足が浮くとメリハリスタイルが台無しに!しっかり抑えて

キーワードは「メリハリ」!老けて見えない40代のショートヘア

【2】前髪を長めに残し動きを出した、ハンサムアレンジ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

■:アレンジ方法

ドライヤーで乾かすだけで、サロン帰りのようなふわっとしたスタイルに仕上がるのでとっても手軽。「仕上げにソフトなワックスを揉み込んでおけばツヤ感も出ます。すぐにペタッとなってしまうようなら、根元の立ち上がり部分にスプレーしておけばスタイルがキープできます」(嶋根さん)

スタイリング前
スタイリング前

STEP1:根元に風を送り込むイメージでドライヤーをあてる

分け目とは逆方向から手ぐしでとかしながら、根元にドライヤーをあてる
分け目とは逆方向から手ぐしでとかしながら、根元にドライヤーをあてる。

STEP2:ソフトなワックスを髪全体になじませる

両手のひらにワックスを広げ、髪を揉み込むようにしてなじませる。
両手のひらにワックスを広げ、髪を揉み込むようにしてなじませる。

STEP3:前髪の立ち上がりをキープするように根元にスプレー

手ぐしで根元を起こした部分にスプレーする。
手ぐしで根元を起こした部分にスプレーする。

<まとめ!アレンジポイント>

  1. 長めに残した前髪の根元に立ち上がりをつくる
  2. 分け目部分にも立ち上がりをつくりボリューム感を出す
  3. 分け目をはっきりつくらずラインをぼかしておく

「分け目のラインをパキッとさせるとボリュームが出にくくなります。またラインをぼかすことで、白髪が目立ちにくくなるメリットも生まれます」(嶋根さん)

流行の「長め前髪」ショートヘアで、トップのボリューム不足を解決!

【3】毛先を遊ばせて色気を纏うかき上げ前髪アレンジ

基本スタイル
基本スタイル
アレンジ完成
アレンジ完成
完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

■:アレンジ方法

スタイリング前
スタイリング前

STEP1:ヘアアイロンで全体に動きをつける

28mmのヘアアイロンを使用。毛先が出る内側の髪は、外ハネにワンカールさせる。
28mmのヘアアイロンを使用。毛先が出る内側の髪は、外ハネにワンカールさせる。
表面の髪はやや縦に巻いて内巻き&外巻きをランダムに作る。
表面の髪はやや縦に巻いて内巻き&外巻きをランダムに作る。

STEP2:前髪をサイドパートにする

ふだんの分け目と逆側の8:2の位置から、サイドパートになるように前髪を思い切って持ってくる。
ふだんの分け目と逆側の8:2の位置から、サイドパートになるように前髪を思い切って持ってくる。

STEP3:ワックスをもみ込む

外ハネになるように毛先を持ち上げながら、バームタイプのワックスをもみ込んでラフな動きを出す。
外ハネになるように毛先を持ち上げながら、バームタイプのワックスをもみ込んでラフな動きを出す。

〈まとめ!アレンジポイント〉

「外ハネのフォルムは、旬のデザイン。取り入れるだけで、おしゃれに仕上がります。毛先に動きをつけておけば、片側を耳にかけるだけで、クールな雰囲気になれますよ」(相沢さん)

分け目を大胆チェンジ! コンサバショートボブを外ハネでクールに

【4】ウェットな質感で大人の魅力が増す、かき上げアレンジ

〈基本スタイル〉
〈基本スタイル〉
〈アレンジ完成〉
〈アレンジ完成〉
サイド
サイド
バック
バック

■:アレンジ方法

「ウェットな質感をつくっているジェル状のワックスは、指先につけて髪になじませると根元がベタベタになってしまうので、手のひらだけになじませてからつけるのがコツ。前髪をかき上げた時に根元に付きすぎず、髪全体に均一につけることができます」(高橋さん)

STEP1: ストレートアイロンで毛先を外ハネにする

サイドの毛束をランダムにとって外ハネに。ランダムに取ることで、シルエットに抜け感が生まれる。
サイドの毛束をランダムにとって外ハネに。ランダムに取ることで、シルエットに抜け感が生まれる。

STEP2:前髪をブローするようにストレートアイロンを滑らせる

毛束の中間から毛先にかけて滑らせるようにアイロンをかけるのがコツ。
毛束の中間から毛先にかけて滑らせるようにアイロンをかけるのがコツ。

STEP3: 前髪をかき上げるようにジェルをつける

パールひと粒大のジェルを手のひらになじませたら、前髪をかき上げるようにつける。ジェルは指先につけないのがポイント。
パールひと粒大のジェルを手のひらになじませたら、前髪をかき上げるようにつける。ジェルは指先につけないのがポイント。

〈まとめ!アレンジポイント〉

「コテではなくストレートアイロンを使うと、直毛は自然な丸みをつくることができるし、くせ毛の人は矯正できるなど、どんな髪質でも理想の毛流れをつくることができます。カールが付きすぎたり、変な方向にハネることもないのでご自宅でのスタイリングも簡単ですよ」(高橋さん)

ウェットな質感で魅力が増す、ショートヘアの「前髪」アレンジ

【5】輪郭のリフトアップも叶う、前髪カーラーアレンジ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

■:アレンジ方法

「根元がペッタリとしないように、髪を乾かすときは下を向いて根元から風を送り込んで。スタイリング剤も、下から持ち上げるようにもみこむと、ふんわりと仕上がります」(林さん)

スタイリング前
スタイリング前

STEP1:前髪とトップにカーラーを巻く

頭頂と前髪中央の毛束をとり、毛先から根元まで巻き込む。
頭頂と前髪中央の毛束をとり、毛先から根元まで巻き込む。

STEP2:毛先全体を内巻きにする

32mmのヘアアイロンで、全体の毛先のみ内巻きにワンカールさせる。
32mmのヘアアイロンで、全体の毛先のみ内巻きにワンカールさせる。

STEP3:スタイリング剤をもみこんでほぐす

ドライヤーの風を根元に当てながら、ハチ上はこめかみから上に向かって、頭皮に指が沿うようにして根元からほぐす。トリートメントクリームを下から持ち上げるようにもみこんで完成。
ドライヤーの風を根元に当てながら、ハチ上はこめかみから上に向かって、頭皮に指が沿うようにして根元からほぐす。トリートメントクリームを下から持ち上げるようにもみこんで完成。

〈まとめ!アレンジポイント〉

  1. 根元をしっかり起こして乾かす
  2. 巻いた髪は下から手ぐしを入れてほぐす
  3. スタイリング剤は柔らかい質感のものを選んで

エラ張りをごまかしながらリフトアップ!「軽やかボブ」で理想の卵型に

不器用でもできる簡単アレンジ【4選】


【1】ピン1本でできるねじりポニーテール

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

■:アレンジ方法

「一見、きっちりとまとめているように見えますが、実は後頭部の毛束をかなり引き出しています。40代以降はペタッとした印象になりがちなので、丸いシルエットになるように引き出すのが秘訣です」(関田さん)

STEP1:頭頂部の根元にドライヤーを当てて髪を立たせる

頭頂部に熱を当てることで根元が立つ。
頭頂部に熱を当てることで根元が立つ。

STEP2:顔周りの髪を外巻きにする

アイロンは32mmを使用。根元から毛先へアイロンを滑らせるように巻く。
アイロンは32mmを使用。根元から毛先へアイロンを滑らせるように巻く。

STEP3:手ぐしで集めた髪をねじり、ピンで留める

ねじる位置は下目がベスト。両耳の後ろくらいの位置を意識して。少し大きめのピンを使用すると留めやすい。
ねじる位置は下目がベスト。両耳の後ろくらいの位置を意識して。少し大きめのピンを使用すると留めやすい。

STEP4:指で毛束を引き出す

毛束を引き出すときはねじった髪の中心、左右、その間の5か所から引き出す。
毛束を引き出すときはねじった髪の中心、左右、その間の5か所から引き出す。

〈まとめ!アレンジポイント〉

「引き出すのは5か所のみ! 髪の中央、左右、その間の2か所からバランスよく引き出すことで、後頭部に自然な丸さと膨らみが生まれます。引き出す毛束が太いと失敗するので、自分が思っているよりも、細目に引き出すことを意識して」(関田さん)

ねじりを効かせるだけ」でたちまち上品で柔らかい印象になれる、大人のポニーテール

【2】「後れ毛」が活きる、短めだからできるひとつ結び

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

■:アレンジ方法

「後れ毛をそのままにしていたら疲れたオバさんですが、コテで巻いてワックスをなじませれば“狙ったオシャレ感”を表現できます」(小西さん)
後れ毛を活かした大人のひとつ結びを紹介します。

STEP1: 手ぐしでゆるっとまとめてひとつ結びにする

手ぐしでざっくりと集めた髪をひとつ結びにする。
手ぐしでざっくりと集めた髪をひとつ結びにする。

STEP2: 頭頂部の毛束をつまんで引き出す

トップに高さを出すイメージで引き出す。毛束は全方位へ細かくつまむイメージで。
トップに高さを出すイメージで引き出す。毛束は全方位へ細かくつまむイメージで。

STEP3: 生え際に沿って後れ毛を細かく出す

結んだ毛束を抑えながら、耳裏、襟足を少しずつつまんで引き出す。生え際に沿って引き出していくと綺麗にまとまる。
結んだ毛束を抑えながら、耳裏、襟足を少しずつつまんで引き出す。生え際に沿って引き出していくと綺麗にまとまる。

STEP4: コテで後れ毛にニュアンスをつける

コテは19mmを使用。25mm以下のできるだけ細いものを使って。後れ毛の中間から毛先にかけて外巻き、内巻きとMIXに。
コテは19mmを使用。25mm以下のできるだけ細いものを使って。後れ毛の中間から毛先にかけて外巻き、内巻きとMIXに。

STEP5:毛先をワックスで散らす

ワックスは硬めのキープ力のあるものを使用。量は少し多めに、親指の爪くらいの大きさがベスト。まとめた毛先をつまみながらワックスをつけて動きを出す。仕上げに、後れ毛にもワックスをつけて。
ワックスは硬めのキープ力のあるものを使用。量は少し多めに、親指の爪くらいの大きさがベスト。まとめた毛先をつまみながらワックスをつけて動きを出す。仕上げに、後れ毛にもワックスをつけて。

〈まとめ!アレンジポイント〉

「狙ったところにニュアンスをつけるなら、後れ毛をしっかりと巻くのが正解。できるだけ細めのコテで、毛先を外ハネ、内巻きワンカールと交互に巻きましょう。毛先に動きが加わって絶妙な毛流れになります」(小西さん)

老け見え防止!疲れたおばさんに見えない「簡単ひとつ結び」

【3】2回「くるりんぱ」するだけ!短くてもできるハーフアップ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

■:アレンジ方法

「頭頂部の毛束をバランスよく引き出すことで、頭の形がより綺麗なシルエットに。束感やニュアンスを出すことで、ただ結ぶだけよりも、こなれた印象になります。さりげなくインナーカラーを仕込むと、メリハリ、立体感も生まれ、より今っぽくなりますよ」(菅野さん)

STEP1: ハチ上の毛束をとってゴムで結ぶ

ゴムで結ぶときは根本から離した位置で結ぶ。
ゴムで結ぶときは根本から離した位置で結ぶ。

STEP2: 結んだ毛束でくるりんぱ

結んだ毛束の中心を裂いて、その穴に毛先を上から通す。
結んだ毛束の中心を裂いて、その穴に毛先を上から通す。

STEP3: ハチ下とこめかみの毛束をとってゴムで結ぶ

STEP2でくるりんぱした毛束の上に結んでOK。
STEP2でくるりんぱした毛束の上に結んでOK。

STEP4: 結んだ毛束をSTEP2と同じようにくるりんぱ

くるりんぱが上下に重なるようなイメージで。
くるりんぱが上下に重なるようなイメージで。

STEP5:頭頂部の毛束をつまんで引き出す

結び目を片手で抑えながら、頭頂部の毛束をつまんで引き出す。ランダムに引き出すのがポイント。
結び目を片手で抑えながら、頭頂部の毛束をつまんで引き出す。ランダムに引き出すのがポイント。

〈まとめ!アレンジポイント〉

「くるりんぱの結び目は、ふたつとも同じ高さにするのがポイント。きっちりと結び過ぎてしまうと古臭い印象になってしまうので、程よくゆるく、ざっくりとまとめてください。下準備として、アレンジ前にヘアクリームをなじませるのもオススメ。髪の内側、根本にもなじませれば、ツヤとまとまりのある印象に仕上がります」(菅野さん)

使うのはゴムだけ!「くるりんぱ」で作る、ボブスタイルのハーフアップ

【4】パッと簡単にまとまる!スカーフアレンジ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

■:アレンジ方法

老け見えしてしまいそうなスカーフアレンジ。大判のスカーフを選ぶこと、額よりもやや上にスカーフが来るようにすること、スカーフを耳に少しかけて菱形のラインをつくること。この3つを守るのがポイントのようです。スカーフを巻くアレンジで注意したいのがサイズ。「頭頂部で交差させて二重に巻くので、ある程度の大きさが必要です。正方形であれば90㎝四方は欲しいですね」(山本さん)
あほ毛が気になるときも簡単にカバーできるスカーフアレンジテクニックを紹介します。

STEP1:カールアイロンで髪の中間から毛先を内巻きにしておく

最初にカールアイロンで髪全体を内巻きにしておく。
最初にカールアイロンで髪全体を内巻きにしておく。

STEP2:耳より前の髪と耳の後ろの髪を残して1つに束ねる

後れ毛として耳より前の髪と耳の後ろの髪を1~2つまみ分だけ残しておく。
後れ毛として耳より前の髪と耳の後ろの髪を1~2つまみ分だけ残しておく。

STEP3:結び目からひとつまみずつ毛束を引き出す

後頭部を膨らませるように、放射状にひとつまみずつ毛束を引き出す。
後頭部を膨らませるように、放射状にひとつまみずつ毛束を引き出す。

STEP4:束ねたゴムを隠すように、髪をゴムに巻き付ける

巻き付けた毛束の先を毛束の後ろでアメピンで留める。
巻き付けた毛束の先を毛束の後ろでアメピンで留める。

STEP5:細長く折りたたんだスカーフを毛束の下に通す

正方形のスカーフを対角線上に折り、細長い帯状にすること。
正方形のスカーフを対角線上に折り、細長い帯状にすること。

STEP6:両端を頭頂部あたりで交差させる

頭頂部よりもやや前寄りで生え際が隠れないくらいの位置で交差させること。
頭頂部よりもやや前寄りで生え際が隠れないくらいの位置で交差させること。

STEP7:交差した根元部分でスカーフをねじる

ねじった部分がボコッと出っ張るようにするのがポイント。
ねじった部分がボコッと出っ張るようにするのがポイント。

STEP8:スカーフの端を毛束の下で結ぶ

しっかり結んだら、結び目が見えないようにスカーフの内側に隠す。
しっかり結んだら、結び目が見えないようにスカーフの内側に隠す。

〈まとめ!アレンジポイント〉

「スカーフを耳の上に被さるようにかけるとサイドが出っ張るので、全体のシルエットが菱形になります。特に面長な方は横をちょっとだけ膨らませると、顔の長さが気にならなくなります」(山本さん)

気になる「あほ毛」をお洒落にカバー! スカーフを使ったヘアアレンジ

結婚式におすすめのアレンジ【3選】


【1】「ねじり」で作る!短くても華やかに決まるハーフアップ

完成
完成
完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

■:アレンジ方法

「上品さ」「優雅さ」「こなれ感」の三拍子が揃う万能なハーフアップ。アレンジしにくい顎ラインのボブスタイルも、ハチ上の髪を波巻きにし、ねじってピン留めするだけ。ちょっとしたパーティーや特別なイベントにもぴったりのアレンジです。自宅でぜひ試してみてください。

STEP1:頭頂部の髪をストレートアイロンで波巻きにする

毛束をざっくりと取って、根元から内カールと外カールを交互につくってウエーブ状に。波打つようなウェーブをつくるイメージで。
毛束をざっくりと取って、根元から内カールと外カールを交互につくってウエーブ状に。波打つようなウェーブをつくるイメージで。

STEP2: 頭頂部の髪をギザギザに取る

まっすぐ取るときちんと感が出過ぎてしまうので注意。ギザギザに取ることで、仕上がりにニュアンスが生まれる。
まっすぐ取るときちんと感が出過ぎてしまうので注意。ギザギザに取ることで、仕上がりにニュアンスが生まれる。

STEP3: まとめた髪をねじる

STEP2でまとめた毛束を後頭部でねじる。
STEP2でまとめた毛束を後頭部でねじる。

STEP4: ねじった毛束をピンで留める

ねじった毛束の下からピンを射し込むとしっかり固定できる。
ねじった毛束の下からピンを射し込むとしっかり固定できる。

STEP5:頭頂部の毛束を引き出す

毛束をひとつまみして少しずつ引き出す。表面ではなく内側の毛束を引き出すとシルエットが綺麗に。
毛束をひとつまみして少しずつ引き出す。表面ではなく内側の毛束を引き出すとシルエットが綺麗に。

STEP6:ハチ部分の毛束をねじりながら後頭部へ

STEP5でまとめた髪のすぐ下にあるハチ部分の毛束を、両サイドねじりながら後頭部へ持ってくる。
STEP5でまとめた髪のすぐ下にあるハチ部分の毛束を、両サイドねじりながら後頭部へ持ってくる。

STEP7: ねじった毛束をゴムで結ぶ

STEP4で留めたピンの上で結ぶ。
STEP4で留めたピンの上で結ぶ。
 

STEP8: Uピンを使ってゴムを隠す

ムの上からUピンを挿し、ゴムを持ち上げるように下から挿し込む。
ゴムの上からUピンを挿し、ゴムを持ち上げるように下から挿し込む。

Uピンの留め方はGIFアニメーションでチェック!

Uピンは下から挿し込む。
Uピンは下から挿し込む。

STEP9: 頭頂部とハチ以外の毛束を波巻きにする

ストレートアイロンで残った毛束を細かく波巻きに。
ストレートアイロンで残った毛束を細かく波巻きに。

〈まとめ!アレンジポイント〉

「頭頂部を波巻きにしておくことでニュアンスが出て、ねじって留めたときに高さもできます。頭頂部を引き出すときは『程よく』。引き出しすぎると頭が膨張して見えるので、正面から見たときに綺麗な扇型になるように意識してみてください」(神保さん)

ねじってピン留め!短めボブの上品ハーフアップ【プロセスアニメ付き】

【2】2回のくるりんぱ完成する、きれいめアップスタイル

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

■:アレンジ方法

「顔まわりと前髪の毛束はコテで軽く巻いてあげると華やかな印象に仕上がります。髪の毛が短くて落ちてしまった後れ毛にはバームを。パサついていると疲れた印象に見えてしまうので、まとまりとツヤの出るものをなじませて。たくさんつけるとベタベタしてしまうので、米粒程度をなじませるのがポイントです」(亀井さん)

STEP1: 耳上の毛束をゴムで結ぶ

ざっくりと集めて根本から離した位置で結ぶ。
ざっくりと集めて根本から離した位置で結ぶ。

STEP2: くるりんぱする

結んだ毛束の中央を割いて毛先を上から通す。
結んだ毛束の中央を割いて毛先を上から通す。

STEP3: 耳横の毛束をまとめて結ぶ

STEP2でくるりんぱした毛束の上から結ぶ。結び目は少し右に寄せるのがポイント。
STEP2でくるりんぱした毛束の上から結ぶ。結び目は少し右に寄せるのがポイント。

STEP4: 結んだ毛束をくるりんぱする

毛束の中央に毛先を通してくるりんぱ。
毛束の中央に毛先を通してくるりんぱ。
結び目をズラすことで、結び目が重ならずスッキリとした印象に仕上がる。
結び目をズラすことで、結び目が重ならずスッキリとした印象に仕上がる。

STEP5: 襟足とくるりんぱした毛先をまとめてねじる

襟足とくるりんぱの毛先をひとつにまとめたら、毛束をふたつに分けて編む。
襟足とくるりんぱの毛先をひとつにまとめたら、毛束をふたつに分けて編む。
まとめたらゴムで毛先を結ぶ。
まとめたらゴムで毛先を結ぶ。

STEP6: ねじった毛束をピンで止める

毛束は左にまとめてピンで固定する。ピンは上から毛束を救うように止めるのがコツ。
毛束は左にまとめてピンで固定する。ピンは上から毛束を救うように止めるのがコツ。

STEP7: こめかみの後毛を出す

爪の先でこめかみの毛束を少しだけつまみ、引き出す。
爪の先でこめかみの毛束を少しだけつまみ、引き出す。

〈まとめ!アレンジポイント〉

「分け目ができていると頭頂部が寂しい印象になってしまうので、アレンジの前に、ドライヤーで左右両方から風を当てて根本を起こし、分け目のない状態に戻してあげると見栄えが良くなります」(亀井さん)

くるりんぱ2回で完成!後れ毛が色っぽい上品アップスタイル

【3】マジェスタ使いで華やぐアップスタイル

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

■:アレンジ方法

「ただ束ねるだけだと、ボリュームのなさを強調してしまうので、くるりんぱをして結び目に表情を作ったり、トップの髪を引き出してボリューム感をつくると、印象が華やかになります」(小室さん)

STEP1:耳の先端より上の髪を束ねてゴムを結ぶ

頭頂部の髪を、両耳の先端の延長線上でゴムで束ねる。
頭頂部の髪を、両耳の先端の延長線上でゴムで束ねる。

STEP2:結び目の上に穴をつくる

くるりんぱをするための穴を結び目の上につくる。
くるりんぱをするための穴を結び目の上につくる。

STEP3:穴に毛束を通して、くるりんぱをする

 
穴に毛束を通したら、毛束を左右に引っ張って結び目を引き締める。
穴に毛束を通したら、毛束を左右に引っ張って結び目を引き締める。

STEP4:襟足の髪と一緒に束ねる

ハーフアップにした結び目のやや下あたりを束ねること。
ハーフアップにした結び目のやや下あたりを束ねること。

STEP5:ひとつ結びにした結び目にマジェスタを付ける

毛束の髪をすくいながら棒を通すと、マジェスタが安定して崩れにくくなる。
毛束の髪をすくいながら棒を通すと、マジェスタが安定して崩れにくくなる。

〈まとめ!アレンジポイント〉

「クセやうねりがなく、真っ直ぐな毛質の方は、アレンジをする前にカールアイロンなので毛先を巻いておくとふんわりとしたニュアンスがつくれます」(小室さん)

「ハーフアップ+ひとつ結び」ならボリューム不足の髪も華やかに決まる!

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。