マルチカラーが縦に走るストライプ柄は、元気感の高いモチーフです。複数の色が響き合って、春夏ルックにエナジーを注ぎ込んでくれそう。世界のおしゃれセレブリティーが好む着こなし方は、ストライプ柄特有のきちんと感を生かして、スッキリきれいめに整えるコーディネート。

大型連休、サマーバケーションと続くホリデーシーズン前に予習して、マルチカラーストライプで休日ルックをバージョンアップしてみませんか?

海外セレブ流!スッキリ見せできる「マルチカラー・ストライプ柄」の着こなしテクニック5

■1:【ロングガウン編】鮮やか色で縦落ちイメージを強調

ストライプ柄のロングガウンを着こなすAlessandra Ambrosio(アレッサンドラ・アンブロジオ)氏
ボディーラインをぼかしてくれるロングガウンは、薄着の時季に重宝するアイテム

ストライプ柄は縦長イメージが持ち味だから、ロングシルエットのアイテムにマッチします。

モデルのAlessandra Ambrosio(アレッサンドラ・アンブロジオ)は、マゼンダピンク主体のストライプ柄が艶やかなロングガウンをはおって、車でお出かけ。細めのストライプ柄が生きて、落ち感がアップ。

ガウン裾のゆらめくフリンジと、パンツ裾の切りっぱなし風処理も相乗効果を発揮しています。Tシャツもワイドジーンズも白で統一。ロングガウンのマルチカラーを引き立てました。

■2:【ワイドパンツ編】ほっそりレッグラインをアピール

ストライプ柄のパンツを着こなすJulianne Hough(ジュリアン・ハフ)氏
ストライプ柄に黒を取り入れると、スッキリした見え具合に

目立つ色のストライプ柄を、ワイドパンツに写し込むと、伸びやかな印象が強まります。

歌手・女優のJulianne Hough(ジュリアン・ハフ)は、オレンジやサンドカラーで彩ったワイドパンツで、オフの日気分を表現。あえてラフなTシャツや、飾らないカーディガンで合わせて、くつろいだ風情に。

シャープ感をパンツに任せて、残りはのどかな大人の休日ムードに整えました。

■3:【セットアップ編】視線を引き込む主張ストライプで大人リラックス

ストライプ柄のセットアップを着こなすOlivia Palermo(オリビア・パレルモ)氏
全体を馴染ませる、トップスの色とストライプの1色を合わせるテクニック

セットアップやスーツの上下を同じストライプ柄でまとめると、節度や落ち着きが加わります。

おしゃれアイコンのOlivia Palermo(オリビア・パレルモ)は、白が目立つパンツ・セットアップに縦縞を生かしました。押し出しの効いた配色が醸し出すのは、大人の余裕。パジャマ風の縦縞がリラクシングな空気感もまとわせています。

ブラウンのトップスは裾を正面だけにウエストイン。袖を通さない肩掛けも、気負わないムードを印象づけます。

■4:【シャツ編】ジェンダーレスとキュートネスが同居

ストライプ柄のシャツを着こなすGigi Hadid(ジジ・ハディッド)氏
ジェンダーレスなのにキュートな印象の大人カジュアルコーデ

ストライプ柄をあしらったシャツは、マニッシュなムードを際立たせてくれます。

モデルのGigi Hadid(ジジ・ハディッド)は、オレンジやブルー、ピンクなどをミックスしたマルチカラーのシャツでクールな着映えに。左右でストライプの入り方が違うアシンメトリーが動きを加えています。

ワークウエア風パンツにウエストインして、元気な雰囲気を演出。ピンクのハイカットスニーカーで足元を弾ませました。

■5:【シャツワンピース編】きれいめテイストに抜け感をプラス

ストライプ柄のシャツワンピースを着こなすSarah Hyland(サラ・ハイランド)氏
前を全部開けて、はおり物として着たりと自在にアレンジ可能

さわやかな着映えに仕上がりやすいシャツワンピースは、ストライプ柄を写し込みやすいウエアです。

女優のSarah Hyland(サラ・ハイランド)は、ブラウンやネイビーなど、落ち着いた色のマルチカラーを迎え入れました。シャツワンピース特有のきちんと感が渋め色のハーモニーと馴染んで、きれいめテイストと抜け感が同居。

縞模様の幅が不ぞろいなおかげで、細見えが実現。レギンスやジーンズの上から重ねるスタイリングも選べます。


マルチカラーのストライプ柄は華やぎや涼やかさが同時に叶うから、大型連休やサマーバケーションにぴったり。薄着の装いをルーズに見せないうえでも効果的なので、夏に向けて出番が多くなりそうです。

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃