デニム仕立てのジャケット、いわゆる「Gジャン」は、はおるだけで休日ルックが決まる、便利なアイテムです。でも、ラフ感やストリートテイストが強く出やすい欠点もあります。

世界のおしゃれマスターたちは、あえて別のムードを添えて、Gジャン本来のイメージからの「ずらし」に成功。アレンジの合い言葉は「ボトムスをムードメーカーに」。華やぎや洗練といった、Gジャンでは表現しにくい雰囲気を、ボトムスで印象づけるテクニックは流石です。

大人のGジャンはボトムスで決まる!海外セレブ流「 スカート・ワンピース・パンツ」の使い分けテクニックを指南

■1:【膝下スカート・ワンピース編】艶やかな赤でフェミニン濃度アップ

真っ赤なスカートにGジャンを着こなすRebecca Gayheart(レベッカ・ゲイハート)氏
カラーブロッキングが印象的な装いに、白スニーカーで抜け感をプラス

Gジャンにはラフで男っぽいイメージがあるので、逆の印象を与えるスカートやワンピースで合わせると、全体が落ち着いて見えます。赤系の艶やか色や、フェミニンな柄も、Gジャンに彩りを添える存在に。

女優のRebecca Gayheart(レベッカ・ゲイハート)は、艶やかなサテン系の真っ赤なスカートで街へ。膝下のレングスがたおやかな風情に。星形モチーフのニットトップスで元気な気分を添えています。

チェリー柄のワンピースにGジャンを着こなすNicky Hilton(ニッキー・ヒルトン)氏
休日気分を印象づけるかごバッグの存在感

赤はデニムカラーと好相性を発揮します。愛らしい柄と組み合わせれば、さらにGジャンのストリート感をやわらげてくれそう。

ファッションアイコンのNicky Hilton(ニッキー・ヒルトン)が選んだのは、赤いチェリー柄のワンピース。Gジャンは袖を通さない肩掛けでオン。Gジャンのタフ感とワンピースのジューシーさが素敵に交差しています。バレエシューズでリラクシングな足元に整え、こなれた雰囲気にまとめました。

■2:【マキシ丈ワンピース編】華やぎの足し算、ドレッシー感の引き算

マキシ丈のワンピースにGジャンを着こなすJenna Dewan(ジェナ・ディーワン)氏
上半身がほっそり見える「小ぶりなGジャン」選び

Gジャンは印象が強めなので、引き合わせるボトムスにもインパクトが求められます。その点、布をたっぷり使ったマキシ丈ワンピースは申し分ありません。

女優のJenna Dewan(ジェナ・ディーワン)は、白黒ストライプのキャミソールドレスをまとって、堂々とした着映えに。コンパクトなGジャンをはおって、脚長効果を引き出しました。ショルダーバッグとサンダルをブラウンでそろえ、ボヘミアンムードも呼び込んでいます。

マキシ丈のワンピースにGジャンを着こなすKylie Minogue(カイリー・ミノーグ)氏
ウエディングドレス風の白ワンピースも、ざっくりと着たGジャンの効果でデイリー仕様に

ドレッシーなワンピースを、普段使いしやすくアレンジするうえで、Gジャンは絶好のパートナーです。

歌手のKylie MinoGue(カイリー・ミノーグ)は、白のレースが優美なマキシ丈ワンピースでラジオ局に登場。オーバーサイズのGジャンを重ねて、白ワンピースを程よくドレスダウン。袖を無造作っぽくまくり上げて、さらに気負わない雰囲気に見せています。

■3:【ブラックパンツ編】すっきりミニマルでクールに凜々しく

黒のワイドパンツにGジャンを着こなすRosie Huntington-Whiteley(ロージー・ハンティントン=ホワイトリー)氏
「R」モチーフのネックレスがシンプルルックの好アクセントに

クールな雰囲気に仕上げるなら、ブラックのパンツを「相棒」に選ぶのがおすすめです。Gジャンのくだけたムードを、スタイリッシュに引き締めてくれます。

モデルで女優のRosie HuntinGton-Whiteley(ロージー・ハンティントン=ホワイトリー)は、グレーのTシャツと黒のパンツで、ミニマルにコーデ。その上からGジャンを肩掛けで重ねました。

デニムルックはカジュアルに映りがちですが、モノトーン系でまとめれば、シックに仕上がります。

細身のパンツにGジャンを着こなすSadie Newman(サディ・ニューマン)氏
小ぶりジャケットと細身パンツがシャープな印象を強調

黒パンツとGジャンを引き合わせれば、すっきりトーンの装いを組み立てられます。

モデルのSadie Newman(サディ・ニューマン)は、膝で絞った美脚パンツをチョイス。トップスも黒系で合わせたから、Gジャンとの色コントラストが一層際立っています。

ほとんど色が抜けた、ユーズド感の高いGジャンが爽やかな着映えに。ショート丈が生きて、レッグラインがいっそう伸びやかに映っています。


「Gジャン=ストリートカジュアル」という思い込みを捨てて、フェミニンやクールといったムードに寄せれば、着こなしのバリエーションが格段に広がります。デニムの色味を引き立てる赤や黒とのコンビネーションも生かして、「Gジャンと過ごす休日」を楽しんでみませんか。

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃