デニムの装いをマンネリにならず、春らしくフレッシュに装いたいと思っている方!きれい色のテーラードジャケットを投入してみてはいかがでしょう。×デニムなら、カジュアルさが加わって新鮮な印象がアップします。それでは、品がよく程よいカジュアルさが今どきな4人の着こなしを見ていきましょう。

スマートさが漂って春気分を楽しめる!今どきフェミニンなカラージャケット×デニムスタイル4選

■1:淡ピンクのジャケットを、知的かつハンサムに着こなして軽快に

ライトグレーのハットにはピンクのリボンがちらっとアクセントになっていて、さりげなく華やかさをアピールしています。

モデルのロージー・ハンティントン=ホワイトリーは、ベビーピンクのジャケットを肩かけして颯爽とデニムカジュアルを楽しんでいます。ハット、トートバッグ、スニーカーをライトグレーで統一して、装いを大人っぽくシックにグレードアップ。ピンクとグレーの淡いトーンが重なって、品がよくかっこよさが高まっています。足元をスニーカーにしたことでもアクティブさがアピールできて、今っぽさも感じさせてくれます。

■2:ベージュ×黒の定番的な色合わせには、ロゴTの力で今っぽさを高めて

トレンドアイテムのスリッパでモードさを表現するのが大正解。足のヌーディーさが抜け感にもつながります。

コンパクトサイズのベージュジャケットを、ブラックデニムで引き締めていたモデルのカーリー・クロス。ジャケットとデニムの色にコントラストがあり、メリハリがついているので、全身が引き締まって見えます。無地のシンプルタイプではなく、インのTシャツはロゴの入ったものをセレクトして、コーディネートにリズミカルなアクセントを。ロゴTもジャケットを真面目に見せず、スタイリッシュさを高める重要アイテムになっています。

■3:BIGサイズのジャケットは、ブルートーンを重ねて爽やかさを表現

ヘアはアップにしてコンパクトにまとめているのも、トータルバランスを美スタイルに導く秘訣に。

パステルトーンの着こなしが最近よくSNAPされているヴィクトリア・ベッカム。麻風の涼しげな素材のジャケットをBIGサイズで取り入れて、ボーイフレンドデニムとコーディネート。ボトムがデニムだからこのジャケットが老けて見えず、フレッシュさを引き出してくれます。デニムの丈はやや短めにして、パンプスを素足で履いた足首が出るように計算されているのもさすがです。

■4:絵になるストライプのジャケットでワンランク上の大人モードに

靴はボリュームあるソールが特徴のステラ・マッカートニーのものを合わせています。キャスケットの黒とリンクさせているので、シャープで引き締まった印象がアップ。流行の★モチーフもアクセントに。

女優のダイアン・クルーガーは、白ベースにペールブルーのストライプジャケットを主役にしたヘルシーな春の装い。インに着たベーシックなシャツもデニムと同じトーンのブルーでまとめ、清々しさが漂うクールカジュアルに。ジャケットとシャツの袖をブラウジングして、手首をちら見せした着方も軽やかさを強調できるので、ぜひジャケットを着る日のお手本にしたいアレンジです。


デニムをきれい系カジュアルにコーディネートしたいなら、端正なテーラードジャケットの持ち味を引き立たせて、大人っぽく仕上げるのが今っぽくておすすめです。女性らしく着こなしたいならヒールパンプスを、気負わないモードならスリッパ、ヘルシーさを高めるならスニーカーと、小物の合わせによってテイストはさまざまに。

大人っぽく新鮮に着こなすデニムのコーディネートには、ぜひきれい色のテーラードジャケットを投入して、春らしく軽やかにおしゃれ度をアップデートさせてみてください。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀