髪の量が多いだけでも広がりやすいのに、クセとうねりが加わったら…。そんな髪悩みに、DIFINO akasakaの副店長、根本将平さんは「量はカットで調整できます。うねりやクセは無理に抑え込まず、クセそのものを生かしたスタイリングをすれば、軽さのある印象に仕上がります」とアドバイス。

クセを生かすドライヤーテクニックを教えていただきます。

【お悩み】量が多くてうねって広がる髪を、まとまりやすいスタイルにしたい!

ミディアム代表:永野好子さん(42歳/美容クリニック勤務)のお悩みを解決するには…

■髪型:スライドカットで毛量を調整し、毛先に動きやすさを出す

完成
サイド
バック

永野さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★
  3. 髪の太さ (細→太)★★
  4. うるおい (乾→潤)★
  5. 白髪の量 (多→少)★★

髪が硬く、ボリュームも多い永野さんの髪質。「量が多いとレイヤーを入れてコントロールしがちですが、そうすると髪が広がりがち。スライドカットすれば、毛先にかけて毛量を調節できるので、広がることなく量感を抑えられます。洗って乾かすだけで形になるので、いちいちブローで髪を伸ばしたり押さえつける手間もなくなります。髪が硬い、クセやうねりがある髪質こそ、スライドカットは向いていますね」(根本さん)

■スタイリング:毛先をクシュクシュッと握って動きを出す!

毛先に動きを出すために、握りながらドライヤーをあてるのがポイント。「ちょうど耳の上あたりをふんわりさせると、フェイスラインが引き締まって見える効果があります。毛束をつまんで、スタイリング剤をスプレーして、束感をつくると、より軽さが生まれます」(根本さん)

スタイリング前

■1:分け目をまたぐように手ぐしで地肌を擦りながらドライヤーをあてる

指の腹をジグザグに動かしながらとかすのがポイント。

■2:毛先をクシュクシュと握りながらドライヤーをあてる

前側だけでなく、サイド、バックの毛先も同様に。

■3:耳の上あたりの髪を2~3㎜つまみスタイリング剤をスプレー

ひとつまみの毛束を浮き上がらせ、毛束の中間あたりにセット力のあるスタイリング剤をスプレー。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■ボリュームを抑えるためにレイヤーを入れすぎない
  2. ■分け目はぼやかすように、地肌を擦るようにして乾かす
  3. ■クセやうねりは無理にのばさず、生かす

「束感をつくるとき、セット力が強すぎると髪がゴワッとしてしまうので、ツヤとコシが生まれるくらいのスタイリング剤がおすすめ。資生堂の『ステージワークス マルチモーションスプレー』(0,000円)が使いやすいですよ」(根本さん)

DIFINO akasaka 副店長・根本将平さん。この春から、趣味のサーフィンを再開。「子どもが生まれ、1年も海から遠ざかっていました。月2回は行きたいですね」

問い合わせ先

DIFINO akasaka
住所/東京都港区赤坂3-17-1 いちご赤坂317ビル8階
TEL:03-6441-2067
営業時間:月・木11:00~21:00 水・金12:00~22:00 土10:00~19:00 日・祝日10:00~18:00
定休日:火曜・第3月曜

その人の個性とライフスタイルに寄り添ったヘアスタイルを提案してくれる。
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑