元気でスポーティーな印象の白スニーカーを、大人のコーディネートに生かすおしゃれ上級者が増えています。一見、カジュアルなイメージがありますが、あえて違うテイストとミックスするのが、こなれ感を生むコツです。

例えば、本格仕立てのジャケットやレディーライクなワンピースに引き合わせると、別の表情を引き出してくれます。ワードローブで待機する時間の長い服も、白スニーカーでアレンジすれば、着こなしレパートリーに加えやすくなるはず。手持ち服のムードチャンジャーになってくれる白スニーカー使いの秘訣を、おしゃれの達人たちから教わっていきましょう。

大人女性の相棒は「白スニーカー」!オシャレを格上げする「引き算テクニック」5選

■1:本格ジャケットに合わせて「きちんとカジュアル」に

ジャケットにキャンバススニーカーを取り入れたコーディネートの女性
ネイビー、白、ブルーのすっきりトーンで爽やかな印象に

正統派のジャケットは、スーツから抜き出して、普段使いがしやすいアイテムです。ただ、「きちんと感」をやわらげるアレンジが肝心。スニーカーで合わせれば、程よいこなれ感が生まれます。

ネイビーのきれいめジャケットに、洗いをかけたジーンズを引き合わせ、まず1段階のトーンダウン。白シャツの胸元を少しラフにアレンジして、さらにもう1段階。

最後の仕上げが足元のキャンバススニーカー。ジーンズ裾から足首をのぞかせて、抜け感も漂わせました。

■2:ワンピースを普段使い仕様にドレスダウン

ネイビーのワンピースにキャンバススニーカーを取り入れたコーディネートの女性
スーパーロングのネックレスで縦落ち感を増幅

お呼ばれにも着て行けるような、ドレッシームードのワンピースも、スニーカーを相棒に迎えれば、デイリーに着回せます。

総レース仕立てで適度な透け感のある、エアリーなワンピースは、フェミニンに見えすぎることも。でも、足元にキャンバススニーカーを添えてやれば、ボーイッシュな雰囲気が加わって、バランスが整います。

ふんわり袖のロマンティックなワンピースも、スニーカーではずすのが、出番を増やすコツです。サコッシュやソックスを添えて、カジュアル感を乗せるアレンジも選べます。

■3:上品な同系色コーデの爽やかな引き立て役に

ベージュのコーデに白スニーカーを取り入れたコーディネートの女性
スニーカーの存在感を高める、裾のロールアップテクニック

白のスニーカーはクリーンな印象を呼び込むから、爽やかテイストの着こなしにマッチします。

ベージュ系でまとめた「トーン・オン・トーン」の同系色コーデを軸にして、シャツとスニーカーを白にしてアクセントカラーに迎えました。「首、腕、足首」という3大ほっそりゾーンに白を配して、きれいめイメージを添えたお見事コーデです。

淡い色の引き立て役としても、白は絶好のバイプレーヤーだから、春夏に重宝するパステルやシャーベットカラーとのマッチングに便利です。パンツ裾は思い切ってロールアップして、足首ゾーンで軽やかさを印象づけて。

■4:キャンバススニーカーの白で、ブルーコーデをシャープに演出

青系のコーデに白スニーカーを取り入れたコーディネートの女性
夏らしいすっきりトーンに、レディーなバッグで気品をプラス

ブルーと白のコンビネーションは、マリンルックでもお馴染みの、涼やかで爽快なイメージが持ち味です。

服をブルーに、スニーカーを白にすれば、白がブルーをシャープに引き立てるクールな着映えに。ブルーの濃さをずらした「トーン・オン・トーン」のコーデは一段と爽やかな見え具合。

シャツより青みが強いパンツが腰から下をスレンダーに見せています。足元に添えたキャンバススニーカーは、アクティブな気分を呼び込みました。

■5:メンズライクな柄&ゆるっとサイズで抜け感をプラス

メンズライクなコーデに白スニーカーを取り入れたコーディネートの女性
上から順に「ゆるっと、カッチリ、スポーティー」というトリプルムードが程よく調和

メンズライクなアイテムの人気が続いています。マニッシュにまとまりがちですが、ここでもスニーカーがひと働き。

シャツやパンツなどに、スニーカーを引き合わせると、カッチリ感がやわらいで、抜け感を印象づけやすくなるのです。オーバーサイズのストライプ柄シャツをゆるっとまとい、ボトムスは紳士服風のパンツで合わせた、ジェンダーレスな装い。

メンズ風味が濃くなったところに、白スニーカーでムードチェンジ。適度なずれ感がかえって全体を穏やかに落ち着かせています。


ゴツめの表情が持ち味のダッドスニーカーは主張が強いところがありますが、そこまで目立ちすぎない白スニーカーは、いろいろな着こなしに馴染ませやすい万能アイテムです。

きれいめにも、カジュアルにも使える、多才な白スニーカーは、夏に向けて出番が増えること間違いなし。健やかで爽やかなイメージを乗せる効果も期待できるだけに、アクティブに見せたいシーズンにこそ、味方につけたい相棒シューズといえそうです。

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃