男が帰るべき「ショットバー」を探す旅。水先案内人は切り絵作家の故・成田一徹氏。氏が愛し、その情景を切り絵に刻んだ全国のバーの中から、神戸・横浜のショットバー6軒を厳選。東西を代表する港町のバーに、香り立つ昭和のにおいをたどった。

男が訪れるべき港町の「ショットバー」を巡る

神戸のバーの正統を守り続ける

主の木村氏のソルクバーノ、氏の師匠、小林省三氏のサンエキスポ。2大バーテンダーのオリジナルカクテルは必飲。

初めて扉を開くときには思わず緊張してしまう、神戸三宮の名店「サヴォイ北野坂」。が、一杯目のグラスを空けるころには、白のタキシード姿がダンディなマスター、木村義久さんの笑顔とジョークに心が解けている。一文字に延びたカウンターには席ごとに仄かなスポットライトが当たり、12の丸い明かりの連なりになっている。その中に差し出されたマティーニは、琥珀色に美しく輝く。

サヴォイ北野坂
住所/神戸市中央区中山手通1-7-20 第3天成ビル4F
TEL:078-331-8977
営業:月~土:17時~24時、日・祝:17時~22時 休不定休
アクセス/JR「三ノ宮駅」・阪神・阪急「三宮駅」より徒歩5分

オールドボトルで神戸の夜を閉じる

バーがひしめく東門街、木製の扉が目印。カウンター席だけの小さな店。店名のKeithは、主の井伊氏が、ウイスキーの勉強でスコットランドに留学中、友人と訪ねた町の名だ。

バーの街、三宮にあって異彩を放つ「バーキース」。マスターは名門ホテルでバーテンダーを務め、カクテルの名手として注目された井伊大輔さん。開店当初は、カクテルを目当てに来る客が多かったというが、今では、カウンターに並ぶビンテージのウイスキーやリキュールにも人気が集まる。一杯目のオールドボトルはやはり、井伊さんに任せよう。神戸の長い夜の締めくくりにふさわしい店だ。

バー キース
住所/神戸市中央区中山手通1-15-7 東門エースタウンビル1F
TEL:078-393-0690
営業:18時~26時 日曜休み
アクセス/JR「三ノ宮駅」・阪神・阪急「三宮駅」より徒歩7分

男たちが惚れる唯一無二の存在感

神戸北野の不動坂の上り口にたたずむ洋館風の一軒家。新神戸駅からもアクセスがよく、旅の行き帰りに立ち寄る「YANAGASE」ファンも多い。

成田一徹氏の作品に、煉瓦造りのバーの扉を押し開ける男の後ろ姿を描いた一枚がある。老舗と呼ぶにふさわしい歴史を刻む「ヤナガセ」だ。扉を開けると静かにジャズが流れる。ずっしりとした欅のカウンターの向こうに弟子と共に立つのがバーテンダーの中泉勉さん。上級職の船乗りが帰港のたびに訪れる、そんな時代の神戸のバーを知悉するバーテンダーとの会話を楽しみに訪れる客は多い。

YANAGASE
住所/神戸市中央区山本通1-1-2
TEL:078-291-0715
営業:17時30分~24時
アクセス/JR「三ノ宮駅」・阪神・阪急「三宮駅」より徒歩12分

寛容な空気感がどこか懐かしい

看板の「スリーマティーニ」の文字は成田一徹氏の切り絵。ひじ掛け付きのカウンターに寄りかかれば、居心地のよさも抜群。

バー好きが高じ、20年ほど前に「スリーマティーニ」の看板を掲げた山下和男さん。野毛で創業し、その後、山下公園にほど近い現在の場所に移転。店内に所狭しと飾られる小物は山下さんが収集したもの。その賑々しさが、酒場らしい雰囲気を醸す。酒はもちろん、ナポリタンやカレーなどのフードも評判。飲みながら腹ごしらえもした、船員たちの陽気な声が聞こえてきそうな港町のバーだ。

スリーマティーニ
住所/横浜市中区山下町28 ライオンズプラザ山下公園104
TEL:045-664-4833
営業:月~金:17時~、土日:14時~。日月:24時閉店、水~土:25時閉店 火曜休み
アクセス/みなとみらい線「元町・中華街駅」より徒歩3分

国際港都の文化をまとったたたずまい

洋館のファサードを思わせる煉瓦造りの入り口が目印。横浜育ちらしい進取の気質を持つ主との会話が弾む。横浜生まれの辛口のカクテル、バンブ ーはぜひ注文したい。料理もうまいと評判だ。

「こんばんは」。扉を開けると、マスターの金子昌司さんの弾みのある声に迎えられる。店の奥へと進み、きれいに磨かれたカウンターに着くと、インテリアや調度類が視界に入る。どれも丁寧に選ばれたことがわかる良質なものだ。店の設計もほとんど自ら行ったという金子さんがこだわったのは、開港時の横浜の独特な文化の薫り。もちろん、店名も、明治期の横浜を照らしたガス灯に因んでいる。

舶来酒場 らんぷ
住所/横浜市中区住吉町5-61 住五ビル1F
TEL:045-641-8901
営18時~24時 休日・祝日、土曜は不定休
アクセス/みなとみらい線「馬車道駅」より徒歩3分

船員バーの面影と名前を継承する

アルゴンブルーのネオンサインと店の外にも流れる60’sオールディーズのナンバーに誘われてドアを開ける。細長い店の奥で、店の主のような顔をしたジュークボックスが目に入る。

外国人向けの船員バーが隆盛を極めた時代もあった横浜中華街。そこに’70年代初め、ノルウェー人の船員が開いたのが「ノルゲ」。今、その店の名を守っているのが、若きバーテンダーの中村英吾さん。往時の船員バーとは趣が違うというが、天井まで板張りのくつろげる店内は船室のイメージ。鍵型にカーブした独特なカウンターで、横浜の名門ホテルで腕を磨いた中村さんのカクテルを頂こう。

ニュー ノルゲ
住所/横浜市中区山下町217
TEL:045-641-7020
営業:月~土:18時~27時、日・祝:17時~24時
アクセス/JR「石川町駅」より徒歩3分
※2013年秋号掲載時の情報です。
この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
クレジット :
撮影/篠原宏明
TAGS: