かごバッグの力を借りると、着こなしがたちまち夏らしいムードになり、こなれた印象にアップデートできます。ヘルシーさが際立ったカジュアル上手な海外セレブたちの間でも愛用者が多く、お手本にしたいスタイリングを発見しました。

そこで、センスよく持っていた5人のスタイリングにクローズアップ。簡単に着こなしを夏らしくアップデートしたい方、必見です。

リラックス感が加わって、チャーミングな女性らしさ抜群!「かごバッグスタイル」5選

■1:モノトーンでまとめたグッドガール風スタイルに、涼感を添える名脇役

足元はグッチのスリッパを投入して、今どきの旬ムードをアピールして大正解。フェミニンになり過ぎず、リッチなカジュアルさが高まります。

女優のヴァネッサ・ハジェンズは、黒のフレアスカートを主役に花柄のビスチェをモノトーンでまとめ、都会にフィットする夏のフェミニンスタイルで颯爽と登場。バッグがかご素材なので重たく見えず、コーディネートに抜け感が加わり、バランスよくまとまっています。

ヘアもタイトにまとめて、すっきり涼しげにアレンジすることでも、モノトーンを軽やかに見せるテクニックに。

■2:迫力あるBIGサイズでも軽やかさをもたらし、ヘルシーさを盛り上げて

サングラスもサンドレスとトーンを合わせ、ピンクにしたところでもセンスのよさを高めています。

モデルのハイディ・クルムは、どんなシーンにもオールマイティーに使えるバレンシアガのBIGサイズかごバッグを愛用中。シンプルで収納力もあるデザインだから、タウン仕様にはもちろん、ビーチやピクニックといった休日にも大活躍します。

ヘアサロン前で目撃されたこの日は、ロング丈のサンドレスに合わせてこなれたムードを漂わせて。足元がペタンコサンダルというのも今っぽさ抜群です。

■3:ポンポンチャームの遊び心あるアクセントが着こなしを大人スイートに

シンプルな半袖ニットだから、胸元には長&短のネックレスを3本重ねづけしてリッチなアクセントに。細かなところにまでこだわると、おしゃれの完成度が確実にアップ。

女優のリース・ウィザースプーンは、アクティブなパンツ姿がよく見かけられています。ビバリーヒルズでショッピング中のこの日は、白地にネイビーのプリントパンツを、かごバッグとウェッジサンダルで爽やかに仕上げていました。

バッグにポンポンチャームをあしらって、差し色にしているところもチャーミングなポイントに。こんなちょっとしたあしらいが、かごバッグをさらに可愛く見せてくれます。

■4:個性派フォルムのバッグを主役に、白レースワンピを切れよくリッチに格上げ

ハットをかぶって、レースワンピを甘くみせない小物トッピングも見逃せません。黒のリボンがサングラスとともに引き締め効果につながって。

トレンドアイテムを上品に取り入れるのが得意な女優のジェシカ・アルバ。Aライン&ミニ丈のカットワークレースワンピースを、カリフォルニアの街に似合うヘルシーな着こなしで楽しんでいます。

バンブーをアーティスティックなデザインにしたL.A.ブランド・カルトガイアのバッグでモードさを加え、リッチニュアンスを香らせて。白~ベージュ~キャメルというワントーンだから、統一感があって上品な印象に仕上がっています。

■5:ボーイズ風デニムカジュアルを軽快に夏らしく仕上げるのにマスト

足元はフラットのスリッパだから、抜け感が出て今っぽい雰囲気に。あえてフェミニンなフラワー柄をセレクトして、テイストミックスしているところもスタイリッシュ。

おしゃれSNAPの常連、オリビア・パレルモは、着こなしだけでなく小物の合わせがとても上手。カーキのミリタリージャケットとスキニーデニムという辛口カジュアルが、アフリカン調のエスニックなかごバッグをプラスしたことで、軽快かつこなれ感が高まっています。

ただシンプルなデニムカジュアルに終わらず、ポップな色使いでおしゃれっぽさ抜群な遊び心を感じさせます。


かごバッグは、涼感とヘルシーさはもちろん、こなれたカジュアルムードがアピールできます。5人のスタイリングは全員、軽快で着こなしに抜けた印象をもたらしていました。ぜひこれから夏に向かってコーディネートに取り入れて、センスのいい着こなしにアップデートしてください。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀