兵庫県たつの市に本店を構える「大三萬年堂」。江戸中期創業で、約360年の歴史を誇る老舗の和菓子屋です。そんな老舗和菓子屋が手がける和カフェ「大三萬年堂HANARE」が、2019年6月19日(水)、東京・淡路町ワテラスモールにオープンします。

メニューを開発するのは、和スイーツ研究家としても活動する「大三萬年堂」の13代目、安原伶香さん。「女性ならではの」を商品コンセプトとしたオリジナル和スイーツの数々が魅力なんです。

和スイーツ研究科の安原怜香さんの写真
「大三萬年堂」の13代目・安原伶香さん。和スイーツ研究家としても活動中。

ハイブリッド和スイーツ!看板メニューの「どらぱん」とは?

「どらぱん」4種類の写真
「大三萬年堂HANARE」の看板メニューの「どらぱん」¥450〜¥500(税抜)

見た目もかわいらしい和スイーツ「どらぱん」は「大三萬年堂HANARE」の看板メニューです。もちもち食感の米粉パンに、バリエーション豊かな具材を挟んだ商品。その名の通り、どら焼きと米粉パンを組み合わせたハイブリッド和スイーツです。

「どらぱん」いちごピスタチオの写真
「いちごピスタチオ」。瑞々しいいちごとピスタチオの組み合わせがやみつき必至……!

「あんバター」「いちごピスタチオ」「ほうじ茶チョコ」「たまごやき」の4種類の「どらぱん」を販売します。

女性にうれしい和スイーツに注目!

「大三萬年堂HANARE」の魅力は、その商品コンセプトにも。「女性ならではの」を意識した商品ラインナップにも注目です。

「プリンチーズティ」の写真
「プリンチーズティ」¥750(税抜)。甘酒で作る新感覚のデザートドリンクです。

こちらは「プリンチーズティ」。厳選された国産茶葉を丁寧に抽出したドリンクに、甘酒とマスカルポーネクリームでつくった濃厚チーズクリームをのせたチーズティです。

「飲む美容点滴」とも称される甘酒や、カロリー控えめの豆乳クリームを使用。まさに女性ならでは、女性にうれしい和スイーツですね。

「酒粕ろーる」の写真
「酒粕ろーる」イートイン ¥630(税抜)/物販 ¥1600(税抜)。

北海道産生クリームを使用した酒粕クリームを、ふわふわのスポンジケーキで包み込んだ「酒粕ろーる」。こちらは、北海道上川町の大自然の中、理想の空気と天然水で造られた酒粕を使用した「上川大雪酒造」とのコラボスイーツです。てんさい糖を使用しているのでとってもヘルシーなんですよ。

スイーツにとどまらない「大三萬年堂HANARE」の魅力

「大三萬年堂HANARE」のメニューは和スイーツだけではありません。

メイン、小鉢2皿、漬物、お味噌汁、もち麦ごはんの和定食「おばんざい」の写真
メイン、小鉢2皿、漬物、お味噌汁、もち麦ごはんの和定食。「おばんざい」¥1,200(税抜)

「築地場外市場の美味しい」をコンセプトとしたアンテナショップ「築地デリ」とのコラボレーションによる和定食。お肉とお魚をメインに、おかずをちょっとずつ食べられる身体に優しいメニューです。

牛すじ煮込みがたっぷり乗った「とうふめし」の写真
築地デリ特製の牛すじ煮込みがたっぷり!「とうふめし」¥1,000(税抜)

ごはんの上に、豆腐と、築地デリ特製の牛すじ煮込みをたっぷり乗せた、ボリューム満点の「とうふめし」。たっぷりおいしいものを食べたいときにどうぞ!


「大三萬年堂HANARE」のキーワードは「和洋折衷」「温故知新」。添加物などは使用せず、素材本来の味を活かしたメニューが魅力的なお店です。

家族代々引き継いできた「大三萬年堂」の伝統の味、変わらないおいしさに、きっと、お腹も心も大満足できるはずですよ。

問い合わせ先

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2019.7.17 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。