優雅なイメージがありながらも、足を動かしやすいワイドパンツは、お仕事ルックの定番的なボトムスに出世しました。しかも、上手に着こなせば、レッグラインが細く映るメリットまであるのが、ワイドパンツ人気の衰えない理由。

細見え効果を引き出すには、トップスとの合わせ方や小物の添え方など、いくつかの「黄金ルール」があります。一度覚えてしまえば、ずっと使えるコツだから、この機会にマスターして、薄着になるサマーシーズンのコーディネートに役立ててみませんか。

細見え効果抜群!今風にスタイルアップできる「ワイドパンツスタイル」5選

■1:抜け感で攻略する「ボリューム×ボリューム」

ボリュームのあるワイドパンツを着こなす女性
Vネックのシャープ感がほっそりイメージをアピール

ワイドパンツで細感を引き出すには、あえてボリュームを強調するスタイリングが効果的です。全体に空気をはらませて、ボディーを逆に細く見せる技が着痩せ効果を生んでくれます。

ワイドパンツに引き合わせるトップスも、たっぷりシルエットが好パートナーに。気をつけたいのは、全部をゆるゆるにしないところ。バッグと靴はきれいめタイプを選ぶのが、品格ルックに整えるコツです。ショート丈のトップスが脚長感も印象づけています。

■2:軽やかさをはらむ「足首見せ」テクニック

足首をみせたワードパンツコーデの女性
靴もパンツにカラートーンを合わせて、足首ゾーンに視線を呼び込む

「実は細い」というイメージを押し出すなら、足首ゾーンを見せるのが近道です。ワイドパンツの場合、広がった裾との間に、たっぷり空間ができるので、その分、細感が引き立ちます。

裾が遊んで、まるで優美なロングスカートを穿いているかのようにエレガントな着映えに仕上がるのも、ふくらはぎ丈ワイドパンツのよさ。裾に視線が集まりやすいよう、トップスは地味めを選ぶのがコーデのポイントです。

■3:上半身に「引き立て色」を投入

白いワイドパンツを着こなす女性
赤いバッグでモノトーンの装いにフェミニンな差し色をプラス

ボトムスをすっきり爽やかに見せるうえで、トップスは「引き立て役」を演じてくれます。上下で色のコントラストを際立たせるのが、ワイドパンツを生かす組み合わせです。

例えば、全体をホワイト1色でまとめた後、黒ジャケットをオンするだけで、白パンツが涼しくクリーンな表情を深めます。黒の引き締め効果も加わって、サマールックにふさわしいシャープな印象に。モノトーンの装いに、バングルをジャラジャラと重ねづけして、華やぎを添えています。

■4:「ポイント小物で締める」上級アレンジ

スモーキーピンクのワイドパンツを着こなす女性
ワイドパンツはフロントのツータックのおかげで、すっきりした見え具合に

量感の豊かなワイドパンツはアイキャッチーなボトムスです。コーデのあちこちに「見どころ」を用意しておけば、全体のバランスを整えられます。

ドレスのような見栄えのブラウスは、大人っぽいスモーキーピンクと繊細なフリル使いがノーブルな風情。小物使いも装いを引き締めてくれます。スタッズが施されたサングラスとハトメの多い太ベルトは、凜々しさを添えました。はおり物を腰から垂らして、脚のスレンダー感を印象づけています。

■5:メリハリラインを印象付ける「大胆なウエストマーク」

スーパーハイウエストなワイドパンツを着こなす女性
ベルトの端を縦に曲げて、落ち感を演出

ベルトを使って腰にアクセントを置く「ウエストマーク」は、引き締まったイメージを目に飛び込ませます。太いベルトを使えば、さらに効果がアップ。

腰よりもずっと高い位置までカバーする「スーパーハイウエスト」は、脚を長く見せてくれる切り札的なディテールです。ワイドパンツの正面に折り目正しくセンタープレスを施してあるのも、縦長イメージときちんと感を強めています。


素肌にまとわりつかないワイドパンツは、風が吹き通るから、夏を涼しく過ごしやすいボトムスです。しかも、上手にアレンジすれば、細見えも手に入るので、ひと工夫を加えて、ほっそりシルエットも叶えてみてください。

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃