エグゼクティブな女性は、仕事服でも上手にトレンド感や、自分の持ち味をコーディネートに盛り込んでいます。しかも、場面や役割に応じた、幅広い着こなしバリエーションをもっているから、キャラクターの使い分けも自由自在。

弁護士でテレビ番組司会者、モデルで慈善活動家でもある美しきスーパーエリートは、装いのアレンジもウルトラ級の達人。ジェシカ・カハワティ(Jessica Kahawati)さんの「お仕事のルックのテクニック」は、研究してみる価値があると言えそうです。

そこで今回は、スッキリ着やせできる3つのポイント「メリハリボディーをつくる」「引き締め効果を発揮する太い黒ベルト使い」「スリムラインを印象付けるワンピースのサイズ選び」という着眼点から、ジェシカ流コーデを紐解いていきましょう。

美しきスーパーエリートは着こなしも「成功者」!スッキリ着痩せできる「上級者な着こなしテクニック」

■1:【ボリューム調節編】「メリハリボディー」を意識的にメイク

チェック柄のパンツスーツを着こなす女性
白い小ぶりバッグで女性らしさを添えて

お仕事ルックのシンボル的なパンツ姿も、柄を上手に生かせば、ドレッシーに様変わり。チェック柄のパンツスーツは英国紳士風のたたずまい。凜々しいダブルブレストは、ウエストを絞ってボディーラインにメリハリをつけることで、シャープな着映えに。

オープントウの靴を合わせて、マニッシュ感をやわらげています。リネンやコットン素材のスーツなら、夏でも涼しく過ごせそうですね。

ノースリーブのシャツにニットのベストを着た女性
コンパクト感を強調するスクエアタイプのミニバッグ

ワイドパンツを使えば、お仕事ルックでも細感を漂わせることができます。スタイリングのポイントは、上半身をコンパクトにまとめ、量感のメリハリをつけるところ。

ノースリーブのシャツにニットのベストを重ねて、リラックスした雰囲気をまとわせました。シャツとベストでモチーフを変えて、朗らかな表情の柄ミックスを演出。クロップド丈のパンツで足首ゾーンを見せて、軽快なムードを呼び込んでいます。

■2:【ウエストマーク編】引き締め効果を発揮する「太い黒ベルト」を投入

黒色のワンピースを着こなす女性
ベルトやバッグで黒ルックに艶めきをプラス

ワンピースに落ち着きや品格を添えるうえで重宝するのが太い黒ベルトでのウエストマーク。シルエットにメリハリもつくから、ワンピースコーデの基本技ともいえるでしょう。黒い長袖のワンピースに、メタルバックルの太めベルトでしっかりウエストマーク。

太めのベルトは次の秋冬にトレンド入りが見込まれているから、見逃せない小物に。黒一色のワンピースに、程よい立体感が備わりました。

花柄のワンピースに赤のジャケットを羽織った女性
ワンピースと同系色のジャケットを重ねて、きちんと感も意識

色や柄の艶やかなワンピースの場合、黒系のベルトは引き締め効果を発揮してくれます。フェミニンな小花柄ワンピースも、このようにウエストにしっかり黒ベルトを巻けば、シックな印象が加わります。

赤のジャケットを重ねて、花柄イメージをトーンダウン。人前に出る際、ウエストマークは自信のあるキャラクターも印象づけてくれそうです。

■3:【ゆったりシルエット編】スリムラインを印象付ける「ワンピースサイズ」選び

カーキ色のミニワンピースを着こなす女性
ひだの細さが自然なスレンダー感を演出

ゆったりシルエットは、細感を引き出す「隠し味」として覚えておくと、手軽にスタイルアップを叶えられます。この日、彼女が選んだワンピースのように、程よくふんわり感のあるシルエットのミニワンピースは、ソフトなキャラクターを印象づけるうえでも効果的です。

プラスする小物は、甘さを控えたアイテム選びが大人女性の見せ所に。ミニバッグの持ち手のゴールドと靴の赤いストラップが差し色効果を発揮しています。お仕事ルックとプライベートの境目を越えた着回しにも役立ちそうです。

赤で統一されたコーディネートの女性
1点だけ白バッグを投入して、コントラストを強調

優美で細感イメージを引き出しているのは、たっぷりの裾ラッフル。ゆったりした袖も着痩せ効果を発揮。詰まった首元のおかげで、ミニ丈でありながらも、ノーブルな着映えに整いました。

さらに、全体に色をそろえることで、上品なテイストに仕上がります。鮮烈な赤のワンピースは、バッグのリボンやストラップ付きの靴とのコンビネーションが生きて、一段と艶やかにまとまりました。


夏のオフィスコーデは「シャツとパンツ」といった、シンプルな組み立てになりがちですが、ちょっとしたテクニックを取り入れれば、着こなしのバリエーションも広がります。

今回ご紹介したジェシカ・カハワティが実践するスッキリ着痩せできる3つのポイント「メリハリボディーをつくる」「引き締め効果を発揮する太い黒ベルト使い」「スリムラインを印象付けるワンピースのサイズ選び」を意識することで、スマートな装いが完成します。

美人でスーパーエリートな成功者の着こなしを、ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃