蒸し暑い夏を1枚で過ごせるから、サマーワンピースはこのシーズンの鉄板アイテムです。きちんと感や上品テイストもまとえるから、各国の王室レディー御用達の装いでもあります。彼女たちが好んで引き合わせるのは、品格を上乗せするパンプスです。

パンプスにもいろいろな形がありますが、ストラップがなく、足の甲を広く見せるタイプは脚を長くしなやかに演出してくれるから、ロイヤルな方々もご愛用。夏でも気品や節度を保ちやすい「ワンピース×パンプス」の整え方を知るには、プリンセスや王室関係者のコーデが最良のお手本になってくれます。

今回は、印象を巧みに操る「色」にフォーカスしながら、高貴ルックのポイントをチェックしていきましょう。

ロイヤルレディーの足元を拝見!高貴ルックの代名詞「ワンピース×パンプス」スタイル5選

■1:涼しさと落ち着きが両立する「ブルーグレー」

ブルーグレーのワンピースを着こなすPippa Middleton(ピッパ・ミドルトン)氏
英国王室と縁が深い「ブルーカラー」

服と靴のカラートーンをそろえるのは、ノーブル感を印象づける整え方です。

英国王室のケンブリッジ公爵妃、プリンセス・Catherine(キャサリン)の妹で、ソーシャライトのPippa Middleton(ピッパ・ミドルトン)は、涼やかなブルーグレーのワンピースに身を包んで、ロイヤルファミリーの結婚式へ。

パンプスも同系色を選びました。さらに、カチューシャ、イヤリングもブルー系で統一。グレーに近いブルーは、気品と落ち着きを感じさせやすい色です。

■2:きちんと感とみずみずしさを印象づける「ネイビーカラー」

ネイビーのワンピースを着こなすキャサリン妃
シャツワンピースはオフィスでも使いやすい万能ウエア

品格を薫らせる色の代表格がネイビーです。かしこまった場面での装いに、ロイヤルレディーたちが選ぶのも、クラス感と誠実さを示す色だから。

英国王室のプリンセス・キャサリンは、ネイビーのロング丈ワンピースでセレモニーに出席。みずみずしさを引き立てているのは、襟やボタンの白です。白とネイビーのツートーンは清潔感や凜々しさも備わらせてくれます。パンプスも色を合わせて、きちんと感を高めました。

■3:上品で穏やかな雰囲気を演出する「ベージュカラー」

ベージュ系のワンピースを着こなすQueen Maxima(マキシマ王妃)
細感を引き出すウエストのギャザーや袖口のドレープデザイン

ベージュ系のパンプスは、節度を保った装いを演出してくれます。全体の色味をそろえれば、ソフトなキャラクターイメージを漂わせる効果も。

オランダのQueen Maxima(マキシマ王妃)が記念式典の装いに選んだのは、ベージュ系の膝上丈ワンピース。つば広帽子とクラッチバッグも近い色で合わせ、ノーブルで穏やかな雰囲気にまとめ上げました。同じベージュ系でも、パンプスは少し渋めのトーン。服よりも濃い色のパンプスは足元を引き締め、服を引き立ててくれます。

■4:シャープに装い全体を引き締める「ブラックカラー」

プリント柄のワンピースに黒ジャケットを羽織ったプリンセス(皇太子妃)・Mary(メアリー)
パンプスの甲に走らせた白ラインがすっきり感をアピール

パンプスに黒を迎えると、シャープな着映えに仕上がります。黒系のジャケットとのコンビネーションは、人前に出る際に向く組み合わせです。

デンマーク王室のプリンセス(皇太子妃)・Mary(メアリー)は国際会議へ出席するにあたって、このコンビ技を投入。透け感のあるプリント柄ワンピースにジャケットを重ねて、フェミニンと落ち着きのバランスをキープ。黒ジャケット×黒パンプスはビジネスシーンでも重宝するコーディネートです。

■5:品格と清潔感を醸し出す「ホワイトカラー」

小花柄のワンピースを着こなすプリンセス・Victoria(ヴィクトリア)
色数を2色程度に抑えるのは、ロイヤルな着こなしの王道

清楚な雰囲気やイノセントな人柄を示すパンプスは、白に尽きるでしょう。品格や清潔感が漂うのも、王室関係者に好まれる理由です。

スウェーデンの次期国王となる見込みのプリンセス・Victoria(ヴィクトリア)も、白パンプスを上手に使うロイヤルレディーのひとり。会合に出席したこの日は、小花柄プリントが優しげなワンピースをお召しに。白のパンプスが花柄の白と調和して、さらに全体が気高く映っています。


服の分量が減る夏は、視線が靴に向かいやすくなります。靴が装いのムードメーカーとなるだけに、服の魅力をさらに高めるような、ロイヤルレディーたちのパンプス選びからは、おしゃれの選択肢を広げるうえで、貴重な「気づき」がもらえそうです。

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃