アイレットレースやフラワーモチーフを使ったやや甘めテイストの白ワンピースをおしゃれに着こなしていた海外セレブにクローズアップしました。

ただスイートなだけでなく、小物合わせなどで、甘すぎず今っぽいムードに着こなしていたので、必見です。

ナチュラルで軽やかさ十分な「白ワンピーススタイル」5選

■1:甘めなレース&パフスリーブを、赤リップとレオパードサンダルで洗練モードに

赤リップだけでなく、極細フレームデザインの辛口サングラスをかけているところも、白ワンピースをシャープに見せています。

モデルのカーリー・クロスは、ややガーリーな雰囲気がする白ワンピースを愛用しています。

レースやパフスリーブなど甘さがありますが、大きくスクエアに開いた胸元には大人っぽくセクシーさが光り、バランスがとれたデザインです。

メイクは赤リップをセレクトし、合わせた足元もフラットなレオパード柄ミュールなので、きりっと引き締まった印象にまとまっています。白ワンピースにモードさを加えたいときに、とても有効なアレンジです。

■2:立体的なフラワーモチーフが上品インパクトを放つ、今どきラグジュアリー

ワンピース自体が個性派のデザインだから、ウッドソールのストラップサンダルは主張がないシンプルなものをコーディネートしています。

アイレットレースのベースの上に、大きめなフラワーモチーフをあしらったワンピースを着用した女優のヴァネッサ・ハジェンズ。

白でもやや色味がグレイッシュトーンなので、大人っぽく洗練されたラグジュアリーさが漂います。太めのストラップを肩に片結びし、背中に長めに垂らしたアレンジもセンスのよさが光って、後ろから見ても美姿を実現。

小さめなクラッチバッグを合わせているので、ドレスアップ感も十分です。

■3:×白パンツの今夏らしいレイヤード技で、こなれた軽快ムードに

足元はシルバーの細ストラップのヒールサンダルを合わせて、切れよく。スタイルアップも期待できます。

モデルのハイディ・クルムは、胸元が大きくV開きになったレースワンピースに、白パンツをコーディネートした姿が目撃されました。

透けないようインナーを合わせれば1枚でも着られるはずですが、パンツに合わせることで今夏らしいレイヤード姿になり、こなれたカジュアルさがアピールできます。ロング丈トップス×パンツのIシルエットはすらりと見えるので、ぜひおすすめしたいバランスです。

■4:ナチュラルな雰囲気で、涼しげに見える上品フェミニンに

ペタンコのトングタイプなら、レースワンピースとテイストミックスになって新鮮です。ヌーディーに見えるベージュなので、裸足感覚で履けます。

白のレースワンピースを着て、ヘアサロンを後にした女優のミンカ・ケリー。

コットン素材×横段のレースは、リラックスムード十分に着こなせます。やや脚のラインが透けて見えて、軽やかで涼しげ。バッグもトングサンダルもキャメル&ベージュという同系色で合わせているので、主張がなくコーディネートの中でワンピースのみが際立ちます。

ワンピースが白、小物が茶系という着こなしなら、簡単にナチュラルさが演出できるからおすすめです。

■5:オフショルダーと大胆なスリットの肌見せ効果で、軽やか&スタイリッシュに

足元はサンダルでなく真っ白なスニーカーを投入したところも、今っぽくスポーティーなコーディネートになってGOODです。

N.Y.の街を颯爽と歩くオリビア・パレルモは、肩を出したオフショルダーのデザイン、スカート部分に深くスリットの入ったアイレットレースという肌見せ感あるタイプを愛用しています。

肩や脚のラインが露出するこんなセクシーなデザインも清潔感ある白だから、フェミニンに見えすぎず、爽やかさ十分です。細ベルトとバッグをブラウン系で統一したところも、黒を合わせるよりまろやかでハイセンスな印象に。

テイストミックスになるミラーサングラスやカラフルなバッグストラップも新鮮です。


5人のセレブとも、ちょっと甘さのある白ワンピースを涼しげでクリーンな印象に着こなしていました。赤リップでモードっぽく見せたり、こなれた感を強調する小物使い、肌見せ効果を上手に取り入れるなど、参考にしたいおしゃれ技に要注目です。

ぜひ、白ワンピースを着るときの参考にしてみてください。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀