足首にストラップを巻きつける華奢デザインのサンダルを愛用する海外セレブが多数パパラッチされています。

なかでも、赤いストラップサンダルをセンスよく取り入れていたセレブは、カジュアル、エレガント、モード、とどんなテイストの着こなしにもオールマイティーに使いこなしていました。

今っぽく見えて、足首がきりっと引き締まって見えるので、ぜひ参考にしてください。

どんなテイストも自由自在!「華奢な赤サンダル」で印象的に、海外セレブの旬スタイル4選

■1:ベーシックなデニムスタイルを、足元の彩りで品よくモードフェミニンに

赤リップだけでなく、指先のネイルにも鮮やかな赤をセレクト。着こなしがモノトーンなので、こんな細かなところも女性らしいアクセントとして際立っています。
赤リップだけでなく、指先のネイルにも鮮やかな赤をセレクト。着こなしがモノトーンなので、こんな細かなところも女性らしいアクセントとして際立っています。

モデルのカーリー・クロスは、黒シャツジャケット×白T×デニムという定番の姿がN.Y.の街中でパパラッチされました。

この日の着こなしの主役は、なんといっても赤いストラップサンダルです。サンダル以外はいたってベーシックかつメンズライクなデザインなので、足元の赤が華やぎポイントに。女性らしいストラップタイプなのも、ここだけ引き立ち、モードな味つけとなって大成功です。

■2:ドレスアップ感ある赤ワンピースには、華奢なストラップサンダルで軽やかさを加味

バッグはあえてイエローをトッピングしています。鮮やかなカラーの色合わせは、ドラマティックになる上級者テクニックです。
バッグはあえてイエローをトッピングしています。鮮やかなカラーの色合わせは、ドラマティックになる上級者テクニックです。

2019年5月、N.Y.の街に現われたときの女優、アン・ハサウェイ。真っ赤なAラインワンピースを堂々と着こなしています。

その足元に選んだサンダルは、赤と淡いピンクがMIXされた流行のデザインです。くるくるとストラップがクロスされるタイプなので、切れのいいアクセントとなっています。足首が引き締まって、細見えするいちばん上の赤いストラップがもたらす効果は絶大です。

■3:赤リップとリンクさせたヌーディーな極細ストラップが、柄ワンピースを新鮮な印象に

凛々しい眉と目力が特徴の彼女は、顔の上部分の濃さに合わせて赤リップを塗ることでバランス良好に。靴とも統一感があってパーフェクト!
凛々しい眉と目力が特徴の彼女は、顔の上部分の濃さに合わせて赤リップを塗ることでバランス良好に。靴とも統一感があってパーフェクト!

モデルのヒラリー・ローダは、変わりドット柄のクラシックなワンピースを纏って、イベントに登場しました。

サンダルはもちろん黒でもマッチしますが、それでは無難にまとまってしまいます。あえて明るめの赤にしたことで、フェミニンさが引き出されてセンスのよさがアピールできます。しかも、華奢なヌーディータイプなので、エレガンス度が確実にアップ。

■4:ジュエル付き主役級サンダルなら、ラフなデニムも今どきモードに

ブランドロゴがセンターにあしらわれたハンドバッグは、クロエのもの。端正なネイビーが全身を爽やかな雰囲気に見せています。
ブランドロゴがセンターにあしらわれたハンドバッグは、クロエのもの。端正なネイビーが全身を爽やかな雰囲気に見せています。

袖にジュエル使いが施されたグラマラスなニットにデニムをコーディネートしていた女優のケイト・ブランシェット。

よく見るとサンダルのストラップ部分にデザインされたジュエル使いが、左右で別の位置に配されています。このちょっとしたアシンメトリーなデザインがモードさを高めてくれる決め手に。デニムをドレスアップさせたいときには、こんなジュエルサンダルを取り入れれば簡単です。


4人のセレブは、シンプルカジュアル、ドレスアップ、モードとさまざまなテイストに赤い華奢サンダルを取り入れていました。華やぎはもちろん、引き締まって見える効果も期待できるので、ぜひお手本にしてみてください。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀