身体を締め付けられないオールインワンは、伸びやかに過ごしたい夏の旅行にうってつけ。足さばきも楽だから、スケジュールを邪魔しません。

着こなしを工夫すれば、ドレスのように優美なムードも演出できそう。メリットを熟知している、世界のセレブリティーはリラックス感と華やかさを兼ね備えた見え具合に仕上げています。

「ツナギ」風に見せない、エレガントテイストのスタイリングテクニックには、「メリハリづくり、フェミニン演出、色柄・素材選び」という黄金の3大ルールがありました。

海外セレブ流!オールインワンで完成する「楽ジュアリー」な着こなし「3大ゴールデンルール」を公開

■1:「立体感」で着やせ効果も発揮!ウエストバッグでつくる「メリハリ テクニック」

黒のオールインワンを着こなすMyleene Klass(マイリーン・クラス)氏
キャミソール形でもカジュアルに見えないよう、ダークトーンで統一

アクティブな印象の強いオールインワンですが、バッグの選び方次第で雰囲気を変えられます。

ミュージシャンのMyleene Klass(マイリーン・クラス)は、黒オールインワンで移動中。荷物が大きいときは、軽快に動きやすいオールインワンが便利です。キャミソール風のフェミニンなウエアに、レザーキルティングのウエストポーチを添えて、上品テイストをプラス。ウエスト周りにあえて起伏をつくって、細感も引き出しています。

■2:「ウエストリボン」に注目!優美に見せる「フェミニン演出 テクニック」

ウェストリボンが際立つオールインワンを着こなすPaz Vega(パス・ベガ)氏
鮮烈レッドの靴で、抜群の差し色効果を発揮

パンツ形のオールインワンはマニッシュに見えやすいのですが、カシュクールやリボンを組み込むと、フェミニンで優美な印象に。

女優のPaz Vega(パス・ベガ)は、黒のオールインワンで、カンヌ国際映画祭に乗り込みました。サテン系の艶やか生地がVネックとウエストベルトに生かされていて、エレガントなムードに。光沢を帯びた生地や、グリッター感あるアクセサリーを添えるだけで、地味色のオールインワンにもリュクスが宿ります。

レンガ色のオールインワンを着こなすKate Bosworth(ケイト・ボスワース)氏
デコルテ周りをきれいに見せるカッティングで、フェミニン感をアップ

全体がワントーンでまとまるオールインワンだから、ボリューム袖やウエストリボンで動きを加える演出が効果的です。

女優のKate Bosworth(ケイト・ボスワース)がまとった、レンガ色のオールインワンも凝ったディテールです。たっぷりと量感を持たせた「袖コンシャス」に加え、共布のベルトリボンでウエストをすっきり見せ。シルエットはワイドパンツで、優美な雰囲気も引き出しています。飛行機を降りて、そのままディナーに行けそうな、艶やかで大人っぽい装いです。

■3:「視線を奪う小技」でドレッシーにアレンジ!「色柄・素材選び テクニック」

レザーのオールインワンを着こなすRomee Strijd(ロミー・ストリド)氏
細い肩ストラップと斜め掛けにしたバッグ使いでスレンダー感を強調

無地が多いオールインワンですが、質感や色・柄で変化を出すと、ドラマティックな着映えに仕上げられます。

モデルのRomee Strijd(ロミー・ストリド)は、全体に光沢を帯びたレザーのオールインワンで、南仏のニースに到着。腰に巻いた白いスウェットが、黒革の艶めきを引き立てています。白スニーカーも含めて、シックなツートーンにまとめました。スウェットは温度に応じて、サッとはおることもできる重宝ピースです。

ドット柄のオールインワンを着こなすJessica Biel(ジェシカ・ビール)氏
足元は白スニーカーで、気負わない雰囲気に

柄を配したオールインワンは、ドレッシーな雰囲気を醸し出します。腰から下がパンツ姿でも、ワンピース風に映るので、着て行けるシーンが広がります。

女優のJessica Biel(ジェシカ・ビール)は、細かいドット柄を全体に散らしたオールインワンをチョイス。着こなしのポイントは、ウエストマークした細いベルト。シルエットにメリハリが加わりました。さらに、ロングコートをはおって、縦長シルエットを強調しています。


オールインワンは動きやすいから、バケーションにはぴったりの装い。今回は、「ツナギ」風に見せないエレガントテイストのスタイリングテクニックとして、「メリハリづくり、フェミニン演出、色柄・素材選び」という黄金の3大ルールをご紹介しました。

セレブリティーが披露してくれたこれらのアレンジ技を参考に、優美さとリラックス感が両立したバケーションルックを楽しんでみては。

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃