英国のアイコンとして注目が集まるキャサリン妃とメーガン妃。当然、ふたりのメイクにも世界中の女性からの注目が集まっています。

そんなふたりのロイヤルメイクのポイントを、Precious.jp内の連載企画「美人見えエイジレスメイク」でも大人気、ヘア&メイク長井かおりさんが分析。

注目のロイヤルメイクに近づけるおすすめコスメを、秋の新作からリコメンド。まずは、ベースメイクをご紹介いたします。

きちんと感のある「マット肌」キャサリン妃 、ヘルシーさが魅力の「ツヤ肌」メーガン妃

「ふたりの肌づくりはとても対照的です。シミやくすみなどをていねいにカバーし、きちんと感の肌に仕上げたキャサリン妃に対して、メーガン妃の肌はそばかすが透けて見えるナチュラルな仕上がりでこなれた印象の肌に」と分析する長井さん。

キャサリン妃とメーガン妃の画像を見ながら、ふたりのメイクを徹底分析するヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさん。

キャサリン妃のようなマットな「きちんと肌」を目ざすならば、オレンジかピンクのコントロールカラーとカバー力のあるパウダリーファンデーションを。コントロールカラーで、ナチュラルな血色感と透明感を肌に与え、均一なトーンに整えたあと、パウダリーファンデーションで仕上げます。キャサリン妃の「きちんと肌」は、オフィスやお呼ばれシーンにぴったり。

一方、メーガン妃のツヤのある「こなれ肌」を目ざすなら、コンシーラーとクッションファンデーションを。どうしてもカバーしたいくすみやシミだけをコンシーラーでカバーしてから、クッションファンデをタッピングしながら肌にのせ、艶やかさと透け感のある肌に。メーガン妃のヘルシーな肌は、オフの日やリゾートなどカジュアルシーンでおすすめです。

次ページ キャサリン肌ファンデはコレ!
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
永谷知也(will creative)、AFLO
EDIT&WRITING :
新田晃与