ワンピース水着ブームが続く中、かっこよくシャープに見えるデザインがありました。

縦や斜めに数色が組み合わされているカラーブロック水着を取り入れれば、大人が理想とする美姿に。そこで、そんなデザインの水着を着ていた4人のセレブにスポットを当てました。海やプールへ遊びに行くときのお手本にしてください。

かっこよくてスタイルもよく見える!カラーブロック水着スタイル4選

■1:縦のIライン効果と鮮やかなカラーブロックがもたらす理想のスタイル

ストラップのないベアトップ型は、日焼け後も気にせずOK。肩や首が均等に日焼けできてきれいです。

モデルのトニー・ガーンがマイアミでバケーションを楽しんでいたときの1カット。

縦のブロック状にカラフルな3カラーがミックスされているので、視覚的にスマートに見えます。色味がピンク~赤~ネイビーと全く異なるから、メリハリがついてシャープに。デザイン自体もシェイプされている分、水着の面積が少ないので、細見えが叶います。

■2:白肌にも似合うブラック&ホワイトのシャープな配色で、水辺でも上品エレガントに

モノトーンの水着なら、ビーチウエアとして白シャツをはおるのがお似合い。ガウン風のデザインならリラックスした印象に。

アシュレー、メアリー=ケイトというふたりの姉をもつ女優のエリザベス・オルセン。

メキシコで見かけられたときは、ブラック&ホワイトの2カラーが斜めにあしらわれた水着姿がスタイリッシュでした。大人が頼れる鉄板配色は、自然とシャープさを生み出してくれます。しかも、日焼けしていない白肌にフィットするところも見逃せません。焼かない派におすすめの一着です。

■3:細見えしたいボディーメイクは、アシンメトリーな辛口カラーブロックが正解

ヘアをお団子にすると、全身のバランスが上がってGOODです。身長もすらっと高く見えます。

スマトラ島沖地震による津波から奇跡的に生還したスーパーモデル、ぺトラ・ネムコヴァ。

カンクンでSNAPされた水着は、ニュアンスが漂うブルーをベースにブラックを組み合わせたシックなものをセレクトしていました。このアシンメトリーのブロッキングがボディーをフラットに見せず、立体的に見せています。
胸元が広く開いているのも、すっきりスマートに見える注目ポイントです。

■4:効果的にホワイトがあしらわれていれば、黒水着にメリハリがついて軽快に

ストラップの付いている位置がセンター寄りなので、ボディーがコンパクトに見える効果ありです。

イギリスのミュージシャン、フィル・コリンズを父にもつ、女優のリリー・コリンズ。

イタリアのリゾートホテルで着ていたのは、ブラックをベースにしたワンピース水着でした。胸元とウエストに部分的にホワイトがデザインされていて、落ち着いた雰囲気ながら、くっきりとした配色によってクールさが際立ちます。露出が少ない場合は、こんなメリハリ配色を選ぶのがおすすめです。


カラーブロックの水着は、健康的に見えることはもちろん、メリハリがついて理想のスタイルに近づくことができます。ぜひ取り入れて、ビーチリゾートへ遊びにいくときに役立ててください。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀