見た目だけではなく、実際に涼しいレースは残暑シーズンに重宝します。上品なワンピースにあしらうと、さらに繊細なムードをまとわせてくれるのも、レースの魅力。世界の王室に連なる王妃やプリンセスは、このレースワンピースのよさを知っていて、品格ルックに取り入れています。

華やぎの赤、クールなブルーなど、それぞれの色ごとに異なる雰囲気に合わせて、着こなしやシーンを選ぶのが、ロイヤルレディーの知恵。さすがのエレガントなコーディネートには納得の工夫が秘められていました。

ロイヤルレディーたちは「カラーレースのワンピース」がお気に入り!品格と華やぎを灯すロイヤルスタイル5選

■1:【赤レース編】艶やかと強さをアピール

赤いワンピースを着こなすQueen Letizia(レティシア王妃)
堂々としたムードを印象づける「オール赤」

鮮やかなオールレッドのワンピースは、艶やかさに加えて、芯の強さやロイヤルな品格も印象づけてくれます。赤のトーンを適度にやわらげるうえで、レースは好相性です。

スペインのQueen Letizia(レティシア王妃)は、国際機関の行事に、赤レースの膝丈ワンピースで出席。こういった晴れやかな場面や、男性が多いシーンで、華やぎを演出するのにぴったりな選択です。赤の押し出しが効いているので、ノースリーブでも気品が保たれています。ウエストを絞った「フィット&フレア」のシルエットが優美な輪郭を描き出しました。

■2:【ネイビーレース編】すっきりクールな量感コーデ

ネイビーのワンピースを着こなすQueen Maxima(マキシマ王妃)
ネイビーが知的でクールなイメージを演出

王室関係者に好まれる色の代表格がネイビーでしょう。落ち着きや品格を兼ね備えているので、かしこまった席でも上品な印象に。レースと組み合わせると、程よい軽やかさが加わって、サマールックにも使いやすくなります。

オランダのQueen Maxima(マキシマ王妃)が選んだのは、透かし演出を取り入れた、ネイビーのレースワンピース。うっすらと透けているので、優しい雰囲気も漂う仕掛けです。コンパクトなベージュのニットカーディガンを、ジャケット感覚ではおって、穏やかなトーンに整えました。バッグ、シューズもベージュでそろえて、やわらかいムードにまとめています。

■3:【パープルレース編】高貴さとエレガンスを印象づけ

パープルのワンピースを着こなすQueen Rania(ラニア王妃)
量感の豊かな服も、レースが重たさを軽減

紫は扱いが難しい色と思われがちですが、軽やかにまといやすくするうえでも、レースが効果的です。もともと高貴なムードを帯びた色だけに、ロイヤルな女性たちはパープル系の装いを好む傾向があります。

ヨルダンのQueen Rania(ラーニア王妃)は、外国への公式訪問にあたって、総レースのパープルドレスを選びました。たっぷりした長袖ベルスリーブのレース越しに光が通って、エアリーなたたずまいに。いかにも王妃らしいエレガンスと格上感を印象付けました。こういった濃いめの色味でも、総レースのおかげで、軽やかな見栄えに映っています。

■4:【ピンクレース編】総柄タイプで大人フェミニンな風情に

ピンクのワンピースを着こなすCrown Princess Mary(クラウンプリンセス・メアリー)
ローウエストでの切り替えシルエットでメリハリを強調

単色・無地のワンピースは、シックな雰囲気に仕上げやすいウエアですが、総柄タイプを選ぶと、フェミニンな表情が濃くなります。レースとのコンビネーションで、一段とたおやかな風情に。

デンマーク王室の皇太子妃、Crown Princess Mary(クラウン プリンセス・メアリー)は、ピンクの小花モチーフがロマンティックなワンピースに身を包みました。裾の縁取りレースは白で、清潔感やノーブルさを漂わせています。タイトめの五分丈の袖がシルエットをすっきり引き締めました。

■5:【ホワイトレース編】気高く清らかな別格イメージに

白のワンピースを着こなすLady Kitty Spencer(レディー・キティ・スペンサー)
オールホワイトのレースワンピースはノーブルの極み

王室レディーらしい気高さを感じさせる装いには、純白のワンピースがうってつけです。繊細なレースはホワイトルックに、清楚なムードも帯びさせてくれます。

ダイアナ妃の姪にあたるLady Kitty Spencer(レディー・キティ・スペンサー)は、ケープ風の肩飾りが付いた白ワンピースでお出まし。クラシックな仕立てならではのドレッシーな着映えは清らかでありつつ、品格が寄り添います。コーディネートの決め手は、引き締め色の黒投入。バッグとシューズのシックな黒がワンピースの白を爽やかに引き立てています。


レースのワンピースは適度に風を通すから、暑さが残る秋の終わりまで使いやすい、重宝なウエアです。ジャケットやカーディガンなどのはおり物とも好相性を発揮。かしこまった場面以外でも、足元にスニーカーやブーツを迎えて、着回しが利くので、ロイヤルなスタイリングを参考に着こなしレパートリーを広げてみてはいかがでしょう。

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃