ラグジュアリーマガジン『Men's Precious』や『Precious』でもおなじみの、イタリアを代表するファッションブランド「キートン(Kiton)」。

イタリアの至高の家具ブランド「ポルトローナ・フラウ(Portlona Frau)」とコラボションした展示イベントが、2019年9月13日(金)~10月1日(火)の期間中、キートン 銀座店で開催することが決定しました。

ポルトローナ・フラウってどんなブランド?

2018年3月に、ポルトローナ・フラウ東京青山がオープン。ミケーレ・デ・ルッキの作品の他、歴代のモデルやインテリアアクセサリーが展示
2018年3月に、ポルトローナ・フラウ東京青山がオープン。ミケーレ・デ・ルッキの作品の他、歴代のモデルやインテリアアクセサリーが展示

1912年にイタリアのトリノで創業。職人の手によりつくられる上質な家具は、1926年にイタリア王室に御用達の指名を受けて以来、ステイタスシンボルとしての地位を確立しています。

伝統的なコレクションと、著名デザイナーや建築家による最新のモダンコレクションを持ち、伝統を大切にしながらも新しいものへ挑戦するポルトローナ・フラウと、最高品質の素材と熟練した職人たちの技術で"世界一美しい服"を目指すキートン。

ロベルト ラッツェロォーニ氏のデザインによる 「Nivola」。コンパクト且つ上品な佇まいで、住宅・店舗問わず幅広く愛されています。
ロベルト ラッツェロォーニ氏のデザインによる 「Nivola」。コンパクト且つ上品な佇まいで、住宅・店舗問わず幅広く愛されています。

キートン 銀座店のインテリアの監修を手がける、イタリアを代表する工業デザイナー、ミケーレ・デ・ルッキ氏が、ポルトローナ・フラウでプロダクトデザインを手がけていることから、この同じ志を持つふたつのブランドのコラボレーションが実現しました。

製造終了した伝説のソファーなど、ポルトローナ・フラウの歴史が凝縮

インテリアはミケーレ・デ・ルッキ氏監修によるキートン 銀座店。メンズ、ウィメンズが揃う、日本におけるキートンの旗艦店。
インテリアはミケーレ・デ・ルッキ氏監修によるキートン 銀座店。メンズ、ウィメンズが揃う、日本におけるキートンの旗艦店。

今回の展示会「Poltrona Frau Exhibition at Kiton Ginza」では、ミケーレ・デ・ルッキ氏のデザインによるソファー「オリオーネ」も登場。

このソファーはイタリアではすでに製造終了し、日本で製品として見られる最後の1本という、まさに幻のアイテム。

さらに「イタリア建築・デザインの父」と称されるデザイナー、ジオ・ポンティ氏の代表作であるソファー「Dezza」なども展示。

ジオ ポンティ氏によって1965 年にデザインされた「Dezza」。
ジオ ポンティ氏によって1965 年にデザインされた「Dezza」。

ほかにも、ポルトローナ・フラウの歴史を象徴するデザイナーの作品が一堂に展示され、インテリア愛好家にとっては必見の展示内容となっています。

エレガントかつ機能美に満ちた、イタリアンインテリアの最高峰を、実際に目にできるこの機会をお見逃しなく!

Poltrona Frau Exhibition at Kiton Ginza

会期/2019年9月13日(金)~10月1日(火)
会場/キートン 銀座店
営業時間/11:00~21:00
TEL: 03-3573-6053
住所/東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座1F 

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。