着こなしの「常識」が次々と書き換えられつつあります。たとえば、おなじみのカーディガンも例外ではありません。重ね着に使うのではなく、単独でシャツのように着る「1枚使い」が広がっています。かさばらない分、スタイルアップの効果が期待できるのも、世界のセレブリティーに人気の理由。

上半身をすっきりコンパクトに見せるには、「ボトムス選び」「色ずらし」「ウエストイン」などのテクニックが効果的です。おしゃれ上手たちのお手本ルックには、これらのスタイリング技がしっかり生かされています。

カーディガンは1枚で着るのが新しい!細見え効果絶大の「羽織らない」最旬コーデ5選

■1:スリムラインをメイクする「タイトスカート」は絶好パートナー

Vネックのカーディガンを着こなすKaia Gerber(カイア・ガーバー)氏
スニーカーで合わせて、軽やかなムードに

タイトスカートとの組み合わせは、カーディガン姿を細見えさせるうえで、最高のコンビネーションです。短め丈のカーディガンを選ぶと、コンパクトに見せやすくなります。

モデルのKaia Gerber(カイア・ガーバー)は、Vネックのカーディガンを素肌にサラリとまといました。ボディーにフィットするサイズ感の1枚使いは、かさばりを遠ざけてくれます。袖をまくって、腕もすっきり。無地カーディガンと柄物スカートのマッチングは、上半身をシャープに演出。タイトスカートに接する、一番下のボタンをはずすと、スカートとの間に三角形の空間が生まれ、細感がアップします。

■2:「きっちりウエストイン×たるませブラウジング」でスタイルアップ

赤のカーディガンを着こなすAlexa Chung(アレクサ・チャン)氏
赤と黒の対称的な色合わせでマチュアな着映えに

細身パンツもカーディガンコーデの好パートナーです。裾をウエストインすれば、さらにシャープな着映えに仕上がります。

ファッションアイコンのAlexa Chung(アレクサ・チャン)は、赤のニットカーディガンでパーティーに登場。艶やかな色を選んで、華やかなシーンにもなじむカーディガン姿に整えました。カーディガンの裾を、きっちりウエストインしながら、少しだけたるませる「ブラウジング」は、ウエストの細感を印象づけるテクニック。黒系のパンツはスレンダーなイメージを強調する効果大です。

■3:上半身をスッキリ見せる「引き締めブラック」でメリハリボディーへ

黒のカーディガンを着こなすReese Witherspooon(リース・ウィザースプーン)氏
先のとがったポインティッドトゥのパンプスで足元も引き締めて

デイリーな印象のあるカーディガンを格上げするには、ボタンをはじめとするディテールが肝心です。黒主体のスタイリングはシックなまとまりを生んでくれます。

黒を選んで、カーディガン姿を引き締めたのは、女優のReese Witherspooon(リース・ウィザースプーン)。気品を帯びたパールモチーフのボタンが華やぎを添えています。アクセサリーをつけなくても、ビジューが品格をアップ。ジーンズとの合わせでも、優美な見え具合に。Vゾーンが細めのおかげで、首が長く見えています。手首の上あたりまで肌を見せるのも、すっきり見せる小技です。

■4:くびれを強調する「正面だけウエストイン」するテクニック

黒のカーディガンを着こなすEmma Roberts(エマ・ロバーツ)氏
大きめバッグの肩掛けも、スレンダー感を引き出すポイントに

全体をダークトーンでまとめるのは、見た目のボリュームを抑え込むうえで効果的な色選びです。ボトムスのほうを薄めの色味にすれば、上半身をタイトに演出できます。

女優のEmma Roberts(エマ・ロバーツ)は、黒のカーディガンを1枚で着用。ノーネックレスでVラインを印象づけています。パンツとの濃淡が際立って、装いに深みが生まれました。注目したいテクニックは、トップス裾を正面だけウエストインしているところ。正面以外はあふれさせているので、腰周りが細く映っています。のどかでエフォートレスなムードまで醸し出す、巧みな「抜け感」プロデュース術です。

■5:シャツのように「ウエストイン」してハイウエスト効果を狙う

丸首のカーディガンを着こなすBella Thorne(ベラ・ソーン)氏
ヌードカラーのバッグとパンプスで女っぽさも添えて

裾をウエストアウトして、「羽織り物」として着る印象が強いカーディガンですが、しっかりウエストインすれば、コンパクトな着映えにシフト。股上の深いハイウエスト、ハイライズのボトムスと組み合わせると、ほとんどシャツのように着こなせます。

女優のBella Thorne(ベラ・ソーン)は、丸首カーディガンをジーンズにイン。まるでTシャツのような着映えにアレンジしました。素肌に直接着て第2ボタンまで開け、伸びやかな印象に。さり気なくのぞかせた胸元にネックレスを配して、ゴージャス感も添えています。ブランドロゴを上下に配して、カジュアルでリュクスな、テイストミックスにまとめ上げました。


「カーディガン=羽織り物」という思い込みを離れて、1枚で着てボリュームを抑え込めば、全く別の着回しパターンが手に入ります。細感も得られて、一石二鳥のアレンジなので、秋からのレパートリーに加えてみませんか。

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃