きちんとしたスーツやワンピースに合わせるのではなく、首元に巻いたスカーフを、デイリーなカジュアルに合わせて着こなしのこなれたアクセントにしている、おしゃれな海外セレブが目立っていました。

きれい色のスカーフをプラスするだけで簡単におしゃれっぽさが高まるので、ぜひお手本にしたいスタイリングです。

女性らしいアクセントづけに!スカーフの「コンパクト巻き」コーディネート4選

■1:インディゴに映える赤のバンダナで、カジュアルな愛らしさを香らせて

足元はスニーカーをコーディネートして、軽快スポーティーにまとめています。足首の細い部分が見えていて、全身のバランスも良好。
足元はスニーカーをコーディネートして、軽快スポーティーにまとめています。足首の細い部分が見えていて、全身のバランスも良好。

女優のケイティ・ホームズがN.Y.でSNAPされたプライベートショットです。デニム素材の薄手のコートを主役に、インには白トップス×デニムでヘルシーなカジュアルを楽しんでいました。

着こなしのなかで女性らしさは、赤のバッグと首元に巻いたスカーフで香らせています。1点だけだとちょっと物足りない感じがするので、顔周りのバンダナ風のスカーフのあしらいが華やかさにつながっています。

デニム×白×赤というトリコロール風のあしらいになり、爽やかな着こなしが実現。

■2:キャメルジャケットにシックな彩りを効かせて、さりげなくモードな雰囲気に

小さめポシェットの斜めがけで両手があいて、アクティブさがUP。淡いブルーがフェミニンなアクセントづけにも。
小さめポシェットの斜めがけで両手があいて、アクティブさがUP。淡いブルーがフェミニンなアクセントづけにも。

ヴィクトリア・シークレットのエンジェルを務めたことで注目を集め、人気モデルになったマーサ・ハント。

キャメルのジャケットにデニムを合わせた秋らしい正統派カジュアルに身を包んだこの日は、グリーン×パープルのスカーフを首元にONし、センスよくまとめています。

このスカーフの秋らしい彩りがシックな華やぎになって、着こなしに大人っぽくリッチさが加わっています。
ミニサイズポシェットやショートブーツなど、切れのいい小物合わせのテクニックも見逃せません。

■3:モノトーンのスタイリングに奥行きを加える、軽快なストライプスカーフ

白ニットにリンクさせた白スニーカーの合わせがおしゃれなアプローチに。こなれたスポーツテイストを感じさせています。
白ニットにリンクさせた白スニーカーの合わせがおしゃれなアプローチに。こなれたスポーツテイストを感じさせています。

オランダ出身のモデル、ドウツェン・クロースがN.Y.のホテルから出てきたときのカットです。

ネイビーのコートとコーディネートした白ニット×パンツは、ややオーバーサイズでリラックス感が漂っています。このベーシックアイテム同士の合わせが、ジャストサイズだと堅い印象になりますが、ゆるっと着こなしているので新鮮。

仕上げに巻いたストライプのスカーフがハイセンスな印象をもたらし、全体にリズミカルなアクセントに。首元に視線が集まり、視覚的にもバランスがいいコーディネートが完成します。

手持ちのアイテムで簡単に楽しめる技なので、ぜひお試しください。

■4:ロゴスエットを女性らしく、スタイリッシュに仕上げるのに、コンパクトなスカーフは最適なテクニック!

バッグは赤のチェーンショルダーをプラスして、フェミニンさを加味しています。色味のないデニムカジュアルでも、おしゃれっぽくグレードアップ。
バッグは赤のチェーンショルダーをプラスして、フェミニンさを加味しています。色味のないデニムカジュアルでも、おしゃれっぽくグレードアップ。

Tシャツをはじめ、トップスで人気のRadarte(ロダルテ)のロゴスエットを愛用している、女優のキルスティン・ダンスト。

グレースエット×デニムだとちょっと若い印象に。そこで効果を発揮するのが、首にちょこんと巻いたスカーフ。このちょっとしたあしらいが、ただのスポーティーに終わらせず、スタイリッシュなムードをもたらしています。

スカーフもこのくらいのサイズだと大げさに見えず、ちょうどいい塩梅のモード感をアピールできます。


スカーフを首元にプラスするだけで、明るく軽快さが加味されて、カジュアルなスタイリングが女性らしくグレードアップされていました。

ぜひセレブたちのおしゃれテクニックを参考にして、秋の着こなしに取り入れてみてください。

コンパクトなスカーフの関連記事

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀