世界の王妃やプリンセスが頻繁に選ぶボトムスのひとつに「プリーツスカート」があります。きちんと感と気品を与えてくれるだけでなく、細感を印象付けてくれるという点でも、ロイヤルファミリーたちに支持されている様子。

王室ルックに共通しているのは、プリーツを生かした細長いシルエットづくり。秋冬コーデをシャープに演出するうえで役立つロイヤル技はさすがの知恵に裏打ちされています。

着痩せ効果もある「プリーツスカート」が上品スタイルの切り札!ロイヤルなお仕事スタイル5選

■1:マイルド&上品な印象へと導く「大胆柄のプリーツ」スカート

トップスを無地にすると、華やかなスカートが際立ちます
デンマーク王室のメアリー皇太子妃。トップスを無地にして、華やかなスカートを際立たせて

艶やかな大胆プリントをスカートに迎えるのは、華やかすぎないか、そのバランス感が心配になることも。そんなときにはプリーツ加工されたスカートを選べば、落ち着いたレディー感が備わります。

デンマーク王室のメアリー皇太子妃(Princess Mary)は、赤主体のグラマラス柄スカートでお出まし。華やかな色味なのに、きつく見えないのは、プリーツのおかげ。細かいひだがシャープできりっとした見栄えに導いています。

袖にふくらみを持たせた無地のニットトップスで合わせて、しとやかさをプラス。足元はスカートと同系色のロングブーツで色を統一し、まとまり感を出しています。

■2:引き締め効果が倍増する「モノトーンカラーのプリーツ」スカート

ふくらはぎ下まで隠すロング丈がプリーツの縦落ち感をアップ
スウェーデンのプリンセス・ソフィア。ふくらはぎの下まで隠すロング丈が、プリーツの縦落ち感をアップ

ネイビーやブラックなどのダークカラーは、もともとシルエットの見た目を引き締める働きがあります。細め幅のプリーツとの相性も抜群。ロングスカートに生かすのが、細長効果を最大に引き出すコツです。

スウェーデンのカール・フィリップ王子のお妃、プリンセス・ソフィア(Princess Sofia)は、ネイビーのプリーツスカートをチョイス。膝から裾にかけては、黒に切り替えて、一段と深みが増しています。ウエストに巻いた細ベルトとあいまって、いっそう引き締まった印象に。パンプスも黒でそろえて、シックにまとめ上げています。

■3:華やかさと奥行きを引き出す「ゴールドカラーのプリーツ」スカート

ロングブーツで膝から下を隠すのは、この秋冬にマスト級のアレンジ
スペインのレティシア王妃。ロングブーツで膝から下を隠すのは、この秋冬にマスト級のアレンジ

プリーツはひだの陰影が持ち味。まばゆいゴールドは、影が加わると、味わいが増すから、プリーツスカートにぴったり。ピカピカのゴールドより、少し渋めの色味が効果的です。

セレモニーに出席したスペインのレティシア王妃(Queen Leitizia)は、つや消しゴールドのスカートで、さすがの威厳を醸し出しました。リッチな印象に、プリーツが程よく影を添えています。

ゴールドでも派手すぎて見えないのは、プリーツが持つ「きちんと感」のおかげ。トップスとアウターを黒でまとめて、全体を気品ルックに整えているのがさすがです。

■4:軽やかで女性らしい「透け感素材のプリーツ」スカート

適度な透け感がプリーツスカートを軽やかな印象に見せています
ヨルダン王室のラーニア王妃。軽やかな印象に見せる適度な透け感

プリーツにはすっきりしたイメージがあるので、甘めの色を選んでも、大人女性にマッチ。たとえば、ガーリーに見えがちなピンクでも、プリーツスカートとのミックスで、上品に着映えます。

ヨルダン王室のラーニア王妃(Queen Rania)は王室同士のロイヤルな会合に、オールピンクの装いで登場。ノーブルなボウタイブラウスと、極細ひだのプリーツスカートのツーピース。淡いピンクだから、気品が保たれています。ストライプ柄ブラウスとボウタイに、スカートのプリーツが縦落ちイメージを上乗せしました。

■5:足長効果を発揮する「マーメイドラインのプリーツ」スカート

コンパクトなトップスが、優美なスカートとのメリハリを演出
英国王室のメーガン妃。コンパクトなトップスが、優美なスカートとのメリハリを演出

布をたっぷり使ったプリーツスカートは、エレガントな装いに導いてくれます。ひだの表と裏で色のトーンが変わると、さらに動きがアップ。同系色のトップスと合わせた濃淡な「ワントーンコーディネート」は、2019年秋冬のいちばんのトレンドと言っても過言ではない組み合わせ。

英国王室のメーガン妃(Meghan, the Duchess of Sussex)は、高貴なロイヤルブルーをまとい、にこやかに握手。プリーツスカートならではのオーソドックス感は、公の場にふさわしい雰囲気。プリーツがヒップ下あたりから入り、ハイウエストも効いているので、脚長効果も発揮しています。


今回は、デイリーのお仕事スタイルのお手本にしたい、ロイヤルレディーのプリーツスカートの着こなしに注目しました。脚運びにつれてフェミニンに揺らめく動きも、プリーツスカートの魅力です。縦長イメージの欲しい秋冬の着こなしに取り入れて、ほっそりシルエットを印象づけてください。

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃