ブラウンカラー(茶色)のズボン(パンツ)を取り入れたコーディネートを、雑誌『Precious』からピックしてお届けします。アースカラーを上品に昇華させる、大人のためのスタイリングが満載です。毎日の着こなしのアイディアのインスピレーションになれば幸いです。

【目次】

レディース茶色ズボンコーデ


【1】茶色ズボン×茶色コート×黒ニット

コート・ニット(ブラミンク)、ebureのパンツ・メゾン ボネットのベルト(ebure)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート・ニット(ブラミンク)、ebureのパンツ・メゾン ボネットのベルト(ebure)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

すべてを濃厚なチョコレート色に統一しつつも、パンツには赤みのあるブラウン、バッグはナチュラルと、同じブラウン系で色をずらしていることに注目。ダークなアウターには、インナーを白にして抜け感を出したいところですが、コートと同色でなじませると、こんなにも大人っぽく決まることを発見! 

【2】茶色ズボン×茶色コート×茶色ニット

コート・ニット・パンツ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス・ペンダント・ネックレス・バングル(ステディ スタディ〈トムウッド〉) 撮影/CHITO BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート・ニット・パンツ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス・ペンダント・ネックレス・バングル(ステディ スタディ〈トムウッド〉) 撮影/CHITO BY:『Precious11月号』小学館、2019年

シャカシャカとした軽量ファブリックのトレンチコートと、ふっくらなめらかなシルクカシミアニット、シャンブレー風の織り地で表情のあるストレートパンツ…。流行のブリック(赤茶・レンガ)カラーでつなげた「ワントーン」は、異なる質感のミックスを堪能。ミラノの街に溶け込むような難易度の高いコク色を、一気におしゃれに見せてくれます。

【3】茶色ズボン×ベージュコート×白シャツ

コート (コロネット〈グレンフェル〉)、シャツ (エスケーパーズ〈ブーリエンヌ〉)、パンツ (スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ピアス・ブレスレット・リング (ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ (トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート (コロネット〈グレンフェル〉)、シャツ (エスケーパーズ〈ブーリエンヌ〉)、パンツ (スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ピアス・ブレスレット・リング (ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ (トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

顔周りに機能的な装飾が多いトレンチは、ネックレスやネクタイ感覚のあしらいで、すっきりと色を差すのがおすすめ。華やかかつ、スマートに仕上がります。スエードのショルダーバッグやキャメル色のインコテックスのパンツを合わせて、レトロな雰囲気を身にまとって。

【4】茶色ズボン×茶色シャツ

パンツ(サポートサーフェス)、シャツ(yoshie inaba)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(リエート〈サントーニ〉)、バングル(ファンエンパイヤ)、めがね(ルックスオティカジャパン〈プラダ〉)、 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年
シャツ(yoshie inaba)、パンツ(サポートサーフェス)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(リエート〈サントーニ〉)、バングル(ファンエンパイヤ)、めがね(ルックスオティカジャパン〈プラダ〉)、 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年

ナツメグカラーのワイドパンツは、トップスも同色でそろえて、海外セレブに人気のカラーセットアップのように。ただしリゾート風になりやすい色なので、小物合わせには注意を。オンタイムで装うときは、端正なレザーのグレージュ小物で、きちんと感を強調しましょう。

【5】茶色ズボン×ピンクブラウス

パンツ・ブラウス(Vince 表参道店〈ヴィンス〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)、ピアス・リング(アルテミス・ジョイエリ)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、 サングラス(シャネル アイウェア事業部〈シャネル〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2019年
パンツ・ブラウス(Vince 表参道店〈ヴィンス〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)、ピアス・リング(アルテミス・ジョイエリ)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、 サングラス(シャネル アイウェア事業部〈シャネル〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2019年

明るい赤みブラウンの「ナツメグ」は、とろみのある生地を選べば信頼感や落ち着きが生まれ、オンタイム仕様に。濃色のパンツと淡色のブラウスがつくる雰囲気抜群のカラー・グラデーションは、遠くからでも視線を奪うかっこよさです。

【6】茶色ズボン×白Tシャツ

Tシャツ(スローン)、モスリンバンダナ『エクスリブリス』・時計・ピアス・レザーブレスレット・シルバーバングル・バッグ(エルメスジャポン)、パンツ( FUN Inc.〈THE IRON〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2019年
Tシャツ(スローン)、モスリンバンダナ『エクスリブリス』・時計・ピアス・レザーブレスレット・シルバーバングル・バッグ(エルメスジャポン)、パンツ( FUN Inc.〈THE IRON〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2019年

モスリンシルクのネイビー×グリーンの55cm角チェック柄スカーフを首元にきゅっと結んで。白Tシャツは、腕をほっそり見せる長めのそでと体を包み込む立体シルエットで、一枚で着ても自信がもてるスローンのもの。白やシルバーの小物で白Tシャツのクリーンな美しさを生かしつつ、リッチな奥行きを演出するのも洗練見えのポイントです。

【7】茶色ズボン×白シャツ

シャツ・パンツ・サングラス・バッグ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2019年
シャツ・パンツ・サングラス・バッグ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2019年

リネンシャツの心地よさを楽しめるのも、この季節の醍醐味。深みのあるマロンカラーのワイドパンツを合わせてミラノマダムさながらの、こなれ感漂う着こなしに。ワイド幅のピンタックが、ナチュラルな風合いの白シャツに凛とした表情をもたらします。ボリュームのあるフレンチスリーブが、二の腕をさりげなくカバーして。

【8】茶色ズボン×茶色コート×茶色シャツ

カシミアウールのコート・シャツ・パンツ・ベルト(三喜商事〈アニオナ〉)、ピアス(ザ・ショーケース バイ デルパン GINZA SIX店〈アイアム バイ イレアナ・マクリ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2019年
カシミアウールのコート・シャツ・パンツ・ベルト(三喜商事〈アニオナ〉)、ピアス(ザ・ショーケース バイ デルパン GINZA SIX店〈アイアム バイ イレアナ・マクリ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2019年

上質の天然素材で知られるブランド・アニオナならではの、とろみ感のあるトレンチコートとワイドパンツの組み合わせ。シャツのように薄く艶やかな織地で、今どきのビッグシルエットが風に舞うように、爽やかな印象を刻んで。

【9】茶色ズボン×イエローニット

ニット・パンツ・バッグ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス・ブレスレット/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
ニット・パンツ・バッグ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス・ブレスレット/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

濃厚なブラウンのパンツには、彩度の高いイエローのニットを合わせて、楽しげな着こなしに。さらりとした質感のニットは、大胆にあしらわれた、波打つようなフリルがアクセント。美しい配色を完成させるには、小物合わせも重要と心得て、バッグと靴はブラウンの濃淡で統一しましょう。

【10】茶色ズボン×茶色ジャケット×ネイビーカットソー

ジャケット・カットソー・パンツ・サングラス・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
ジャケット・カットソー・パンツ・サングラス・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

ブラウン×ネイビーがつくる、ハンサムなコントラストは、ミラネーゼが「アズーロ・エ・マローネ」と呼び、心から愛する配色。リネンのジャケットとパンツは、洗い上がりのような風合いがもち味の「バタビア織」。オーセンティックな香りが漂う、ブラウンのセットアップには、光沢のあるネイビーのカットソーをさらりと合わせて、かっこよく、小粋に。

【11】茶色ズボン×茶色ブルゾン×白ニット

靴(トッズ・ジャパン)、ブルゾン(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ニット(ドレスアンレーヴ〈カピエ〉)、パンツ(アングローバル〈イレーヴ〉)、ピアス・リング(RHC ロンハーマン〈ソフィー モネ〉)、ペンダント・バングル(エスケーパーズ〈タプレイ〉)バッグ(ダニエル&ボブ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年
ブルゾン(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ニット(ドレスアンレーヴ〈カピエ〉)、パンツ(アングローバル〈イレーヴ〉)、ピアス・リング(RHC ロンハーマン〈ソフィー モネ〉)、ペンダント・バングル(エスケーパーズ〈タプレイ〉)バッグ(ダニエル&ボブ ジャパン)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

ノーカラーのレザーブルゾンに、センタープレスのワイドパンツと首の詰まったコンパクトなニットを合わせた、ブラウン主体のパンツコーディネート。ニュアンスカラーのスニーカーを合わせて、カジュアルながらシックな雰囲気に。

【12】茶色ズボン×黒ミリタリーコート

コート・パンツ・バックパック(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート・パンツ・バックパック(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

はっ水、防風性の高いナイロン素材に、内側はシープスキンのファーを使用した、とことん機能性にこだわったミリタリーコートは、サンローランの誇るシグネチャーのひとつ。甘さを徹底的に省いたアウトドアなスタイルに、白いふわもこの表面感がキュートなメンズのバックパックをワンポイントにしつつ、コーデュロイのブラウンカラーの細身パンツを合わせて軽快に。

【13】茶色ズボン×茶色ニット×茶色ブラウス

ニット(ファーは取り外し可)・シャツ・パンツ・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年
ニット(ファーは取り外し可)・シャツ・パンツ・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

まるでマントのように体を覆う、オーバーサイズのローゲージニットは、襟元にフォックスファーをあしらったラグジュアリーなデザイン。シックなチェスナッツブラウンに、シルバーラメを加えているので、動くたびにさりげなく輝きを放ちます。マットなパンツ、艶のあるシルクシャツ…と全身をブラウントーンに統一し、それぞれの微妙な質感の違いを楽しみたい。

【14】茶色ズボン×ネイビーブラウス

パンツ(サポートサーフェス)、ブラウス(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、ピアス(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、バッグ(ロベルタ ディ カメリーノ)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年
ブラウス(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、パンツ(サポートサーフェス)、ピアス(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、バッグ(ロベルタ ディ カメリーノ)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

ネイビーのシルクシャツとキャメルカラーのパンツの組み合わせは、知的で媚のない女性らしさが香る。色調は統一しつつ、ベロアのハンドバッグやパイソンのサンダルでリッチな個性をプラス。端正だけではない、着る人の美意識を感じさせるコーディネートに仕上がります。

サポートサーフェスのパンツは軽くて上品な艶のある、キャメルカラーのウール。上半身をコンパクトに見せるハイウエストが着映えポイント。さりげないワイドシルエットなので、バランスを取りやすいのも特徴です。

【15】茶色ズボン×ベージュジャケット×白ニット

ジャケット(アクネ ストゥディオズ アオヤマ〈アクネ ストゥディオズ〉)、ニット(ebure)、パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ネックレス(TASAKI〈TSAKI〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/唐澤光也・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2018年
ジャケット(アクネ ストゥディオズ アオヤマ〈アクネ ストゥディオズ〉)、ニット(ebure)、パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ネックレス(TASAKI〈TSAKI〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/唐澤光也・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ダンディなピークラペルやシングルブレスト、センターベント、内ポケット…。メンズライクな要素を、オーバーサイズという最旬のバランスでモードに昇華したジャケットに、流行のワイドパンツを合わせて、迫力モードに。その一方で、襟元にパールネックレスを配して、クラシカルなラグジュアリー感を添えるのが大人の流儀。

レディース焦げ茶色ズボンコーデ


【1】焦げ茶色ズボン×茶色ブラウス

撮影/©Afro BY:『Precious9月号』小学館、2019年
撮影/©Afro BY:『Precious9月号』小学館、2019年

「フェミニンブラウス×ハイウエストパンツ」の代表は、このフェンディのコレクションルック。プルオーバータイプのブラウスと、ワイドすぎないすらりとしたシルエットのパンツを合わせるだけで、2019年の秋冬らしい、クラシックでエレガントな雰囲気に。

【2】焦げ茶色ズボン×ベージュマント

マント・グローブ・パンツ/ともに参考商品(エトロ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious12月号』小学館、2018年
マント・グローブ・パンツ/ともに参考商品(エトロ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

エスニックなペイズリー柄を大胆にあしらったカシミアマントは、冬のカジュアルを優雅に仕上げるとっておきのアイテム。ふんわりとまとうだけで様になる華やかなシルエットに、ベージュ×黒のシックカラーと、襟元のファーで洗練を極めて。

【3】焦げ茶色ズボン×白シャツ

パンツ(アマン〈アンスクリア〉)、バンフォードのシャツ ・アリュードのストール(三喜商事)、ピアス(カドー伊勢丹新宿店)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年
バンフォードのシャツ ・アリュードのストール(三喜商事)、パンツ(アマン〈アンスクリア〉)、ピアス(カドー伊勢丹新宿店)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

白シャツ+「新細身パンツ」で旬バランスの知的スタイルを完成。ストイックな印象になりすぎないように小物で遊ぶのが、おしゃれの鍛錬を積んだ大人の流儀です。

型押しレザー×リネンの対比が爽やかなボストンバッグと、たっぷり配したフリンジが足元を彩るサンダルを投入し、質感にもシルエットにもメリハリを。パンツはしなやかでストレッチのきいたビスコース混素材。シンプルなウエスト周りには、白いステッチが抜け感をプラス。センタープレスがまっすぐな脚線を後押ししてくれます。

茶色ズボンコーデの関連記事