チェック柄のジャケットは、ブリティッシュテイストが濃く、「きちんと感」の高いアイテムです。サラリとはおるだけで、コーディネートに品格が備わるから、デニムパンツの着回しパートナーにぴったり。クラシックなテイストが盛り上がっている2019年の秋冬の着こなしにこそ、重宝するアウターの代表と言えます。

そして、デニム姿をいつもとは違う、凛とした雰囲気に仕上げる整え方は、世界のセレブリティたちが得意とするところ。「チェック柄ジャケット×デニムパンツ」の着こなし技を身につければ、ジャケットコーデの出番を何倍にも増やしてくれそうです。

いま役立つのは「ジャケット×デニムパンツ」の新・黄金コーデ! 海外セレブのお手本スタイル5選

■1:「ブラウン」を全体にまぶして、リッチに見える秋冬コーデに

アイキャッチーなミニバッグも装いのアクセントに
アイキャッチーなミニバッグも装いのアクセントに

チェック柄のジャケットには、もともと落ち着きが備わっているので、残りのアイテムと色味をそろえれば、いっそう穏やかにまとまります。秋の装いにはブラウン系のオータムカラーがぴったりです。

女優のNina Dobrev(ニーナ・ドブレフ)は、チェック柄ジャケットをキーアイテムに迎えた装いで、ホテル リッツ パリからお出かけ。ジャケットになじませる感じで、トップスにブラウンカラーを取り入れていました。カットソー、バッグ、シューズを、微妙にトーンの異なる茶系でまとめて、リュクスな着映えに。ストレートのデニムパンツが、マスキュリンな雰囲気も添えています。

■2:最旬のこなれスタイルへと導く「黒」で、スッキリ&スマートに!

ジャケット袖をまくり上げて、裏地の黒をのぞかせる小技も効果的
ジャケット袖をまくり上げて、裏地の黒をのぞかせる小技も効果的

ダブルブレストのジャケットは、本格感が強いから、ボトムスでカジュアルダウンしやすいという利点もあります。たとえば、デニムパンツとのマッチングもOK。かえってこなれ感が高まります。前を開けて、細感を引き出すのも、賢い着方です。

ジャケットの前を開けて、ゆったりと着こなしたのは、伝説的スーパーモデルのCindy Crawford(シンディ・クロフォード)。洗いをかけたデニムパンツで合わせ、気負わない着映えに整えています。Vネック・トップスとスニーカーにブラックを配して、装いのアクセントに。全体の雰囲気をクールに引き締める効果も発揮しています。

■3:「しなやかなトップス&旬のバッグ選び」で女性らしい華やかさをプラス

デコルテを広めに見せて、抜け感を演出
デコルテを広めに見せて、抜け感を演出

正統派イメージを帯びているから、きれいめのスタイリングに使いやすいのも、チェック柄ジャケットのいいところ。リュクスなバッグを組み込めば、カジュアルアイテムとのコーデでも、品格をキープできます。

女優のLucy Hale(ルーシー・ヘイル)は、シンプルな白カットソーの上から、チェック柄ジャケットをはおり、L.A.セレブ風の着こなしに仕上げました。あまり癖のないトップスが、ジャケットのオーソドックス感を引き立ています。ボトムスはデニムパンツを選んで、意外なバランスに。クラス感の高いグッチのバッグが、格上イメージを漂わせています。

■4:「黒&ゴールド」というトレンドを意識した小物選びで「グラマラス」なムードに

バッグのパープルがトレンドカラーの差し色に
バッグのパープルがトレンドカラーの差し色に

今秋冬のトレンドは「グラマラス」のテイストが勢いづいています。ジャケットルックにゴージャス感を上乗せするには、ゴールドチェーンが使えます。ゴールドを引き立てる、黒系ウエアとのミックスがおすすめです。

黒のパンツルックに、チェック柄ジャケットを重ねて、シックな着映えにまとめたのは、女優・モデルのAshley Benson(アシュレイ・ベンソン)。さらに、ゴールドのチェーンネックレスを長く垂らして、クラシックなジャケットを華やかに格上げ。斜め掛けのバッグと、マニッシュな黒革シューズにもゴールドチェーンをあしらって、程よくグリッターな装いに仕上げました。

■5:「ハイカットスニーカー」でジャケットを着くずしつつ、軽快に

メンズライクなジャケットとパンツで凜々しいムードに
メンズライクなジャケットとパンツで凜々しいムードに

ジャケット特有のかしこまった印象を崩すのは、今の着こなし方のポイントです。足元にスニーカーを迎えれば、スポーティーな軽やかさも呼び込めます。

シンディ・クロフォードの娘で、モデルのKaia Gerber(カイア・ガーバー)は、大人っぽいジャケット姿でニューヨークの街へ。あえてハイカットのスニーカーを履いて、足元をアクティブにアレンジ。トップスとデニムパンツを黒でそろえ、ジャケットの上質感を際立たせていました。


テーラードジャケットのブームは、まだまだ続きそうな気配。お仕事ルックの普段使いに役立つから、デニムパンツと合わせた着回しバリエーションも、今後ますます人気が高まりそう。ジャケットの出番を手軽に増やせるから、活用しない手はありません。今回ご紹介した海外セレブのお手本コーデを参考に、自分好みのジャケットスタイルにトライしてみてはいかがでしょうか?

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃