ロングブーツにも、ショートブーツにも注目が集まっている今シーズン。どのようなボトムに合わせて履きこなすとおしゃれに見えるのか?実例やバランスをチェックしておきたいものです。そこで、海外セレブのおしゃれSNAPから、お手本にしたい「ベーシックカラーの服をメインに使用した、ショートブーツのスタイリング」を研究してみました。

モデルのカーリー・クロス、女優のアンジェリーナ・ジョリー、歌手兼女優のキャサリン・マクフィー、ソーシャライツのオリビア・パレルモの4人の着こなしを参考に、上品かつこなれて見せられる「ブーツ・コーディネート」を実践してみましょう!

モードさが光ってかっこいい!海外セレブの「ショートブーツ×スカート」スタイル4選

■1:グッドガール風のスカートスタイルを、ボリュームあるブーツでカジュアルダウン

ブーツ_1
バッグを極小サイズにしてアクセサリー風に合わせている感じが愛らしい。色味も着こなしのアクセントになっています。

モデルのカーリー・クロスは、クラシックな雰囲気が香るベレー帽に、エスニック風プリントのスカートをコーディネートした姿が、パリのファッションウィークで目撃されていました。

スカートの丈とぴったり合ったレースアップブーツは、メンズ風のゴツめのデザインをセレクト。これがテイストミックスになって、こなれた感をアピール。インに着たリブニットは縦のIラインを強調できるので、すらりと見せるのに効果的です。

■2:アンジーらしく上質シンプルを極めたグレー×ブラックのショートブーツの辛口モード

ブーツ_2
ゆるっとしたサイズ感のトップスには、ぴったりとタイトなボトムがバランス良好に。

ベーシックカラーの着こなしをこよなく愛する女優のアンジェリーナ・ジョリー。取り入れているどのアイテムにも、素材に上質さが際立っています。

ポインテッドトウがシャープな印象をもたらすショートブーツには、黒のタイトスカートで落ち着いたフェミニンさを演出。リラックス感のあるBIGサイズのトップスがモードっぽいので、足元もそれにテイストを合わせてコーディネートするのが大正解です。

■3:流行のストレッチタイプのショートブーツ×プリーツスカートで、軽快さの香る今旬バランスに

ブーツ_3
スカートに艶があるので、ブーツのストレッチ素材にも同じような艶感があって華やいだモードに。

2019年6月末、34歳上の作曲家、デヴィッド・フォスターと結婚した歌手兼女優のキャサリン・マクフィー。

ディナーを終えたレストランから出てきたときのSNAPでは、黒のプリーツスカートにストレッチブーツをコーディネートして、トレンドを感じさせる装いを楽しんでいました。

スカートとブーツで女性らしいだけでなく、グリーンのエコファーとスポーティーなトップスで、アクティブさも感じさせています。昨年から人気上昇中のストレッチタイプのブーツは今シーズンも引き続き注目の存在なので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

■4:白のセットアップを切れよく引き締める、レースアップブーツをテイストミックス

ブーツ_4
トップスを短く見せるために、細ベルトを合わせて丈を調整しています。ちょっとした工夫でスタイルアップが狙えるから、ぜひお手本に。

ロンドンコレクションでSNAPされたオリビア・パレルモも、レースアップタイプのブーツを愛用していました。

清楚な印象の強い白のプリーツのセットアップには、フラットなパンプスを合わせがちですが、こんなソールにボリュームがあるワーク風ブーツなら、テイストミックスになって今っぽいこなれ感が光ります。

さらに足元が黒で引き締まって見え、アウターのコートともトータルで完成度の高い着こなしが実現できます。


寒い真冬が来る前に、コーディネートにショートブーツを取り入れると、軽快なスタイリッシュさはもちろん、モードなニュアンスが加わって、今どきのムードがアピールできます。

ただスカートのフェミニンさを高めるだけでなく、こなれ感が加わるので、ぜひお手本にして秋のおしゃれを楽しんでみてください。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀