12月の東京の平均気温は10度前後。気温10度と言われても、どんな服装がベストか迷ってしまいますよね。そこで、毎日の洋服選びに迷える大人女性のために、気温10度の際にふさわしい冬コーデを、ファッション誌『Precious』からピックアップ。きれいめ、カジュアルコーデ別に、また最高気温10度の、冷え込む真冬まで使えるコーデが満載です。ぜひ冬の服装選びにお役立てください。

【目次】

気温10度のキレイめな服装コーデ


【1】白コート×ブーツ

ウールカシミアのコート・サングラス・グローブ・ブーツ(マックスマーラジャパン〈マックスマーラ〉 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ウールカシミヤのコート・サングラス・グローブ・ブーツ(マックスマーラジャパン〈マックスマーラ〉 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

アメリカのペロシ下院議員が大統領就任式など重要なシーンで身につけ、話題となったコート「ファイヤーコート」。にニーハイブーツを合わせた、シックさとトレンド感が同居したスタイリング。

トップキャリアが大切な仕事の舞台のために選んだ一着は、デイリーに合わせても品格を授けてくれます。「ファイヤーコート」の名のとおり「赤」で登場した象徴的なコートが、2019年は清潔感あふれる上品なアイボリーで登場。アシメトリーなボタン位置で強調された、アイコニックなシルエットが際立ちます。

【2】グレーコート×グレーブラウス×黒スカート

コート(アングローバル〈イレーヴ〉)、ブラウス(サザビーリーグ〈エキップモン〉)、スカート(ストラスブルゴ〈クルチアーニ〉)、ピアス(ポアレ ジャポン〈オーレリ ビデルマン〉)、ストール(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート(アングローバル〈イレーヴ〉)、ブラウス(サザビーリーグ〈エキップモン〉)、スカート(ストラスブルゴ〈クルチアーニ〉)、ピアス(ポアレ ジャポン〈オーレリ ビデルマン〉)、ストール(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2019年

’90年代風のビッグシルエットをイメージし、大きめのコートにシャイニーなグレーのブラウスとレザースカートを合わせたスタイリング。イレーヴのコートは、風合いと着心地に軽さを出すことにこだわったイタリアのメーカーに特注したウール生地が用いられています。やわらかいので、ベルトマークや襟立て、そでまくりでこなれ感を演出できます。バッグやピアスなどで、レザースカートにリンクする「黒」の艶感を取り入れているのも新鮮。

【3】ライトベージュコート×白ブラウス×ピンクパンツ

コート(エスケーパーズ〈シーズンズ オテル パティキュリエ〉)、ブラウス(wb)、パンツ(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ネックレス(日本橋三越本店 本館3階ミグジュアリー〈ドナテラ・ペリーニ〉)、ショール(MOGA)、バッグ・靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート(エスケーパーズ〈シーズンズ オテル パティキュリエ〉)、ブラウス(wb)、パンツ(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ネックレス(日本橋三越本店 本館3階ミグジュアリー〈ドナテラ・ペリーニ〉)、ショール(MOGA)、バッグ・靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2019年

ウール混のダブルフェース生地を使ったリラックスシルエットのトレンチコートに、パンツや小物でニュアンスピンクをなじませ、フェミニンな雰囲気にまとめたパンツスタイル。胸元には、ドナテラ・ペリーニのカラーストーンネックレスを。どうしても固く見えがちなトレンチコートを、優しく見せるテクニックです。

【4】ネイビーコート×グレーニット×チェックパンツ

コート(マッキントッシュ青山店)、ニット・パンツ(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、サングラス(アイヴァン PR〈アイヴァン〉)、手袋 (ドゥロワー 六本木店〈デンツ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート(マッキントッシュ青山店)、ニット・パンツ(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、サングラス(アイヴァン PR〈アイヴァン〉)、手袋 (ドゥロワー 六本木店〈デンツ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2019年

黒に近いダークネイビーのコートを、グレー配色の知的なトラッドテイストで品よくまとめたコーディネート。ローファーや手袋の艶のあるレザーがマニッシュ感を演出しています。

透湿防水機能を備えた、上質なカシミヤ生地を使用したダブルブレストコートは、ほっそりと見えるひざ下丈のシルエットが美しい。イエローゴールドトーンのアイレット付きベルトが装いのアクセントに。

【5】ブラウンブルゾン×ボルドーブラウス×ボルドーパンツ

ブルゾン・ブラウス(Vince 表参道店)、アンスクリアのパンツ・アトリエ アンボワーズのベルト(アマン)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ(JIMMYCHOO)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ブルゾン・ブラウス(Vince 表参道店)、アンスクリアのパンツ・アトリエ アンボワーズのベルト(アマン)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ(JIMMYCHOO)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

妖艶なボルドーでつくる、スポーティなワントーンコーディネート。エコファーのフーデッドブルゾン×タックパンツ、とスポーツ気分満載なスタイリングです。濃厚な色とアクティブなテイストをつなぐのは、とろみブラウスやチェーンバッグなどのフェミニンアイテム。妖艶なミラノマダムに似合う、鮮度の高いカジュアルが完成します。

【6】キャメルコート×ベージュワンピース

コート・ワンピース(ブラミンク)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ(アオイ〈ティラマーチ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート・ワンピース(ブラミンク)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ(アオイ〈ティラマーチ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

品格あるレディな着こなしを目指すなら、この秋はシルクのボウタイワンピースがいちばん。足元はパンプスではなくブーツ、コートはオーバーサイズのはおるタイプを加えれば、クラシカルなだけでない、旬のモード感も加味されます。さらに小物もゴールドキャメルのワントーンで統一すれば、だれからも賞賛される、ワンランク上の着こなしに。

【7】キャメルコート×白ブラウス×白パンツ

ブーツ『ロージー』(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) コート(三喜商事〈ストラネス〉) ブラウス(ビームス ハウス 丸の内〈エッフェ ビームス〉) パンツ(ストラスブルゴ) ピアス(ドレスアンレーヴ〈253ビジュー〉) ネックレス(カドー伊勢丹新宿店〈カドー〉) バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉) 撮影/来家祐介(aosora) BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート(三喜商事〈ストラネス〉) ブラウス(ビームス ハウス 丸の内〈エッフェ ビームス〉) パンツ(ストラスブルゴ) ピアス(ドレスアンレーヴ〈253ビジュー〉) ネックレス(カドー伊勢丹新宿店〈カドー〉) バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、ブーツ『ロージー』(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/来家祐介(aosora) BY:『Precious11月号』小学館、2019年

女らしさが香るテーパードパンツに、同系色のブラウスを合わせ、ストレートラインを強調した上下に、やわらかなキャメルのチェスターコートを合わせたスタイリング。上質なスエードだけに宿る豊かな風合いのブーツが、淡色ワントーンの装いを脱・地味に見せてくれます。

【8】カーキコート×黒ニット×白スカート

ブーツ『マヘサ』(JIMMY CHOO)、コート・スカート(ブラミンク〈ブラミンク〉)、ニット(デミルクス ビームス新宿〈スローン〉)、ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート・スカート(ブラミンク〈ブラミンク〉)、ニット(デミルクス ビームス新宿〈スローン〉)、ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、ブーツ『マヘサ』(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

ウール素材のトレンチコートをはおって、颯爽とした着こなしに。ドライな色味でハンサムな印象のコートだからこそ、足元は安定感のあるヒールのロングブーツでエレガントに。どこかクラシカルなムードが漂う、スクエアトウのフォルムが、端正な印象をもたらします。

【9】黒ライダースジャケット×白ニット×ミックススカート

ブーツ『テンプ』(JIMMYCHOO)、スカート(オットデザイン〈ルーム エイト ブラック〉)、ジャケット(チンクワンタ)、ニット(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ピアス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(エリオポール代官山〈ザンケッティ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
スカート(オットデザイン〈ルーム エイト ブラック〉)、ジャケット(チンクワンタ)、ニット(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ピアス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(エリオポール代官山〈ザンケッティ〉)、ブーツ『テンプ』(JIMMYCHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

美脚効果の高いロングブーツを、ミディ丈のタイトスカートでバランスアップさせたコーディネートです。INのニットはシンプルに、ティファニーの大胆デザインのジュエリーで華やかさを盛り上げた、ライダース×タイトスカートの組み合わせ。アーモンドトウのひざ下丈ブーツは、合わせる服を選ばない万能アイテム。黒のサイドテープがアクセントになった、ツイードスカートに合わせて、ハンサムな女性像を目指して。

【10】キャメルコート×黒ワンピース

ブーツ『イフィマヒ』(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、コート・ワンピース(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、サングラス(DITA 青山本店〈クリスチャン ロス〉)、ピアス・ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート・ワンピース(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、サングラス(DITA 青山本店〈クリスチャン ロス〉)、ピアス・ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ブーツ『イフィマヒ』(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

ミンクファーの部分使いがリッチなキャメルのラップコートにすらりとしたワンピースを合わせ、遠目にも映える着こなし。足元にはスネークレザーとピンヒールがただならぬオーラを放つ、マノロ ブラニクのブーツを、首元には大振りデザインのティファニーのネックレスを添えて、スタイリッシュな味付けを。

【11】グレーコート×スカーフ×グローブ

カシミアのコート・ピアス・シルクのスカーフ・グローブ(エルメスジャポン) 撮影/下村一喜 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
カシミヤのコート・ピアス・シルクのスカーフ・グローブ(エルメスジャポン) 撮影/下村一喜 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ネイビーのスカーフを首元に巻いた、青系×グレーという相性のいい色合わせのスタイリング。

驚くほど軽くしなやかで、むだを省いたデザインのコートは、上質シンプルを極めたダブルフェースカシミヤのよさが堪能できる一着。縫い目を極力目立たせない繊細な手仕事は、エルメスならではのマジックのよう。グレーでまとえば上品な女らしさも際立って。

【12】ピンクマント×白ニット×白スカート

ダブルフェースカシミアのマント『ジーン』・スカート(オールウェイズ〈MIKAKONAKAMURA〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、ピアス・バングル・リング(ラリック ジャパン)、グローブ(真下商事〈デンツ〉)バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ダブルフェースカシミヤのマント『ジーン』・スカート(オールウェイズ〈MIKAKONAKAMURA〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、ピアス・バングル・リング(ラリック ジャパン)、グローブ(真下商事〈デンツ〉)バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

最愛の洗練カラー・ベージュをマントで全身に取り入れ、白タートルニットとレーススカートを合わせたコーディネート。マントはもともと格の高さや知性を象徴するもの。秋のニット&スカートスタイルにも、さらりとまとうだけでクラス感がアップして。

【13】キャメルコート×柄ニット×黒スカート

コート・バッグ(ロエベ ジャパン)、ニット(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、スカート(マディソンブルー)、ピアス(TASAKI)、手袋(真下商事〈デンツ〉)、靴(エリオポール代官山〈サルトル〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート・バッグ(ロエベ ジャパン)、ニット(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、スカート(マディソンブルー)、ピアス(TASAKI)、手袋(真下商事〈デンツ〉)、靴(エリオポール代官山〈サルトル〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

モヘア混ニットプルオーバーにストレッチのきいたベロアスカート、オーバーサイズのコートを合わせた、動きやすく暖かい着こなし。ロエベのバッグやサルトルのブーツという、レザーの良さを知り尽くしたブランドの小物使いも、高級感を後押し。

【14】キャメルコート×白ブラウス×黒パンツ

コート(ロエベ ジャパン)、ブラウス(ストラスブルゴ〈アントネッリ〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ストール(三喜商事〈アニオナ〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、靴(ジャンヴィト ロッシジャパン)、バッグ(イーストランド〈マンサー・ガブリエル〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート(ロエベ ジャパン)、ブラウス(ストラスブルゴ〈アントネッリ〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ストール(三喜商事〈アニオナ〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、靴(ジャンヴィト ロッシジャパン)、バッグ(イーストランド〈マンサー・ガブリエル〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

キャメルのロングコートに黒パンツ&黒小物でまとめた着こなしに、チョコレートブラウンのシックな艶で、リッチな顔映えがかなうニッティングストールをひと巻き。キャメルのコートをよりいっそう、上品に演出できます。

【15】キャメルコート×ライトグレーニット×グレースカート

コート(ロエベ ジャパン)、ニット(スローン)、スカート(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(エリオポール代官山〈サルトル〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート(ロエベ ジャパン)、ニット(スローン)、スカート(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(エリオポール代官山〈サルトル〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

オーバーサイズコートにタートルネックニットとプリーツスカートを合わせた、鮮度の高いトラッドスタイル。知的なたおやかさを表現できるグレー×ブラウンの色合わせは好感度の高い、ウォームリッチな配色です。

【16】グリーンコート×黒ニット

コート(コロネット〈エアロン〉)、ニット(トラデュイール)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、ソフィー ブハイのピアス・リング・ストラスブルゴのバッグ(ストラスブルゴ)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート(コロネット〈エアロン〉)、ニット(トラデュイール)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、ソフィー ブハイのピアス・リング・ストラスブルゴのバッグ(ストラスブルゴ)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

フォレストグリーン×黒のビターな配色で、モードを香らせた冬コーデ。ドロップショルダーのコートは、ベルトをキュッと締めてウエスト位置高く。パールのピアスで重心を上げ、小ぶりバッグで軽やかに見せるといった、身長150㎝台の小柄な女性ばバランスよく着こなすテクニックを採用しているため、着こなしにリズムが生まれます。

【17】ライトブルーコート×グレーニット×グレーパンツ

コート(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉)、ニット(ヤコブ コーエンGINZA SIX)、パンツ(ストラスブルゴ〈インコテックス〉)イヤリング(ドレスアンレーヴ〈ラ・キアーヴェ〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、靴 ( J.M. WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉)、ニット(ヤコブ コーエンGINZA SIX)、パンツ(ストラスブルゴ〈インコテックス〉)イヤリング(ドレスアンレーヴ〈ラ・キアーヴェ〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、靴 ( J.M. WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

ニット、足首魅せパンツ、ストールという、グレーをワントーンでまとめた着こなしに、一枚仕立ての水色のコートをはおると、たちまちフレッシュな印象に! 足首をほんの少しだけ見せるのも、洗練して見せる秘訣です。

【18】黒ムートンコート×ブルーニット×黒パンツ

コート(エストネーション〈ファーリング バイ ガンニ〉)、ニット(エミリオ・プッチ ジャパン)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、サングラス(TAKA ROCK〈クレア〉)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、靴(ハイブリッジ インターナショナル〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年
コート(エストネーション〈ファーリング バイ ガンニ〉)、ニット(エミリオ・プッチ ジャパン)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、サングラス(TAKA ROCK〈クレア〉)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、靴(ハイブリッジ インターナショナル〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

たっぷりとしたムートンコートに、シンプルなスティックパンツと黒レザー小物を合わせたマニッシュな装い。広い空間にも映える、華やかロイヤルブルーのニットには、黒のシンプルパンツを合わせて。

【19】黒ムートンコート×オレンジブラウス×黒パンツ

コート(エストネーション〈ファーリング バイ ガンニ〉)、ブラウス(ドゥロワー 日本橋店〈ドゥロワー〉)パンツ(カオス丸の内〈カオス〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)バッグ(マルベリージャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロブラニク〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年
コート(エストネーション〈ファーリング バイ ガンニ〉)、ブラウス(ドゥロワー 日本橋店〈ドゥロワー〉)パンツ(カオス丸の内〈カオス〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)バッグ(マルベリージャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロブラニク〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

ムートンコートを脱いでいてもおしゃれな着こなしを心がけたいから、華麗なブラウスを合わせて。鮮やかなオレンジと、胸元を彩るボウが決め手に。

【20】黒ムートンコート×黒ニット×キャメルスカート

コート(エストネーション〈ファーリング バイ ガンニ〉)、ニット(コロネット〈アバティ〉)スカート(サン・フレール〈レ・コパン〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年
コート(エストネーション〈ファーリング バイ ガンニ〉)、ニット(コロネット〈アバティ〉)スカート(サン・フレール〈レ・コパン〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

旅先で街歩きをするときを想定したコーディネート。ボトムは程よくカジュアルなキャメルスカートで抜け感を加え、ファーコートで大人の迫力を添えて。ウエストのニットバンドが引き締め役となり、スッキリとした印象に。

気温10度のカジュアルな服装コーデ


【1】ネイビーコート×黒ニット×ベージュパンツ

ニット(グルッポタナカ〈リビアナ コンティ〉)、コート(エストネーション〈ケイト〉)、パンツ(ブラミンク)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン)、ネックレス・ピアス・リング(ミキモトカスタマーズ・サービスセンター) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ニット(グルッポタナカ〈リビアナ コンティ〉)、コート(エストネーション〈ケイト〉)、パンツ(ブラミンク)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン)、ネックレス・ピアス・リング(ミキモトカスタマーズ・サービスセンター) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

ビッグシルエットのパンツとネイビーのトレンチコートという男前なアイテムに、女らしいタートルネックニットや黒パールのネックレスを合わせた、大人の品格を感じさせるマスキュリンスタイル。

【2】ネイビーコート×ネイビーブラウス×ネイビーパンツ

ブーツ『sr ミラノ』(セルジオ ロッシ) ドロシー シューマッハのブラウス・エルマンノ エルマンノ シェルヴィーノのデニム(サン・フレール) コート(ジョンローレンス サリバン) バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX) 撮影/来家祐介(aosora) BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ドロシー シューマッハのブラウス・エルマンノ エルマンノ シェルヴィーノのデニム(サン・フレール)、コート(ジョンローレンス サリバン)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、ブーツ『sr ミラノ』(セルジオ ロッシ) 撮影/来家祐介(aosora) BY:『Precious11月号』小学館、2019年

スタイルよく見せる細身デニムと、ネイビーのロングトレンチを合わせたネイビー系リンクコーデ。バッグはグレージュ、ブーツはシルバーと、暗色コーデをのっぺりとさせない盛り上げを。

きらきらと煌くシルバーのファブリックで仕立てられたストレッチのショートブーツは、ポインテッドトウ。細身の黒ヒールまでスタイリッシュな一足は、デニムスタイルにモード感を加えます。

【3】ボルドーコート×白ニット×白パンツ

コート・ニット・パンツ・バッグ(ebure)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート・ニット・パンツ・バッグ(ebure)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ボルドーのダッフルコートでつくる、こっくりリッチな休日コーディネートです。温もり素材のアラン編みニット+センターシームパンツで、白のワントーンでまとめたリッチ配色が、ダッフルやスニーカーといったカジュアルアイテムをよりこなれた印象に見せます。

【4】黒コート×ボーダーニット×白パンツ

コート・ニット・パンツ(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/土屋文護(TRON) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート・ニット・パンツ(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/土屋文護(TRON) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

大人の女性にこそ着てほしいカジュアルアウターが、サンローランのムートンのダッフルコート。毛皮面だけでなくスエード面もていねいになめされた上質な革だから、着心地も軽やか。やわらかな温もりを感じさせながらも、シルエットはすっきりとして丈は長め。着るだけで、洗練されたリュクスなカジュアルムードが漂う一着です。ボーダーニットと白パンツを合わせれば、冬らしいマリンカジュアルのできあがりです。

【5】黒コート×黒ニット×ネイビーパンツ

コート・カシミアニット・デニムパンツ・ベロアのブーツ(エルメスジャポン) 撮影/下村一喜 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート・カシミヤニット・デニムパンツ・ベロアのブーツ(エルメスジャポン) 撮影/下村一喜 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ボートネックの黒ニットに、ベーシックな黒のリバーシブルシェアリングコートを合わせた、デニムカジュアル。写真のように表革面を表に着ればシャープな表情に。起毛面を表にすれば、こなれ感のあるラグジュアリーアウターに。

【6】キャメルケープ×グレーニット×ライトブルーパンツ

カシミアケープ・カシミアのタートルネックニット・デニムパンツ・ピアス・ブーツ/すべて予定価格(セリーヌ ジャパン〈セリーヌバイ エディ・スリマン〉)、チェロケース(マツオ商会〈BAM FRANCE〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
カシミヤケープ・カシミヤのタートルネックニット・デニムパンツ・ピアス・ブーツ/すべて予定価格(セリーヌ ジャパン〈セリーヌバイ エディ・スリマン〉)、チェロケース(マツオ商会〈BAM FRANCE〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

クラシックなケープをはおり、ロングブーツを履いて颯爽と歩く。フランス映画でカトリーヌ・ドヌーブが、そんなヒロインを演じていました。力強く、エレガントで自信に満ちているのに、どこかミステリアスな印象を与えるこのベーシックな組み合わせが、今また新鮮に映ります。ケープの大きな立ち襟が、より端正で格調高い雰囲気に。ロングブーツやニーハイブーツが復活している2019年らしいバランスです。

【7】黒コート×白ブラウス×ライトブルーパンツ

ミンクのコート『ルナ』・ブラウス(オールウェーズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、デニム(エドウイン〈ジョーズ・ジーンズ〉)、ピアス・リング(ステディ スタディ〈トムウッド〉)黒のミンクファーコートを白シャツ×デニムで着るさりげなさがエレガント!62 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ミンクのコート『ルナ』・ブラウス(オールウェーズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、デニム(エドウイン〈ジョーズ・ジーンズ〉)、ピアス・リング(ステディ スタディ〈トムウッド〉)黒のミンクファーコートを白シャツ×デニムで着るさりげなさがエレガント!62 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

美しい光沢をもつ黒のミンクファーで仕立てられた、最高に贅沢で飽きのこないノーカラーコート。ファーにも流行があるといわれるなか、この名品シルエットなら永遠。

サイドスリットで軽やかな印象があるので、カジュアルに着て日常的に楽しみたい。白シャツやTシャツ、シルクのドレスなど、中は薄着が断然、こなれてかっこいい。

【8】グレーコート×インナーダウン×白シャツ×黒パンツ

コート(コロネット〈ムーレー〉)、シャツ(ウィム ガゼット 青山店〈ゲミニー〉)、パンツ(サザビーリーグ〈マザー〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(エリオポール代官山〈サルトル〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート(コロネット〈ムーレー〉)、シャツ(ウィム ガゼット 青山店〈ゲミニー〉)、パンツ(サザビーリーグ〈マザー〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(エリオポール代官山〈サルトル〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

インナーダウン付きのノーカラーコートに、パンツをブーツインしたアクティブな日の装い。ヒップが隠れる丈の白シャツの裾をのぞかせて、クリーンな抜け感を演出しましょう。

【9】キャメルコート×黒ニット××ファージレ×黒パンツ

ジレ(ストラスブルゴ〈MANZONI24〉)、コート(ロエベ ジャパン)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
ジレ(ストラスブルゴ〈MANZONI24〉)、コート(ロエベ ジャパン)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

寒いなか外出する日は、カシミヤファーのニットジレをコート下に合わせたレイヤードスタイルで。この暖かさ、クセになりそう! 肩が大きくドロップしたロエベのオーバーサイズコートは、重ね着してもゆったりとした着心地です。

【10】グレーコート×白ニット×黒パンツ

コート(ウィム ガゼット 青山店〈アンノウン〉)、ニット(スローン)、パンツ(サザビーリーグ〈マザー〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、サングラス(コロネット〈カレン ウォーカー〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート(ウィム ガゼット 青山店〈アンノウン〉)、ニット(スローン)、パンツ(サザビーリーグ〈マザー〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、サングラス(コロネット〈カレン ウォーカー〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

上半身~バッグは大好きなアイボリー~グレージュへのグラデーションコーディネート。ムートンコートと大判ストールの合わせ技で、寒さ対策もばっちり。ストールは、大判サイズでも素材がしなやかなのできゅっと巻けるのがうれしいポイントです。J.M. WESTONのショートブーツなら、多少の悪路も難なくクリア。

【11】グレーダウン付きコート×白シャツ×黒パンツ

コート(コロネット〈ムーレー〉)、シャツ(ウィム ガゼット 青山店〈ゲミニー〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン青山店)、ピアス・リング(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、靴(J.M.WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート(コロネット〈ムーレー〉)、シャツ(ウィム ガゼット 青山店〈ゲミニー〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン青山店)、ピアス・リング(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、靴(J.M.WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

イタリアのアウターブランド・ムーレーのインナーダウン付きカシミヤコートを主役に。防寒とリュクスな着こなしが両立する一着で、湖畔の散歩もおしゃれに、快適に過ごせます。このコートを使った着こなしバリエーションが下にふたつ、続きます。

【12】ライトグレーコート×黒ブラウス×グレーパンツ

コート(wb)、ブラウス(Vince表参道店)、パンツ(レキップ)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、イヤリング・ネックレス・リング(TASAKI)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート(wb)、ブラウス(Vince表参道店)、パンツ(レキップ)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、イヤリング・ネックレス・リング(TASAKI)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

ふんわりと軽やかなシャギーコートをはおり、冬の街を颯爽と歩いて。ビルが立ち並ぶモダンな街並みになじむのは、色味を抑えたシックな着こなしです。カーキのとろみブラウスやグレーのパンツで、シックカラーの濃淡をつくれば、決して地味にならず、洗練されたスタイルができ上がります。

【13】ライトブルーファーコート×グレーニット×グレーパンツ

コート(クルチアーニ銀座店)、ニット(スローン)、パンツ(三喜商事〈イレブンティ〉)サングラス(アイヴァン PR)、ピアス・ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート(クルチアーニ銀座店)、ニット(スローン)、パンツ(三喜商事〈イレブンティ〉)サングラス(アイヴァン PR)、ピアス・ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

冬のカジュアルシーンで選びたいのは、軽やかなラムファーのコート。スタンドカラーや淡いブルーのカラートーンが、従来のファーコートにはない、フレッシュなムードをつくり出してくれます。合わせるINは、泡グレーのニット~ストライプのグレーのパンツで。シルバーの小物が、キレ味よく仕上げてくれる秘訣です。

【14】ベージュコート×黒ニット×黒パンツ

コート(トラデュイール)、ニット(wb)、デニム・ピアス(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、ファーストール(ADORE)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、スニーカー(J.M.WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート(トラデュイール)、ニット(wb)、デニム・ピアス(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、ファーストール(ADORE)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、スニーカー(J.M.WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

黒とベージュ合わせが好きな人は、冬はこんな縦長ラインを強調するアイテム使いもおすすめです。旬の気分が高まるだけでなく、すっきりとスマートに見えるのも魅力。足元に白スニーカーを合わせ、軽やかに仕上げて。

【15】黒ミリタリーコート×ブラウンパンツ

コート・パンツ・バックパック(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート・パンツ・バックパック(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

はっ水、防風性の高いナイロン素材に、内側はシープスキンのファーを使用した、とことん機能性にこだわったミリタリーコートは、サンローランの誇るシグネチャーのひとつ。甘さを徹底的に省いたアウトドアなスタイルに、白いふわもこの表面感がキュートなメンズのバックパックをワンポイントにしつつ、コーデュロイのブラウンカラーの細身パンツを合わせて軽快に。

【16】黒ムートンコート×グレーニット×グレーパンツ

コート(エストネーション〈ファーリング バイ ガンニ〉)、ニット・パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ニット帽(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン)、その他/スタイリスト私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年
コート(エストネーション〈ファーリング バイ ガンニ〉)、ニット・パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ニット帽(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン)、その他/スタイリスト私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

冬のバカンスに出かける際の、リラックスしたコーディネートです。ネイビーのムートンコートは、カジュアルななかにも、とびきり贅沢なリラックス感を運んでくれるから、飛行機に乗る前からバカンス気分も高まって。機内でくつろぐときは、リブタートル×ジョグパンツのリラックスしたニットスタイル。グレーでⅠラインをつくり、ボリュームのあるムートンコートを軽快に着こなしたい。

【17】黒コート×白ニット×ベージュパンツ

コート(エストネーション〈エストネーション〉)、ニット・パンツ(ブラミンク)、スカーフ(スローン)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、靴(トッズ・ジャパン)、その他/スタイリスト私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年
コート(エストネーション〈エストネーション〉)、ニット・パンツ(ブラミンク)、スカーフ(スローン)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、靴(トッズ・ジャパン)、その他/スタイリスト私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

端正な顔立ちのブラックコートに、ニットのジョガーパンツとハードなショートブーツを合わせ、足元重めの旬バランスを。ローゲージニットの襟元には、鮮やかなプリントスカーフをさりげなくイン。ただのカジュアルに終わらせない上級テクニックで、遊び着の要素の強いジョガーパンツも、高級感のある着こなしが可能に。

【18】ベージュコート×白ニット×白パンツ

撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2019年
撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

ザ ロウのコートは艶のあるカシミヤが美しく、軽やかなのに温もり感も抜群で、袖を通すたびに幸せな気分に。コートに存在感があるので、インはバンフォード のカシミヤニットとフレームデニムのボトムを選び、シンプルに徹しましょう。

【19】グレーコート×ネイビーロングニット

Jessica Alba(ジェシカ・アルバ) 撮影/©Afro BY:『Precious1月号』小学館、2019年
Jessica Alba(ジェシカ・アルバ) 撮影/©Afro BY:『Precious1月号』小学館、2019年

カジュアル上手で知られるジェシカ・アルバ。メンズライクなチェスターコートできちんと感をキープしつつも、ゆったりとしたネイビーのロングニットをインに選び、コンフォタブルな装いに。旅先で活躍する、ミニサイズのウォレットバッグをL.A.の空港内でも愛用しているようです。

【20】グレーコート×白ニット×グレーパンツ

コート・バッグ『バイ ザ ウェイ』・別売りのFFロゴのショルダーストラップ・パンツ・靴・ニット(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年
コート・バッグ『バイ ザ ウェイ』・別売りのFFロゴのショルダーストラップ・パンツ・靴・ニット(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

暖かなミンクコートとスニーカーをチョイスした旅行にも◎なきれいめコーデ。コートとデニムのグレーでまとめたワントーン着こなしに。カーキバッグも、パウダリーな色調を選ぶとなじみます。

最高気温10度の服装コーデ


【1】白コート×白ニット×白パンツ

コート・タートルニット・パンツ・エコファーのバッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ) グローブ/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート・タートルニット・パンツ・エコファーのバッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ) グローブ/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

この幸福なボリューム感と愛らしさ…多くの海外セレブリティたちを虜にした、マックスマーラのテディベアコート。もとは1980年代に、高級な子供のおもちゃに使われる毛足の長いパイル素材を使用してつくられていたコートで、その後、キャメルヘアを毛羽立たせたエコファー素材の開発に成功して以来、毎シーズン、アルパカやカシミヤなどさまざまな高級素材で展開されています。そんなコートを活用するべく、白~アイボリーへのワントーンコーディネートに。甘くなりすぎないよう、パンツでまとめるのが大人らしい。

【2】白コート×白ブラウス×白パンツ

コート・ブラウス・パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)マフラー(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉)、手袋(エリオポール代官山〈ガラ グローブ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロブラニク〉) 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート・ブラウス・パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)マフラー(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉)、手袋(エリオポール代官山〈ガラ グローブ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロブラニク〉) 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2019年

シャギーがかったテディコートを大人っぽく着こなすには?の正解実例。ソフトな白のコートの場合、茶系小物でコクを演出しつつ、シャツやパンツはきりっとして、甘辛のバランスを取るのが上手く着こなすコツ。

【3】黒コート×白ブラウス×白スカート

コート・ブラウス・スカート・バッグ・靴(フェンディ ジャパン)、ピアス(フレッド) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート・ブラウス・スカート・バッグ・靴(フェンディ ジャパン)、ピアス(フレッド) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

一枚仕立てのウールコートは、襟の片側をショールカラーに、もう一方をテーラードカラーにしたアシメトリーデザインが特徴的。シルクブラウスとテクニカル素材のプリーツスカートで質感を変えた白の装いにリッチなブラックが映える、冬の大人フェミニンコーデです。

【4】キャメルコート×ベージュパンツ

コート・パンツ・ショートブーツ(エルメスジャポン) 撮影/下村一喜 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート・パンツ・ショートブーツ(エルメスジャポン) 撮影/下村一喜 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

素材の進化が、コートに新鮮な風合いと心地よさを運んでくれます。ニッティングファーのように見えるラップコートは、シルクジャージーの編み地に、キャメルヘアをあしらったもの。やわらかく、ふわふわとした質感と温もりが楽しめます。

ゆったりとしたオーバーサイズで広めのスタンドカラーや袖口が、シンプルなデザインにモードなときめきを添えています。

【5】ブラウンコート×黒ニット×ブラウンパンツ

コート・ニット(ブラミンク)、ebureのパンツ・メゾン ボネットのベルト(ebure)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート・ニット(ブラミンク)、ebureのパンツ・メゾン ボネットのベルト(ebure)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

すべてを濃厚なチョコレート色に統一しつつも、パンツには赤みのあるブラウン、バッグはナチュラルと、同じブラウン系で色をずらしていることに注目。ダークなアウターには、インナーを白にして抜け感を出したいところですが、コートと同色でなじませると、こんなにも大人っぽく決まることを発見!  

【6】キャメルコート×白ブラウス×ベージュスカート

エブールのコート・ブラウス・スカート・カリデイのグローブ(ebure)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(アマン〈アヴァケーション〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
エブールのコート・ブラウス・スカート・カリデイのグローブ(ebure)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(アマン〈アヴァケーション〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

モヘアシャギーの立体的なコートにブラウスとロングスカートを合わせた、華やぎのあるビジネススタイル。コートの素材はイタリアの一流生地メーカー「アニオナ」社のリバー仕立てのモヘアシャギーだから、しっかりとした素材感を生かした立体的なシルエットで、美人オーラをまとうことが可能に。上品なキャメルなら、オフィスシーンにも最適です。ラムレザースカートの艶を加えて、表情豊かなワントーンスタイルに。

【7】黒コート×黒ニット×黒スカート

コート・ニット・スカート(ebure)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ)ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレシルバーコレクション〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート・ニット・スカート(ebure)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレシルバーコレクション〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ビッグシルエットのケープ風ピーコートは、旬のオーバーサイズ感でありながらも、肩周りはすっきり見えるように設計されているなど、メリハリをきかせたシルエットに、エレガントな女らしさが漂います。タートルネックニットとタイトスカートを合わせ、コートの中で体が泳ぐようすっきりさせつつ、シルバージュエリーや赤のバッグをポイントに効かせて。

【8】黒コート×黒ニット×黒パンツ

コート(オールウェイズ〈ミカコナカムラ〉)、ニット(サーキュレーション〈シーズンズ オテルパティキュリエ〉)、パンツ(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、ピアス(エドストローム オフィス〈シャルロット シェネ〉)、ストール(トラデュイール)、グローブ(真下商事〈デンツ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート(オールウェイズ〈ミカコナカムラ〉)、ニット(サーキュレーション〈シーズンズ オテルパティキュリエ〉)、パンツ(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、ピアス(エドストローム オフィス〈シャルロット シェネ〉)、ストール(トラデュイール)、グローブ(真下商事〈デンツ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

艶めくファー、ウール、カシミヤ…と多彩な表情をもつ黒のワントーンコーディネートを、ベージュのバッグが盛り上げて。

「気温10度のコーデ」の関連記事