もこもこ&ふわふわの最注目ファブリック、大人仕様のラグジュアリーな「テディ」&「シャギー」コート7選

羊の巻き毛やテディベア風のもこもことした風合いや、ミンクやフォックスなど毛足の長いアニマルファーのシャギーなタッチを、ファブリック(織物)で表現するのが最旬回答。大人の最愛ブランドなら、高級感のある仕上がりです。頼りになる着映え力で、コートだけでもおしゃれが決まります。

■1:ぬいぐるみのような「ふわふわもこもこ」とした質感のトレンドコート

コート_1,ファー_1,冬コーデ_1,大人コーデ_1
コート¥390,000・ニット¥56,000・パンツ¥92,000・靴¥158,000(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス¥390,000・リング¥730,000(ポメラートブティック 銀座店)

元祖「テディベアコート」の人気は2019年も衰え知らず! キャメルヘアにシルクをブレンドした素材を特殊な加工でけば立たせたエコファーを使用。ドロップショルダーから続く、ゆったりとしたコクーンシルエットに、大きめのラペルが上品なきちんと感をプラスします。全身をワントーンで着こなして、コートの存在感を引き立てて。クロコ型押しのロングブーツで、足元に重心をつくると好バランスです。

■2:ラグジュアリーな「マテリアルミックス」をリッチなオフ白で堪能

コート_2,ファー_2,冬コーデ_2,大人コーデ_2
コート¥550,000・ブラウス¥169,000・パンツ¥88,000(アクリスジャパン〈アクリス〉)、マフラー¥20,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉)、手袋¥16,000(エリオポール代官山〈ガラ グローブ〉)、バッグ¥194,000(JIMMY CHOO)、靴¥107,000(ブルーベル・ジャパン〈マノロブラニク〉)

ボタンを中央に寄せたダブルブレストデザインがかわいらしい雰囲気。シルク混のキャメルヘアを贅沢に使って表現した、ムートンのような風合いは見た目よりも軽やかです。身ごろも程よくフィット感のある輪郭で仕上げ、ダーツで縦ラインを強調することで、着ぶくれ感とは無縁の美シルエットに。アクリスの代表的な素材であるホースヘアをあしらったポケット口がポイントです。ソフトな白の装いに、茶系小物でコクを演出して。

コート_3,ファー_3
リアルなムートンの裏はレザー面ですが、このキャメルヘアコートのライニングには、滑りのいいシルクを使用。

■3:愛らしい「ブークレ生地」をブラックでクールに

コート_4,ファー_4,冬コーデ_3,大人コーデ_3
コート¥180,000・ブラウス¥59,000(J&M デヴィッドソン 青山店)、パンツ¥70,000(ブラミンク〈ブラミンク〉)、リング¥56,000(エストネーション〈ベアトリス パラシオス〉)、バッグ¥101,000(エリオポール代官山〈ザンケッティ〉)、靴¥77,000(セルジオ ロッシ)

ブークレ・ヤーンがつくり出すループ状のくるんとした風合いを、ブラックのチェスターコートでかっこよく。たっぷりとした前身ごろとは対照的に、バックスタイルはすとんと落ちるようなクリーンなシルエットです。黒の艶ブラウスと白のワイドパンツを合わせて、凛々しくエレガントに。

■4:アストラカン風の「立体的な風合い」を布帛で表現

コート_5,ファー_5,冬コーデ_4,大人コーデ_4
コート¥91,000(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、ニット¥30,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、スカート¥34,000(MOGA)、ピアス¥23,000(ドゥロワー 六本木店〈グーセンス パリ〉)、バッグ¥508,000(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴¥182,000(JIMMY CHOO)

ジップディテールがスポーティなムードを醸し出すコクーンコートです。冬の新ニュアンスカラーとして注目のスモーキーなペールグリーンが、ダークトーン一辺倒に陥りがちな冬の着こなしに新鮮味を運びます。旬のプリーツスカートともグッドバランス。

■5:「エアリーな毛並み」とアーティスティックな色が存在感を放つピーコート

コート_6,ファー_6,冬コーデ_5,大人コーデ_5
コート¥450,000・カーディガン¥279,000・ニット¥110,000・パンツ¥129,000・バッグ¥189,000(三喜商事〈アニオナ〉)、サングラス¥40,000(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、靴¥97,000(ヒラオインク〈クレジュリー〉)

アニオナの代名詞となっているエクスクルーシブ素材のひとつ、ペルーのアンデス山脈に育つスーリーアルパカ。スーパーロングヘアを生かしたウールブレンドの生地を使用し、毛先のみを着色できるデジタルプリントを施しています。最新技術により、ベースのホワイトにブルーのコントラストが映える、デリケートな色合いを生み出すことに成功。形は今どき感満載の丸みのあるシンプルシルエットです。

スレートブルー×トープのシックな配色は、都会的な街並みにはもちろん、古都の風景にもなじむので、旅カジュアルとしても最適です。

コート_7,ファー_7
スーリーアルパカを生かしたふんわりと長さのある毛並み。特殊プリントで生地ベースと毛の色を変えたデザイン。

■6:「曖昧ニュアンス」のレオパード柄が大人の表情のガウンコート

コート_8,ファー_8,冬コーデ_6,大人コーデ_6
コート¥280,000(ブラミンク〈ブラミンク〉)、ワンピース¥82,000(マディソンブルー)、ピアス¥33,000(エスケーパーズ〈ハンナ ケー〉)、バッグ¥500,000(モワナ メゾンGINZA SIX)、靴¥120,000(ブラミンク〈ジャコメッティ〉)

こだわりのウール混生地はオリジナルで、ぼやけたような柄行きが上品なレオパード柄が魅力です。裾に向かうほど、柄の黒の分量が多くなる濃淡グラデーションは、スタイルをよく見せる効果も。はおるようにまといたいガウンコートです。

中央のボタンを部分的に閉めて、ベルトを軽く結ぶと、こなれたドレッシースタイルに。

■7:語らずとも伝わる「スーリーアルパカ」が美しいノーカラーコート

コート_9,ファー_9,冬コーデ_7,大人コーデ_7
コート¥170,000・ニット¥26,000・パンツ¥36,000(ebure)、イヤリング¥74,000(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ¥408,000(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴¥79,000(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)

希少価値の高いスーリーアルパカとウールをブレンドしたシャギー生地を使用。長い毛足を綺麗に刈り込み、絶妙な艶を帯びた上品なシルバーグレーに。フロントの重なりを最小限にとどめ、ネックラインがすっきり見えるようにこだわった仕立てが施されています。

コートの美しい質感を引き立たせるため、合わせる色はカーキのミニマルな色使いに。

以上、ラグジュアリーマガジン「Precious」が厳選した、ふわふわもこもこコートの着こなし実例をご紹介しました。寒い冬に、たっぷりとした毛並みに包まれる喜び、ぜひ堪能してみてはいかがでしょうか?

※掲載した商品は、すべて税抜です。

問い合わせ先

関連記事

PHOTO :
浅井佳代子(人物)、唐澤光也(RED POINT/静物)
STYLIST :
白井艶美
HAIR MAKE :
TETSU(関川事務所/ヘア)、三澤公幸(3rd/メイク)
MODEL :
立野リカ(Precious専属)、Kelly
EDIT&WRITING :
下村葉月、濱谷梢子(Precious)