メンズプレシャス2018年秋号で特集を組んだ「チャールズ皇太子、その完璧なる装い」。そのなかでチャールズスタイルのひとつとして取り上げたのが、スーツのそでに入れたクリースだ。チャールズ皇太子は英国の伝統の正統な継承者。厳格なルールに則った装いであるはずだが、あのクリースの意味がわからない……。そこで、英国の服飾事情に精通するジャーナリストの長谷川喜美さんに聞くことにした。

写真:Shutterstock/アフロ

「一見、私たち日本人にとってはミステリーのようですが、服飾のルールを知る英国人にとって、この答えは歴然としています。念のため、プリンス・オブ・ウェールズ(チャールズ皇太子)の御用達テーラーである、「アンダーソン&シェパード」のダニー・ホールさんに理由を尋ねてみました。同テーラーで30年以上の経験を持つヘッドカッターの答えはこうです。『兵役の経験のある方は、そでにクリースを入れるのがしきたりなのです』。服飾のルールにおいて、正装の最高位は軍服とされています。こうした理由から、現在も英国陸海空軍の最高位、元帥を務めているチャールズ皇太子のスーツのそでには、クリースが欠かせないのです」

完璧なるイングリッシュドレープを描くスーツ。そのそでにすっと入るクリースの謎。それは解決した。チャールズ皇太子が軍人でもあることに由来していたのだ。服装術は見習うべきところが多々あるものの、そでのクリースはまねてはいけない。

チャールズ皇太子
Prince Charles
1948年にエディンバラ公フィリップとエリザベス王女の長男として誕生。エリザベス2世が1952年に女王に即位して以来、長年王位継承順位第1位でありつづける。その装いは英国紳士の理想像であり、常に注目の的となっている。
<出典>
MEN'S Precious秋号「紳士の装い大全集2019」
メンズプレシャス秋号の表紙
【内容紹介】話題沸騰!「日常を豊かにするアート」を追って富山県へ/不変のパリに再会の投げキッスを!/ジャンニ・アニエッリのスタイルには男の装いに必要なすべてがある/曇りなき清潔感を身にまとう
2019年10月4日発売 ¥1,230(税込)
この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク