ロングブーツのトレンドが復活した、2019秋冬シーズン。とはいえ、知りたいのはスカートに合わせるブーツの丈バランスや、どんなデザインを取り入れたらかっこよく決まるか?など、「いざ、取り入れたときの服との相性やバランス」ですよね。そこで早速、海外セレブの最新SNAPをもとに、ロングブーツの着こなしのヒントを探っていきましょう。どれもお手本にしやすいものばかりです!

切れのいいかっこよさが光る!海外セレブの「ロングブーツ×スカート」スタイル4選

■1:ヴィクトリア・ベッカムは…モード顔ボルドーのくしゅくしゅブーツを、知的トラッドな装いにマッチさせて

ブーツ_1
袖をまくって手首が出ているので、あえてノーアクセでもメンズサイズの時計で手首に迫力を。

N.Y.の空港でSNAPされたヴィクトリア・ベッカムは、チェックのシャツに同素材のプリーツスカートを合わせたトラッドな装いで登場。

ブーツはインに着たボルドーのタートルニットと色をリンクさせていて、統一感がある印象に。

くしゅくしゅっとしたレザーの風合いがこなれたムードを醸し出し、ボルドーの色味ということでもスタイリッシュなオーラを放っています。

淡いイエローとボルドーをコーディネートした、新鮮な技あり配色にも注目したい。

■2:ベラ・ハディッドは…最先端スポーティーなスニーカータイプなら新鮮かつアクティブさが冴え渡る

ブーツ_2
肌の色となじみがいいベージュなので、素足に履いて脚をIラインに見せるのがおすすめ。

スニーカータイプ、フィット感のあるストレッチ素材、ボリュームソールと、どこをとっても今っぽいカジュアルなブーツを取り入れていたモデルのベラ・ハディッド。

一見難しいベージュのブーツも、オフホワイトのセットアップならなじみやすくスポーティー×リッチな装いを完成させます。

サイドにスリットが入ったスカートは足さばきがよく、ちらっと肌見せできて抜け感に。

ボリュームのあるラバーソールは、スタイルアップ効果も期待できて、しかも歩きやすいので、ぜひ取り入れてみては。

■3:オリビア・パレルモは…脚のラインにぴったりフィットする細身の黒で、確実にスマートさをアピール

ブーツ_3
コートの袖をたくし上げて、インに着たニットの黒を出してシャープに見せるアレンジも見逃せません。

ファッショニスタのオリビア・パレルモは、ヴィクトリア・ベッカムのショーに出席するために、2019年2月、極寒のロンドンで見かけられました。

真冬だけあって、脚のラインに沿ったスエード素材のブーツを愛用中。

すっきり細く見せてくれるだけでなく、防寒にもなるので、寒い日にはぜひ取り入れたいアイテムです。

レザースカートはひざが隠れるギリギリのもので、ひざ下をなるべく長く見せるのがバランス良好。

スカートに艶があるときは、ブーツはマットに、というように質感を変えると素材感にメリハリがつきます。

■4:シャーリーズ・セロンは…引き締め効果抜群!黒のソフトウエスタンが主役の「ハンサムフェミニン」

ブーツ_4
白×黒のモノトーン配色なので、赤リップをアクセントに華やかなムードを高めるのがGOOD。

とろんとしたやわらか素材を使った白のシャツワンピースで、L.A.のテレビ生番組に現われた女優のシャーリーズ・セロン。

足元にはウエスタン風のデザインが切れのいいロングブーツを取り入れて、女性らしいワンピースに辛口のハンサムさをミックスさせています。

ただシンプルな黒ブーツを合わせて、無難なエレガンスに終わらせていないところが新鮮です。

ウエスタン特有のセンターに切れ込みのデザインが入っていて、肌がちら見せできるところにも軽快なモードさが盛り上がります。


スタイリッシュな海外セレブたちは4人とも違ったタイプの旬顔ブーツを取り入れていて、そのスタイリングもそれぞれのブーツにマッチした旬のテイストに仕上がっていました。スカート丈との良好バランスやちらっとだけの肌見せ具合など、見習いたいポイントをチェックして、ぜひ自身のスタイリングに取り入れてみましょう。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀