世界各国の王妃や王女たちのエレガントな装いには、特徴的なアイテムがいくつかあります。アクセサリーではティアラが有名ですが、ウエアではマントやケープが代表的です。穏やかなシルエットで、肩から背中まで全体をカバーしてくれるので、自然な余裕や落ち着きが備わります。

しかも、ゆったりしたボリューム感のおかげで、着痩せメリットを引き出せるのもうれしい長所。プリンセスたちの素敵な着こなしをお手本に、マントデビューを飾ってみませんか?

王妃や公妃の「マント」コーディネート5選、ほっそり見えるそのアウター使いを学びます

■1:マキシマ王妃は、「アートな立体感」で気になる体型をカバー

グラデーションのマントを着こなすマキシマ王妃
ネイビーをマントとワンピースで共有しているのも、全体が落ち着いて見える理由

ケープには短め丈のイメージがありますが、ロング丈のマント風スタイルを選べば、ドレスライクに着こなせます。ボディーラインをやんわりとカバーしてくれるから、どんな服の上からでも重ねやすい万能ウエアといえます。

オランダ王室のQueen Maxima(マキシマ王妃)は、冬のケープをエレガントに着こなしていました。ネイビーからキャメルへ流れる美しいグラデーションが、ドラマティックな装いへと導くマントをチョイス。内側に着たボーダー柄のワンピースが袖先や正面からのぞいて、立体的に見せることに成功しています。グローブ、クラッチバッグ、パンプスを、マント裾の色に合わせて、パーフェクトなカラーマッチングに仕上げられていました。

■2:全体のボリュームをスッキリ見せる「引き算スタイル」がお得意なマチルド王妃

淡いピンクベージュのマントのマチルド王妃
ミニバッグとパンプスも、ワンピースに色を合わせて、レディーなムードに

ケープやマントが優美な曲線を描くのは、全体が穏やかなムードに映る理由です。たっぷりしたボリュームは、合わせ方次第で、細感を引き出す効果も期待できます。

ベルギーのQueen Mathilde(マチルド王妃)は、淡いピンクベージュのマントをふんわりはおってセレモニーにお出まし。肩周りや裾の、丸みを帯びたシルエットが、ボディラインから目を逸らす助けとなっています。

濃いめピンクのワンピースとの「濃淡コンビネーション」で、メリハリを出すことにも成功。タイトなワンピースと量感の豊かなマントがボリューム格差を際立たせ、スレンダー感を印象づけていますね。

■3:「スキニーパンツ×サイハイブーツ」で美脚をメイクしたシャルレーヌ公妃

黒のマントでオールブラックのシャルレーヌ公妃
マットなマントと艶やかな黒革ブーツが絶好のコントラスト

裾の広がったマント類は、レッグラインをほっそり見せてくれる視覚効果を生む優秀アウター。冬はかさばりが気になる季節ですが、「マント×スキニーパンツ」の組み合わせは、細身イメージを強調する効果大です。

モナコのPrincess Charlene(シャルレーヌ公妃)は、オールブラックの出で立ちでニューヨークの街へ。黒のマントを、まるでミニ丈ワンピースのように着こなしていました。

コーデのポイントは、肌にぴったりしたレギンス風ボトムスで合わせたところ。ふんわりしたマントの裾下から、脚がスッと伸びているように見えるのは、サイハイブーツでレッグラインをさらに引き締めているから。黒でまとめたコーデも、細感を強調しています。

■4:上品な「同系色のセットアップ」をセレモニー服へ昇格させた、レティシア王妃

ワンピースとマントの同系色コンビのレティシア王妃
クラッチバッグとパンプスに施したスタッズモチーフが華やかでリュクス

ワンピースとマントがセットになったようなタイプは、シックな着映えにまとまります。上品なセットアップ風にも見せやすいから、少しかしこまった場面にもぴったりです。

スペインのQueen Letizia(レティシア王妃)がまとったのは、ワンピースとマントの同系色コンビ。深いグリーン系の色味も生きて、優美でエレガントな印象に。この日は王宮での授賞式でしたが、威厳と気品を兼ね備えた装いは、王妃らしさもしっかりキープ。パーティーやセレモニーでも応用が利きそうなコーデです。

■5:程よい抜け感が魅力の「肌見せ」スタイルを楽しむメーガン妃

深いネイビーのマントのメーガン妃
深いネイビーでまとめた、英国王室メンバーらしい装い

マントは全身をくるんでしまうと思われがちですが、実はそうでもありません。ノースリーブや半袖のウエアと組み合わせて、適度な肌見せを演出できます。

英国王室のMeghan, Duchess of Sussex(サセックス公爵夫人メーガン妃)は、英国女王の誕生パーティーという、極めて格式の高い催しに、マントシルエットでご出席。先にご紹介した、レティシア王妃と似たタイプのワンピースです。

マントの袖から腕がちらりと見えるから、重たく見えていません。胸元が詰まっているうえ、膝も隠れているので、ノーブルなたたずまい。公の場に着ていく際の参考になる着こなしです。


動きに合わせて揺らめくマントやケープは、冬の着こなしにエレガンスを添えてくれます。やや古風なシルエットは、かえって品格をアップ。クラシックや正統派がトレンドの今シーズンに、タイムレスな魅力を取り入れるのにも役立ちそうです。

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃