冬ルックの切り札的存在のトレンチコートは必需品でもありますが、実はスタイルを変化させるのが難しいマンネリ注意のアイテムでもあります。同じコートを着回す上で、見せ方を変えるテクニックを磨くのが上手な付き合い方といえます。

寒さが厳しいパリやニューヨークで過ごすセレブリティーは、マルチに着こなす技を心得ています。コーディネートのお約束的ボトムスは「黒パンツ」で、靴選びでアレンジを加えているのが印象的です。黒パンツですっきり整えつつ、さまざまなスタイの靴でイメージを操る技は、見られることに慣れているセレブならではのアイデアにあふれています。

トレンチコートは「靴」で着回す!今すぐ役立つ「3大セレブ技」で冬コーデをアップデートして

■1:【ブーツ編】脚長効果と安定感の一石二鳥

ミリタリーカラーのトレンチコート姿のKarlie Kloss(カーリー・クロス)
コートの自然な落ち感が縦長イメージを強調

黒パンツの足元をすっきり見せるには、ヒールが高めのブーツが使えます。凜々しくクールなレッグラインを引き立てる、最強のパワーツールです。

モデルのKarlie Kloss(カーリー・クロス)は、かかとが太くて、安定感の高いチャンキーヒールを履いて、パリの街へ。細身のパンツと高めヒールのブーツが一体化して、シャープな見え具合に仕上がりました。ミリタリーカラーのトレンチコートに、明るい赤のタートルネックがフェミニンなアクセントを添えています。

ニーハイ・ブーツとトレンチコート姿のアンジェリーナ・ジョリー
ストールを結ばずに垂らして、縦長効果を発揮

ブーツでレッグラインを引き締めるには、パンツ裾を収める「ブーツイン」が効果的です。レザーの見える面積が広がり、脚長イメージも増幅できます。

女優のAngelina Jolie(アンジェリーナ・ジョリー)は、ニーハイ・ブーツでニューヨークの空港に現れました。意外に歩き回ることが多くなる空港内では、安定感のあるブーツが便利。ジェットセッターのアンジーらしい選択です。スキニーパンツをインして、パーフェクトな美脚ルックに。トレンチコートは前を完全に開けて、裾を翻すという小粋な着こなし。出張コーデの華麗なお手本を披露してくれました。

■2:【パンプス編】品格あるフェミニンスタイルを実現

トレンチコートにフェミニンなパンプスのMadonna(マドンナ)
ゴールドネックレスの重ね付けでコートルックに華やぎをプラス

トレンチコートには本来、マニッシュな雰囲気が備わっているだけに、足元にフェミニンなパンプスを迎えると、全体が程よいミックスバランスにまとまります。さらにメンズ感が強まる黒系パンツを合わせることによって、より女らしい足元が際立つ仕掛けです。

年齢を感じさせないおしゃれアイコンの歌手・Madonna(マドンナ)は、トレンチのウエストを共布ベルトでキュッと絞ってメリハリを演出。黒パンツでシャープ感を引き出しました。靴はトレンチと同系色のパンプスでコーデ。肌なじみのよい色味のおかげで、脚が伸びやかに映っています。色数を抑えた結果、パリの街にふさわしいシックな着映えに仕上がりました。

ロング丈のトレンチコートにストラップパンプスのCarine Roitfeld(カリーヌ・ロワトフェルド)
きれいな足元を印象づける、足の甲が広く露出したパンプス

一口にパンプスといっても、デザインの種類は様々です。足首に細いストラップを巻き付けたり、足の甲に切れ込みを加えたりした、ディテールに凝ったタイプは、やや武骨なトレンチコートのムードをやわらげてくれます。

ファッションエディターのCarine Roitfeld(カリーヌ・ロワトフェルド)は、ストラップパンプスを選んで、脚を華奢見えさせました。ロング丈のトレンチコートは、ウエストで無造作に絞って、ドレスライクに着こなしています。コートの裾下から、細い黒パンツをちらりとのぞかせて、コートのゆったり感を生かし、シャープに整えました。

■3:【フラットシューズ編】歩きやすいのに凜々しい頼れる存在

トレンチコートと黒パンツにローファーのBrooke Shields(ブルック・シールズ)
アイコン的ディテールのホースビットが足元に視線を呼び込む

紳士靴ライクなローヒールの靴は、軽やかな足運びに導いてくれます。もともとメンズテイストを帯びたトレンチコートとは、申し分のない好相性を発揮してくれます。

女優のBrooke Shields(ブルック・シールズ)はキャリーケースを引いて、ニューヨークの空港に向かうところ。トレンチコートと黒パンツは、どこの国でもお仕事ルックの定番です。荷物が多いこともあってか、この日は楽ちんな「GUCCI(グッチ)」のローファーをチョイス。トラベルコーデを「きちんと見え」に整えているのは、格上ローファーの存在感です。

渋めトリコロールのAymeline Valade(エイメリン・バラデ)
石畳の多いパリでは、フラットで歩きやすいメンズ靴は頼もしいパートナー

カーキ色のトレンチコート、黒のパンツ、ブラウン系の靴という「渋めトリコロール」は、装いに落ち着きとカラーバランスをもたらします。色味が程よくずれているので、こなれ感が備わるのもこのコーデのメリットです。

フランス人女優のAymeline Valade(エイメリン・バラデ)はノンシャランとトレンチコートを羽織りました。こっくりブラウンのタートルネック・ニットトップスに重ねて、濃淡トーンを際立たせています。ニットトップスとローファー、ミニバッグをダークブラウンで統一し、上下とサイドから引き締めました。ボトムスには最も引き締め効果の強い黒をパンツに迎えて、細脚イメージを引き立たせました。


トレンチコート×黒パンツの基本コンビネーションに、いろいろな種類の靴を引き合わせることによって、使い分けのバリエーションがぐっと広がります。お仕事向けとプライベートシーンでのマルチ使いも叶うから、靴をムードチェンジャーに抜擢してみませんか?

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃