美容室Rougyのスタイリスト・江良 栞さんによると、「面長さんの場合、輪郭にぴったり沿うようなボブは顔型を強調してしまい、より顔が長く見えてしまいます」とのこと。

「そうならないためには、中間から毛先にレイヤーを入れて、ランダムな動きをつけることが大切です。乾燥して硬く見えがちな40代の髪を、柔らかく扱いやすくする効果も」(江良さん)

また、前髪をつくるのも、面長軽減には効果的。

「前髪は眉の高さで流れるようにつくることで、顔の縦幅を狭く見せることができます。一番短いところを眉上に設定したショートバングにすると重くなりすぎずおすすめです」(江良さん)

■髪型:軽やかに動く毛先でカジュアルに!髪質まで柔らかく見せるレイヤーカット

面長顔のボブヘア代表:深澤佳弥乃さん(48歳/医療関係)の場合

ボブ_1
完成
ボブ_2
サイド
ボブ_3
バック

深澤さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★★★★
  4. うるおい(乾→潤)★★★★
  5. 白髪の量(多→少)★★★

「毛先にパーマが残っていてクセがあるので、顔周りとトップにしっかりレイヤーを入れるだけで動きが出ます。前髪は眉上に設定して、流れるようにカットします」(江良さん)

■スタイリング:毛先のハネが出るようにドライし過ぎないのがポイント

「しっかりレイヤーを入れているので、基本的にはムースを揉み込むだけでOK。毛先と前髪に動きが出るようにスタイリングします」(江良さん)

スタイリング前
スタイリング前

■1:根元を起こしながら前髪とトップをドライ

根元を擦るようにして起こしながら乾かしていく。
根元を擦るようにして起こしながら乾かしていく。

■2:毛先にムースを揉み込む

トリートメントムースを、ハチ下の髪の毛先中心に揉み込んでパーマを戻す。
トリートメントムースを、ハチ下の髪の毛先中心に揉み込んでパーマを戻す。

■3:毛先と前髪にワックスをなじませて動きを出す

動きを出したい毛先と前髪に、ソフトワックスをなじませて動きを出しながら整える。あとは自然乾燥でOK。
動きを出したい毛先と前髪に、ソフトワックスをなじませて動きを出しながら整える。あとは自然乾燥でOK。

〈面長顔ボブ スタイリングのコツ3か条〉

  1. ■自然な動きが出るように乾かしすぎない
  2. ■ムースは毛先中心につけて、根元がペタンとしないようにする
  3. ■ムース、ワックスは揉み込むようにつけて動きを調整

「ほとんど自然乾燥なので、スタイリングに時間がかからないのもいいところ。前髪があるので、片サイドを耳にかけてもカバー効果は問題なし」(江良さん)

Rougy スタイリスト・江良 栞さん。最近はベランダで野菜や多肉植物などを育てるのにハマっているそう。「手間をかけるとちゃんと大きくなってくれるので、育てている感があって楽しいです」
Rougy スタイリスト・江良 栞さん。最近はベランダで野菜や多肉植物などを育てるのにハマっているそう。「手間をかけるとちゃんと大きくなってくれるので、育てている感があって楽しいです」

問い合わせ先

Rougy
住所/東京都港区南青山 3-10-32 Aoyama Morita bldg1F
TEL:03-6804-6082
営業時間:火・水・土10:00~19:00 木・金12:00~21:00 日・祝9:00~18:00
定休日:月曜・第3火曜 ※月曜祝日の場合は翌火曜休み

レザーカットでつくる、モードな格好良さと絶妙な抜け感のあるデザインが人気。
レザーカットでつくる、モードな格好良さと絶妙な抜け感のあるデザインが人気。
この記事の執筆者
美しいものこそ贅沢。新しい時代のラグジュアリー・ファッションマガジン『Precious』の編集部アカウントです。雑誌制作の過程で見つけた美しいもの、楽しいことをご紹介します。
PHOTO :
齋藤裕也〈t.cube〉
EDIT&WRITING :
山本二季
DIRECTION :
青木 笑