洗練されたファッションやメイクに注目が集まるメーガン妃。ほどよくトレンドを効かせたベーシックアイテムの着こなしは、日本女性からの支持も高く、そんな着こなしにマッチするメイクにも多くの人が興味津々。

どちらかというと、シャープな着こなしやメイクが得意なメーガン妃ですが、どこか親しみを感じられるのは、頬骨に沿って幅広に入れたチークのおかげ。幅広チークには、骨格矯正効果と柔らかさをもたらす効果があるのです。

Precious.jp内の「美人見えエイジレスメイク」の連載も大人気、ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんが、メーガン妃のチークについてレビュー。メーガン妃みたいな親しみのある洗練顔に導く、チークもご紹介します。

幅広チークで気品あふれる洗練顔に

フォーマルなシーンではベージュ系でシックに、ややカジュアルな場面ではオレンジ系で血色感をアップするのがメーガン流。
フォーマルなシーンではベージュ系でシックに、ややカジュアルな場面ではオレンジ系で血色感をアップするのがメーガン流。

「メーガン妃は頬骨がやや高く小顔なので、どうしても頬骨が目立ち、骨ばった印象を与えがち。それを頬骨に沿ってやや幅広に入れたチークで上手にカムフラージュしているところに注目です。

ほんのり血色感を漂わせることで柔らかな印象にシフト。ほんのりパール感のあるタイプを選び、頰のハリ感をアップさせている点もお見事。シーンに応じて、ベージュとオレンジのチークを使いわけているのも素敵ですね。ベージュ、オレンジともにメーガン妃のヘルシーな褐色肌になじみやすく、上品さを損なうことがありません」と長井さん。

長井かおりさん
ヘア&メイクアップアーティスト
多くの女優やモデルからの指名を受ける人気ヘア&メイクアップアーティスト。雑誌や広告など第一線で活躍する傍ら、メイクレッスン講師としても活躍。ひとりひとりの個性や魅力を引き出す、上品なメイクテクニックにファン多数。大人のリアルな肌や骨格の悩みをメイクで解決する「Precious.jp」の連載も大人気。今回はキャサリン妃のリップメイクを鋭い視点で分析。

肌なじみのよいカラーを頬骨に沿って幅広に入れて、骨格補正しているメーガン妃のチークテクニック、ぜひ見習いたいものです。

【メーガン妃の幅広チーク3つのPOINT】

1.赤みを抑えたベージュは頬骨に沿って幅広・長めに入れる
2.やや血色感の強いオレンジは、頬骨上に幅広・短めにオン
3.ベージュ・オレンジともに、ほんのりパール感があるものを選び、パンプアップ効果を狙う

次ページ メーガン妃の洗練チークおすすめ
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
永谷知也(will creative)、AFLO
EDIT&WRITING :
新田晃与