1924年(大正13年)に創業した老舗洋菓子店「コロンバン」。創業当初から現在に至るまで、洋菓子業界では唯一の宮内省御用達のお店です。

また、日本人がケーキと聞いて真っ先に思い浮かべるであろう「ショートケーキ」をつくり出したのが、コロンバン創業者の門倉國輝氏です。

【関連記事:ショートケーキの生みの親!老舗洋菓子店「コロンバン」が生み出したケーキが日本人の舌に合う理由】

そんな、現在も愛され続けているショートケーキの他、モンブランやロールケーキ、季節の商品など、生菓子だけでも多くの品ぞろえを誇っていますが、コロンバンではクッキーやバウムクーヘンなどの焼き菓子も充実しています。

「高度成長と共に多店舗展開していくなかで、お中元やお歳暮などの大きなイベントに絡んで商品を供給しなければいけなくなり、焼き菓子をつくる必要がありました。昭和50年代に入ってから、茨城に焼き菓子専門の工場を設け、そこでクッキーなどの焼き菓子をつくり始めました」と話すのは、商品部長の太田眞裕さん。

実際に、手土産として買っていく方が多いので、今も焼き菓子系のほうが売れているのだそうです。

では、現在最も人気のある商品はどれなのでしょうか? 今回は、太田さんに伺ったコロンバンの2019年ヒット商品ランキングをご紹介します。

老舗洋菓子店コロンバンの2019年ヒット商品ベスト5

■5位:繊細な層が重なったサクッと食感が魅力「銀座フレンチパイ」

スイーツ_2,手土産_2,プレゼント_2,ランキング_2,東京_2
「銀座フレンチパイ」20枚入¥1,000、30枚入¥1,500、40枚入¥2,000

フレッシュバターをたっぷり使用した生地を幾層にも重ね、一枚一枚丁寧に焼き上げており、サクッとした食感が楽しめるパイ。フレーバーは、アーモンド、プレーン、チョコレートの3種類。

「1987年(昭和62年)に国鉄が民営化され、駅構内のマーケットの拡大を図ろうとしていたとき、おみやげマーケット向けに開発された商品です。

東京駅構内のグランスタ東京で、2番目に売れている商品です。こちらも出張に行くサラリーマンが多く買われていきますね」(太田さん)

横浜地区の店舗限定で、横浜の風景が描かれたパッケージの「横濱フレンチパイ」もありますよ。

■4位:飽きがこない焼き菓子の詰め合わせ「コロンバンビスキュイ」

スイーツ_1,手土産_1,プレゼント_1,ランキング_1,東京_1
「コロンバンビスキュイ」24個入¥1,000、33個入¥1,500 ※コンビニエンスストアの一部店舗で販売

クリームサンドバニーユやショコラアマンドなど、自慢の焼き菓子を詰め合わせた、華やかでボリューム感のあるアソートギフト。専用の手提げ袋付きなので、訪問時の手土産品としても最適です。

一部コンビニエンスストア限定で発売されています。

「コンビニでしか買えない商品なのですが、急に手土産が必要になったときに購入できる気軽さで人気の商品です。サラリーマンの方が多く買われているようです」(太田さん)

■3位:夏でも溶けないチョコレート菓子「原宿焼きショコラ」

スイーツ_5,手土産_5,プレゼント_5,ランキング_5,東京_5,チョコレート_1
「原宿焼きショコラ」5個入¥600、12個入¥1,000、18個入¥1,500 ※東京地区、オンラインショップ等で販売

ショコラは手土産に間違いないけれど、夏場は溶けてしまう……そんな声を受けてコロンバンが開発した、夏でも溶けないベイクドタイプのショコラ。試作を繰り返してようやくできた自信作だそう。

コロンバン独自の製法により「ふわふわ」「サクサク」食感を実現しています。カカオマスの配合比をあげたビター感が味わい深く、口当たりは軽いのにしっかりと食べ応えがあります。

「クランチを入れて、サクッと、ホロホロとした食感にしています。夏でも溶けないベイクドタイプなので、年間通して売れています。

原宿という地名を入れているのは、銀座フレンチパイ同様、お土産として選んでいただきたいからなんですよ」(太田さん)

「原宿白い焼きショコラ」「苺の焼きショコラ」「京都 抹茶の焼きショコラ」などのフレーバーもあるほか、日本の伝統文様である「亀甲文様」のパッケージに、スイートチョコベースの焼きショコラといちご味の焼きショコラを詰め合わせた、年賀等の期間限定商品「紅白焼きショコラ」など、さまざまな種類を展開しています。

■2位:バターの濃厚な味わいが楽しめる焼き菓子詰め合わせ「フールセック」

スイーツ_3,手土産_3,プレゼント_3,ランキング_3,東京_3
「フールセック」9枚入¥500、19枚入¥1,000、33枚入¥2,000、50枚入¥3,000 ※関東・中京・関西のショップ及びサロンで販売

コロンバンが選び抜いた濃厚な味わいのバターをたっぷりと使用した、贅沢な焼き菓子をワンボックスに詰め合わせた、手土産におすすめの商品。パルミジャーノレジャーノ、フランボワーズ、ピスタチオなど、こだわりの焼き菓子を一度に楽しめるのが人気の理由です。

スイーツ_4,手土産_4,プレゼント_4,ランキング_4,東京_4
フールセックは宮内庁にも納品しているクッキー

「フールセックのクッキーの一部は、宮内庁にも納品しています。

10年ほど前から、オリジナルのパッケージに仕立て、さらにクッキーに刻印もできる、オーダータイプのフールセックも受注しております。たとえば大学からの発注で、その大学のデザインでつくったものを大学内の生協などで販売していただいており、こちらも人気が高い商品ですね」(太田さん)

「宝塚フールセック」や「東京駅丸の内駅舎フールセック」など、店舗限定のフールセックにも注目です。

■1:ロングセラーのラングドシャ・クッキー「メルヴェイユ」

スイーツ_6,手土産_6,プレゼント_6,ランキング_6,東京_6
「メルヴェイユ」15枚入¥500、27枚入¥1,000、39枚入¥1,500、54枚入¥2,000

コロンバンのロングセラー商品が堂々の1位。サクッとした食感のラングドシャ・クッキーに、なめらかなチョコレートクリームをはさんでいます。チョコレートクリームはスイート、ミルク、コーヒーの3種類。

モンドセレクションで3年連続金賞を受賞(2010年〜2012年)している、コロンバンを代表する人気商品です。

「15枚で500円という価格も魅力的だと思いますが、味もとてもおいしいので、長く愛されてよく売れている商品です」(太田さん)

スカイツリーをデザインしたパッケージの「東京スカイツリー®メルヴェイユ」や、ライトアップされた夜の歌舞伎座をパッケージにデザインした「歌舞伎座メルヴェイユ」など、店舗限定商品もありますよ。


以上、老舗洋菓子店コロンバンの、2019年ヒット商品ランキングでした。手土産の需要が多いため、消費期限の長い焼き菓子が好まれているようです。また、意識的にお土産のマーケットを拡大してきたコロンバンはお土産用のスイーツも多く、一度にたくさん買われる方も多いのかもしれませんね。

老舗の確かな品質を提供する、コロンバンの彩り豊かなお菓子の数々を、大切な人への手土産に選んでみませんか?

※価格はすべて税抜です。

問い合わせ先

コロンバン

0120-55-4282​(お客様窓口、土日祝祭日を除く9:00~17:00)

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
小林麻美