ダウンジャケットは寒さしのぎに便利だけれど、いつも似たようなスタイルに落ち着きがち。コーディネートの工夫が欠かせませんよね。ダウン特有のカジュアル&アウトドアな雰囲気を薄めるアレンジが、特別な着こなしへのパスポート。世界のおしゃれセレブはテクニックを操って、ダウンをエレガントに着こなしています。

コーデの秘訣は、スカートやストールなどフェミニンなアイテムの合わせ方。セレブの街角スナップを参考に、ダウンをエレガントに見せるコーデ術を学んでまいりましょう。

ダウンをエレガントに魅せる!海外セレブに学ぶ、カジュアルで終わらない神コーデ5選

■1:ショートダウン×プリーツスカートできれい見え

ダウンにプリーツスカートを合わせた、Natalia Vodianova(ナタリア・ヴォディアノヴァ)
赤のニット帽がカジュアルアップの差し色に

カジュアルでアウトドアなムードを帯びるダウンウエアも、ボトムスを工夫すればエレガントに見せられます。プリーツスカートのような上品テイストのボトムスが、絶好のパートナーに。シックな色味で統一すれば、大人っぽさが深まります。

モデルのNatalia Vodianova(ナタリア・ヴォディアノヴァ)は、ベージュのパフィなジャケットにくるまって、ニューヨークの街にお出かけ。ダウンルックのはずなのに、きちんと見えしている理由は、プリーツスカートを合わせているから。ラフな表情のダウンアウターを、艶めいた黒のプリーツスカートがムードをチェンジ。ショートブーツもベージュで統一、シックな雰囲気に仕上げられています。

■2:コンパクトダウン×艶やかスカートでロマンティック見え

ライトダウンとフェミニンなフレアスカートの、Jenny Walton(ジェニー・ウォルトン)
顔周りにノーブル感を添える、パールモチーフのイヤリング

薄めのライトダウンウエアは、かさばりすぎないから、春先まで長く着られる重宝アイテムです。インナーダウン風に見えがちですが、フェミニンなフレアスカートを合わせれば、ロマンティックな着映えが叶います。

ファッショニスタでイラストレーターのJenny Walton(ジェニー・ウォルトン)は、パウダーピンクのライトダウンを見事に着こなしていました。花柄のスカートは、淡いピンクの地色がダウンジャケットとリンク。内側に着込んだ赤のブラウスを、襟元や袖口、裾から程よくのぞかせて、ピンクとのツートーンに仕上げているのがおしゃれ。

■3:ショート丈ダウン×ふんわりストールでエレガント見え

ダウン×パンツで気取らない普段着コーデの、Helen Mirren(ヘレン・ミレン)
華やぎと防寒を両立させてくれる「シルク」のストール

アクティブな気分のダウンジャケットにも、優美な雰囲気をまとわせるためのキーピースは、スカーフやストール。首から巻き垂らすだけで、艶やかな印象に。

女優のHelen Mirren(ヘレン・ミレン)はダウン×パンツの装いで、ビバリーヒルズでのランチに。気取らない普段着コーデですが、手抜きに見えないのは、生地をたっぷり使ったストールを添えているから。厚手のマフラーではなく、空気をはらむシルク系ストールが大人っぽいエレガンスを薫らせています。

防寒仕様のマフラーに比べ、思い通りにムードをスイッチさせやすいので、ダウンルックを着回すマジックツールとして是非、お試しあれ。

■4:黒のコンパクトダウン×オールブラックですっきり見え

オールブラックのクールな出で立ちの、Olivia Palermo(オリビア・パレルモ)
異素材ウエアそれぞれの風合いが黒ルックに立体感をもたらしました

黒の引き締め効果は、ダウンウエアにも有効です。膨張しやすいダウンルックに生かすメリットは絶大。スタイリングのコツは、質感の異なる黒アイテムを組み合わせるところです。

おしゃれアイコンのOlivia Palermo(オリビア・パレルモ)は、オールブラックのクールな出で立ち。全体をシャープに見せているのは、レザーのボトムス。ふわふわのダウンを黒の統一感が引き締めています。ジャケットの袖をひじまでまくり上げて、インナーのニットをのぞかせているのも、すっきり感を高める小技です。

■5:ショート丈のボリュームダウン×ワイドパンツでヘルシー見え

真っ赤なダウンジャケットの、Karlie Kloss(カーリー・クロス)
大襟をワイドに広げて、小顔に見せる小技はさすが

もともとダウンジャケットには、スポーティな気分が宿っています。だから、その持ち味を生かしながら、エレガントな雰囲気を添えれば、ヘルシーな装いを演出できます。

モデルのKarlie Kloss(カーリー・クロス)は、真っ赤なダウンジャケットを着込んで、ニューヨークの街へ。コーデの決め手は、黒のワイドパンツ。レッグラインが長く、シャープに映っていますね。このパンツの余裕が、レギンスやスキニージーンズほどにはカジュアルに寄せない、ムードづくりに役立っています。白スニーカーで黒パンツとのコントラストを際立たせているのも、足長に見せている上手なテクニック。


軽さと暖かさが頼もしいダウンジャケットは、フェミニンなボトムスや異素材の小物と組み合わせると、こなれ感が高まります。冬の防寒コーデをおしゃれに格上げするためにも、エレガントなムードを意識したダウンコーデを試してみませんか?

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃