冬のレディースのカジュアルなスカートコーデを、ラグジュアリー・ファッション誌『Precious』から厳選しました。ロングスカートをカジュアルダウンさせたこなれコーデや、上品さも備えたオフィスカジュアルコーデなど、大人の女性がカジュアルな着こなしを楽しむヒント、見つけていただければ幸いです。

【目次】

30代など大人世代にもおすすめ レディース冬のカジュアルスカートコーデ


【1】ライトグレージュスカート×グレージュニット

ニット(スローン)、スカート(クルーズ〈ボーメ〉)、ストール(ボーダレス〈ベグアンド コー〉)、ピアス(フレッド)、靴(HAUNT代官山/ゲストリスト〈サルトル〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2020年
ニット(スローン)、スカート(クルーズ〈ボーメ〉)、ストール(ボーダレス〈ベグアンド コー〉)、ピアス(フレッド)、靴(HAUNT代官山/ゲストリスト〈サルトル〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2020年

凝った模様編みが楽しいグレージュのアランニットは、「リッチアウター」に上品な陰影を添えるだけでなく、アウターオフしても絵になる優秀アイテム。ライトグレージュのティアードスカート、エクリュのカシミヤストールを合わせて、繊細なグラデーションを表現。甘さ控えめのフェミニンスタイルで、洗練を知る大人のセンスを感じさせて。

【2】オレンジスカート×ブラウンニット

ニット(スローン)、スカート(J&Mデヴィッドソン 青山店)、バッグ(トッズ・ジャパン)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、靴(HAUNT代官山/ゲストリスト〈サルトル〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2020年
ニット(スローン)、スカート(J&Mデヴィッドソン 青山店)、バッグ(トッズ・ジャパン)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、靴(HAUNT代官山/ゲストリスト〈サルトル〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2020年

シナモンオレンジのスカートを主役に、スパイスカラーを組み合わせて、旬の着こなしを。シルクスカートの程よい光沢感が、ブラウン調でまとめた着こなしをまったり見せず、小粋に仕上げてくれます。

【3】黒スカート×黒ニット

スカート(マディソンブルー)、ニット(スローン)、サングラス(アイヴァン PR)、バングル・ブレスレット(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2020年
ニット(スローン)、スカート(マディソンブルー)、サングラス(アイヴァン PR)、バングル・ブレスレット(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2020年

輪郭をぐっと引き締めて見せるオールブラックの着こなしは、大人こそ似合う配色。ワントーンの黒を素敵に着こなすために、きれい色や甘いテイストをプラスしましょう。

黒タートルとタイトスカートでシンプルにまとめたぶん、ミモザのような鮮やかなかごバッグで、チャーミングなアクセントを。上質なカシミヤやスエード素材のマットな質感で、黒の着こなしを上品に、やわらかく見せて。

【4】グレータイトスカート×グレーニット

ブーツ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ヴィットリオ ヴィルジリ〉)、スカート・ニット(ピーチ〈ラスパイユ〉)、サングラス(アイヴァン7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)、ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&Mデヴィッドソン 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ニット・スカート(ピーチ〈ラスパイユ〉)、サングラス(アイヴァン7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)、ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&Mデヴィッドソン 青山店)、ブーツ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ヴィットリオ ヴィルジリ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

端正な黒のスエードブーツで、グレーニットのセットアップに優しげなメリハリを。タイトスカートとロングブーツですっきりとしたラインがかなう。

【5】白スカート×グレーニット

ニット(ムーレー 銀座店〈ムーレー〉)、スカート(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ピアス・バングル・リング(TASAKI)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、ブーツ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈サルトル〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ニット(ムーレー 銀座店〈ムーレー〉)、スカート(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ピアス・バングル・リング(TASAKI)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、ブーツ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈サルトル〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

ひんやりと冷たい風が吹き始めたら、ウールダブルフェースのスカートで、温もり感のある装いに。ミディ丈のAラインスカートに合わせるべきは、人気再燃中の端正なフォルム&ナチュラルな艶が美しい、乗馬ブーツ。こっくりとしたコニャック色が、秋のトラッドスタイルに奥行きをもたらします。

【6】白スカート×グレーニット

ニット・スカート(アストラット 新宿店〈アストラット〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブラミンク〈フラテッリジャコメッティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット・スカート(アストラット 新宿店〈アストラット〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブラミンク〈フラテッリジャコメッティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ボトルネックのざっくりとしたウールニットは、腰巻き風のデザインがアクセントになり、一枚で旬のおしゃれへと導いてくれます。落ち着いたチャコールグレーのニットには、やわらかな色味のプリーツスカートを合わせて、軽快に仕上げて。ジュエリーを控えたぶん、チェーンバッグで艶めきをプラス。

【7】グレースカート×黒ニット

ニット(ムーレー銀座店〈ムーレー〉)、スカート(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈マディソンブルー〉)、サングラス(プロポデザイン〈propo〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット(ムーレー銀座店〈ムーレー〉)、スカート(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈マディソンブルー〉)、サングラス(プロポデザイン〈propo〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ローゲージの黒のタートルネックニット×ロングスカートで、犬のお散歩コーディネート。フランネル素材のハリ感のあるスカートを選んで、コンサバに見せないのも、グレーのスカートスタイルをフレッシュに見せる秘訣。ざっくりとした黒のニットに、メタリックシルバーのボディバッグを合わせて、印象をモダンに引き締めて。

【8】黒スカート×黒ニット

スカート・ニット・ベルト(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、ペンダント・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(モワナメゾン GINZA SIX)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット・スカート・ベルト(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、ペンダント・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(モワナメゾン GINZA SIX)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ボリュームのあるひざ下丈スカートを、同素材のハイゲージのリブニットに合わせた、女らしいベーシックコーディネート。太めベルトでウエストマークし、ワンピースのように着こなします。足元はショートブーツを合わせて、抜け感を出すのが秋冬らしいバランス。

【9】黒スカート×黒ニット

バッグ・スカート・靴・ニット(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
バッグ・スカート・靴・ニット(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

タートルネックニットと艶のある膝丈スカートのシンプルなブラックコーディネートに、ブロックチェックのようなマキシイントレチャートのバッグが軽快な印象を与えます。ボッテガ・ヴェネタらしく、丹念に編まれたナッパなので、驚くほどしっかりとしていて、スマートなボックス型のバッグです。

【10】カーキスカート×ブラウンブルゾン×柄ブラウス

ブルゾン・カーディガン・ブラウス・スカート・バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、イヤリング(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〈ドナテラ・ペリーニ〉)、リング(エストネーション〈アリアナ ブザード ライフォル〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
ブルゾン・カーディガン・ブラウス・スカート・バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、イヤリング(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〈ドナテラ・ペリーニ〉)、リング(エストネーション〈アリアナ ブザード ライフォル〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

オリーブブラウンのブルゾンに、オリーブカーキのスカート、多彩なグリーンが彩るトップス…。ていねいに色を重ねるだけで、おしゃれ鮮度が高まって。

オフィスにもおすすめ 冬のカジュアルスカートコーデ


【1】黒タイトスカート×グリーンニット

ニット(オーラリー)、スカート(マディソンブルー)、サングラス(アイヴァンPR〈アイヴァン〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(HAUNT代官山/ゲストリスト〈サルトル〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2020年
ニット(オーラリー)、スカート(マディソンブルー)、サングラス(アイヴァンPR〈アイヴァン〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(HAUNT代官山/ゲストリスト〈サルトル〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2020年

セージグリーンのベビーカシミヤのタートルニットに、ブラックのスエードタイトスカートとロングブーツを合わせて品よく。ゴールドチェーンのバッグをスパイス役にきかせて。

【2】キャメルスカート×ライトグレーコート×キャメルニット

ブーツ・カシミヤスカート・ニット・手に持ったコート・イヤリング・バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉) タイツ『ベルーティン70(ZIBELLINO)』(ステッラ〈ピエールマントゥー〉) 撮影/来家祐介(aosora) BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ニット・手に持ったコート・ブーツ・カシミヤスカート・イヤリング・バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉) タイツ『ベルーティン70(ZIBELLINO)』(ステッラ〈ピエールマントゥー〉) 撮影/来家祐介(aosora) BY:『Precious11月号』小学館、2019年

淡グレーのコートの中をキャメルのワントーンでまとめ、華やぎをもたらすマーメイドスカートを合わせたレディなコーディネート。モダンでエレガントな黒のショートブーツは、華やぎスカートの引き締め役に。

【3】グレースカート×パープルニット

ニット(ドゥロワー六本木店〈ドゥロワー〉)、スカート(YOKO CHAN)、眼鏡(アイヴァン PR)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(モワナメゾン GINZA SIX)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット(ドゥロワー六本木店〈ドゥロワー〉)、スカート(YOKO CHAN)、眼鏡(アイヴァン PR)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(モワナメゾン GINZA SIX)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

なめらかなメルトンウールが美しいAラインシルエットを描くスカートを主役に、小粋なコーディネートを。旬色パープルのカシミヤシルクニットに、意外性のあるライトグリーンのバッグを合わせて鮮度アップ。

【4】グレースカート×カーキブラウス

シャツ(マディソンブルー)、スカート(ブラミンク〈ブラミンク〉)、ピアス・ネックレス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ストール(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉)、バッグ(ユナイテッドアローズ 銀座店〈スーザン サツマリー〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
シャツ(マディソンブルー)、スカート(ブラミンク〈ブラミンク〉)、ピアス・ネックレス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ストール(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉)、バッグ(ユナイテッドアローズ 銀座店〈スーザン サツマリー〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

なめらかなウールのシャツとクラシカルなプリーツスカートで好感度の高い、上品なトラッドを楽しんで。バッグとロングブーツは艶のある端正な小物でそろえて、シックに。

【5】白スカート×グレージャケット×白ニット

ジャケット・スカート・バッグ・靴・ニット(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ジャケット・スカート・バッグ・靴・ニット(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

歩くたびにリズミカルに揺れるプリーツスカートが、男前なジャケットの緊張感を和らげる甘辛バランスが新鮮なコーディネート。主役のジャケットはミディアムグレーの細かいチェックが、マニッシュな魅力を演出します。ウエストを絞らないボックスシルエットだから、ボタンを留めずに着こなしたい。足元はあえて重めのショートブーツが旬のバランス。

【6】黒スカート×黒ニット

ニット(wb)、スカート(Vince 表参道店)、ストール(エルメスジャポン)、ピアス・ブレスレット(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、タイツ(ステッラ〈ピエールマントゥー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
ニット(wb)、スカート(Vince 表参道店)、ストール(エルメスジャポン)、ピアス・ブレスレット(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、タイツ(ステッラ〈ピエールマントゥー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

スリムなタートルニットにロングのレザースカートという、ダークトーンの装いに華やぎをもたらす、タータンチェックのカシミヤ大判ストールをポイントにしたコーディネート。ストールの温かな風合いは、黒レザーのクールな表情と好対照。印象の異なる素材を組み合わせることで、メリハリが生まれ、絵になる着こなしに。

【7】グレースカート×白ファージレ×黒ニット

ジレ(ストラスブルゴ〈MANZONI24〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、プレインピープルのスカート・マリヤのキャップ(プレインピープル丸の内)、バッグ・別売りのストラップ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
ジレ(ストラスブルゴ〈MANZONI24〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、プレインピープルのスカート・マリヤのキャップ(プレインピープル丸の内)、バッグ・別売りのストラップ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

クルチアーニのカシミヤ100%のタートルネックニットに、ストレスフリーなプリーツスカートを合わせ、カシミヤファーのジレを合わせたきれいめカジュアル。ニットとブーツに黒をつなげてキレ味よく仕上げましょう。

【8】黒スカート×ライトベージュジャケット×白ニット

マックスマーラのジャケット・キュロットパンツ・スポーツマックスのニット(マックスマーラ ジャパン)、ピアス・ブレスレット・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉)バッグ・チャーム(トッズ・ジャパン)、ブーツ(コール ハーン ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
マックスマーラのジャケット・キュロットパンツ・スポーツマックスのニット(マックスマーラ ジャパン)、ピアス・ブレスレット・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉)バッグ・チャーム(トッズ・ジャパン)、ブーツ(コール ハーン ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

極上ウールだからかなう、リッチな淡ベージュが新鮮なマックスマーラのジャケット。ヒップを覆う長めの丈を、コート感覚で颯爽と着たい。プリーツが入ったキュロットパンツには、ロングブーツで足元をつなげて。このカジュアルなこなれ感が、ジャケットの鮮度を上げます。

【9】カーキスカート×白ブラウス

M.filのブラウス. ペセリコのスカート・和光のピアス・リング・バッグ(和光) 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) BY:『Precious12月号』小学館、2019年
M.filのブラウス・ペセリコのスカート・和光のピアス・リング・バッグ(和光) 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) BY:『Precious12月号』小学館、2019年

白ブラウスにカーキのスカートを合わせた、カジュアル感もありつつこの上なくエレガントなスタイリング。合わせたバッグは、最高級を誇るパプアニューギニア産のスモールクロコダイルのレザーに、18Kゴールドの金具を組み合わせたワンハンドルバッグ。ハンドルのフォルムも遊び心が感じられて新鮮。

冬のカジュアルロングスカートコーデ


【1】黒ロングスカート×黒ライダースジャケット×黒カットソー

ジャケット(チンクワンタ)、カットソー(エイトン 青山)、スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ピアス(showroom SESSION〈マリア ブラック〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(J.M. WESTON 青山店)タイツ/私物 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2020年
ジャケット(チンクワンタ)、カットソー(エイトン 青山)、スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ピアス(showroom SESSION〈マリア ブラック〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(J.M. WESTON 青山店)タイツ/私物 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2020年

トレンドのチュールスカートは、ライダースジャケットを合わせて、甘辛バランスを完成。白の小さめバッグでオールブラックに可憐な印象を加えて。

【2】黒ロングスカート×ライトベージュニット

ニット(ブラミンク)、スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ピアス・ブレスレット・リング(0 TASAK〈I M/G TASAKI〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)靴(HAUNT代官山/ゲストリスト〈サルトル〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2020年
ニット(ブラミンク)、スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ピアス・ブレスレット・リング(0 TASAK〈I M/G TASAKI〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)靴(HAUNT代官山/ゲストリスト〈サルトル〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2020年

おしゃれ心を刺激するチュールスカートを休日に楽しむときには、ざっくりとしたニットを合わせて、リラックスした雰囲気に。斜め掛けしたマーク クロスのスクエアなバッグと、パールジュエリーのまろやかな雰囲気が、淡いベージュのニットのやわらかさとマッチ。

【3】グレーロングスカート×グレーニット

カシミアのニット(ブラミンク)、スカート(ebure〈ebure〉)、ベルト(yoshie inaba)、バングル (エスケーパーズ〈リジー フォルトゥナート〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ)、タイツ/私物 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious1月号』小学館、2020年
カシミアのニット(ブラミンク)、スカート(ebure〈ebure〉)、ベルト(yoshie inaba)、バングル (エスケーパーズ〈リジー フォルトゥナート〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ)、タイツ/私物 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious1月号』小学館、2020年

腰位置が高く、脚長に見えるミディ丈のロングスカートも、今季は断然、ベルトマークしてニットをイン。洗練グレーワントーンのすっきり感を妨げないよう、なじませながら色味を感じさせない光沢グレーのベルトが役立つ。グレーと好相性のボルドーをシックな差し色に。

【4】キャメルロングスカート×黒ニット

ebureのニット・メゾン ボネットのベルト(ebure)、スカート(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)ピアス・ペンダント(アルテミス・ジョイエリ)、ブーツ(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious1月号』小学館、2020年
ebureのニット・メゾン ボネットのベルト(ebure)、スカート(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)ピアス・ペンダント(アルテミス・ジョイエリ)、ブーツ(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious1月号』小学館、2020年

ニット&スカートをいちばん新鮮に見せてくれるのが、ベルト使い。黒ニット×キャメルのスカートという永遠のベーシックを、鮮やかに更新できます。まずシンプルニットはパフスリーブで優雅に。スカートはフリンジで遊ぶミモレ丈。またゆったりロングブーツをのぞかせて最旬の足元を。そして仕上げはベルトマークで端正に。

【5】黒ロングスカート×ブラウンニット

ニット(アストラット 新宿店〈アストラット〉)、スカート(ebure)、スカーフ・時計・レザーブレスレット・エナメルバングル・バッグ(エルメスジャポン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2020年
ニット(アストラット 新宿店〈アストラット〉)、スカート(ebure)、スカーフ・時計・レザーブレスレット・エナメルバングル・バッグ(エルメスジャポン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2020年

チョコブラウンが醸す上品なこなれ感は、カジュアルスタイルの更新にも効果的。たとえば、ファーのような風合いのニットと艶やかなレザーのスカートをワントーンにしても重く見えず、質感のメリハリがリッチな女らしさを演出。さらに襟元のスカーフやバングル、バッグ、靴…とネイビーをちりばめることで、着こなし全体に動きが生まれて。カフェでくつろぐ姿に、いきいきとした個性が香ります。

【6】グレージュロングスカート×グレーニット

ニット・スカート・ネックレス・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious12月号』小学館、2019年
ニット・スカート・ネックレス・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious12月号』小学館、2019年

ファビアナフィリッピの人気商品・グレージュのチュールスカートは、合わせやすいくるぶし丈。極限まで薄く、軽やかなチュールに細かくギャザーを寄せ、たっぷりとした4枚重ねに。繊細な色調は重ねることでよりニュアンスを増し、フェミニンな魅力を放っています。

ドレスアップシーンでは、あえてカジュアルなオーバーサイズニットを合わせて、こなれ感を演出。ボールチェーン「ルーチェ」を連ねたネックレスで胸元を飾り、足元は重めのブーツを。

【7】チェックロングスカート×カーキニット

ニット/Precious創刊15周年記念コラボ商品・スカート・ペンダント・帽子・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious12月号』小学館、2019年
ニット・スカート・ペンダント・帽子・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious12月号』小学館、2019年

シンプルな深広Vネックニットに、チュールレースを軽やかに重ね、アシメトリーヘムでリズムをつくったタータンチェック柄スカートの個性が調和。ニットのカーキを基軸に、落ち着いたシックトーンでまとめると、鮮度の高いフェミニンスタイルが完成します。

【8】ライトグレーロングスカート×白ニット

ニット/Precious創刊15周年記念コラボ商品・スカート・靴(ウールン商会〈ペセリコ〉)ピアス.カドー伊勢丹新宿店.カドー.. ブレスレット(ホワイトオフィス〈ジジ〉 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ニット・スカート・靴(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ピアス(カドー伊勢丹新宿店)、ブレスレット(ホワイトオフィス〈ジジ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

わずかにグレーみを帯びたペセリコのオフホワイトのニットは、純白にはない上品さが魅力。スパンコールをちりばめた生地の上にチュールレースを重ねたスカートを合わせて。奥行きのあるワントーンスタイルに控えめなエレガンスが漂います。

【9】イエローロングスカート×白ニット

スカート(コロネット〈エアロン〉)、ニット(アマン〈アンスクリア〉)、チョーカー・ブレスレット・リング(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(Theory luxe) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット(アマン〈アンスクリア〉)、スカート(コロネット〈エアロン〉)、チョーカー・ブレスレット・リング(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(Theory luxe) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

コットンリブの深Vニットにロングのプリーツスカートを合わせ、ショートブーツを合わせたいい女ベーシックコーディネート。主役は、部分的にプリーツを入れたボリュームあるスカート。こっくりとしたマスタードイエローはどんな色とも相性抜群です。靴とロングスカートの隙間が、靴と同系色の透け感のあるタイツやストッキングでつなぐと、うまくいきます。

【10】アプリコットロングスカート×白ニット

スニーカー・バッグ(トッズ・ジャパン)ストール(チェルキ〈カングラ〉)、ニット(トラデュイール)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉)サングラス(アイヴァン)ピアス・バングル(ザ・ショーケース バイ デルパン GINZA SIX店〈アイアム バイ イレアナ・マクリ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
スニーカー・バッグ(トッズ・ジャパン)ストール(チェルキ〈カングラ〉)、ニット(トラデュイール)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉)サングラス(アイヴァン)ピアス・バングル(ザ・ショーケース バイ デルパン GINZA SIX店〈アイアム バイ イレアナ・マクリ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

淡いアプリコットのロングスカートに、やわらかな白のニット&ストールがとろける、フェミニンなコーディネート。スニーカーでカジュアルに、大人かわいく仕上げたい。ピンクベージュの繊細なカットワークレザーのトッズのスニーカーで、ラグジュアリーな外しを。

【11】グリーンロングスカート×グリーンシャツ

シャツ・スカート(エストネーション)、ニット(ロンハーマン)、ピアス・バングル・ブレスレット・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ベルト(コロネット〈エアロン〉)、バッグ(RHC ロンハーマン〈KAYU〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
シャツ・スカート(エストネーション)、ニット(ロンハーマン)、ピアス・バングル・ブレスレット・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ベルト(コロネット〈エアロン〉)、バッグ(RHC ロンハーマン〈KAYU〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

シャツ&スカートのセットアップに、フレッシュなグリーンをニット、バッグ、靴にちりばめて。仕上げは、ゴールドジュエリーをたっぷりと重ねづけしましょう。

【12】ブラウンロングスカート×柄ニットジレ×ブラウンニット

ファー付きニットジレ(edit & co〈. edit &co. Cowichan〉)、タートルニット・スカート(アパルトモン 青山店〈アパルトモン〉)、ピアス・バングル(アガット)、ペンダント(プレインピープル丸の内〈レナール・ビジュー〉)、靴(ビルケンシュトック・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
ファー付きニットジレ(edit & co〈. edit &co. Cowichan〉)、タートルニット・スカート(アパルトモン 青山店〈アパルトモン〉)、ピアス・バングル(アガット)、ペンダント(プレインピープル丸の内〈レナール・ビジュー〉)、靴(ビルケンシュトック・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

カナダを発祥の地とするカウチンニットは、朴訥な表面感とエスニックな柄が印象的。ローゲージのタートルネックニットとマキシスカートという全身を、シックなブラウンで統一すれば、余裕を感じさせる遊び着に。マキシスカートとの優雅なバランス感も見逃せません。

【13】グレーロングスカート×カーキニット

ニット(ブラミンク)、スカート(Theory)、ピアス・ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&Mデヴィッドソン 青山店)、靴(エリオポール代官山〈サルトル〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2019年
ニット(ブラミンク)、スカート(Theory)、ピアス・ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&Mデヴィッドソン 青山店)、靴(エリオポール代官山〈サルトル〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

凛とした知性をにじませる、ベージュとカーキの中間色のような淡い色味と、カシミア混ならではのやわらかさがなんともいえない味わいのあるニットを主役に。最愛のグレージュの延長線で使えるから、抵抗感なく着られること間違いなしのスタイリングです。チャコールグレーのプリーツスカートとこげ茶のブーツでまとめ、モダンなミラノ配色を堪能して。

【14】黒ロングスカート×黒ニット

ニット(ebure〈ebure〉)、スカート(Theory)、ピアス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
ニット(ebure〈ebure〉)、スカート(Theory)、ピアス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

オフタートルと流麗なプリーツスカートという、こなれて見えるボリュームラインのコーディネート。

【15】レザーロングスカート×レザーシャツ

スカート・トップス・腰に巻いたスカーフ・バッグ・靴(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレフェラガモ〉)、ピアス・リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
スカート・トップス・腰に巻いたスカーフ・バッグ・靴(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレフェラガモ〉)、ピアス・リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

軽やかなヌバックレザーをセットアップでまとった、贅沢なカジュアルスタイル。表革のブーツやバッグを選び、シルクのスカーフをあしらう攻めの素材ミックスで、コーディネートにメリハリをプラスしましょう。

冬のカジュアルスカートコーデの関連記事