自然界とのつながりを意識した、ナチュラル志向がファッションの世界でも強まる中、海や花を連想させる「ブルー」が、キーカラーに浮上しています。なかでも、色味の深い「クラシック・ブルー」は、シックなムードにまとめやすい色として、着こなしに取り入れるセレブリティーが増えてきました。

そこでお手本にしたいのが、英国王室伝統のロイヤルブルーを巧みに操る、キャサリン妃の着こなし。青の魅力を引き出す差し色使いにセンスを感じさせるノーブルな装いは、世界中から注目されています。細部に至るまで目配りが行き届いていて、あらためて敬服させられるところばかりです。

世界中が注目する「キャサリン妃のロイヤルブルー姿」!別格の気品を感じさせるワーキングスタイル5選

■1:好相性の「ブラックカラー」を迎え、引き締め効果をアップ!

濃いめブルーの長袖ワンピース
気品を薫らせる、イヤリングだけの控えめアクセサリー

深みのあるブルーは、ミッドナイトブルーという呼び名がある通り、黒と好相性です。ダークトーンでまとまるから、引き締め効果を発揮します。1枚で着たいワンピース姿を、すっきり見せてくれるので、王室レディーもお気に入りです。

濃いめブルーの長袖ワンピースに身を包んで、公務にご参加。余計な飾り気のない、シンプルなシルエットが、ブルーの上品ムードを引き立てました。クラッチバッグとパンプスは、どちらも光沢を帯びたブラックでそろえて、ドレッシーなたたずまいに。ウエストのベルトでくびれをしっかり強調して、メリハリを演出していました。

■2:レトロ風味とスレンダー感を際立たせる「同系色コーデ」

襟付きで箱ひだプリーツのレトロフォルムなワンピース
クールな色味でスレンダー感もアップ

デザイン性が高い服も、品格を漂わせるロイヤルブルーなら、シックに映ります。落ち着いた雰囲気の色だから、クラシックな装いにマッチ。王室ルックらしい、歴史を感じさせるテイストが持ち味です。

襟付きで箱ひだプリーツという、レトロなフォルムのワンピースは、公務に似つかわしい穏やかな着映え。適度に腕がのぞく七分袖のコンパクトな仕立てが、全体を重たく見せていません。黒に近いブルーのクラッチとパンプスを添えて、ブルー系で濃淡を際立たせる「トーン・オン・トーン」のコーディネート、お見事です!

■3:ナチュラルさを呼び込む「ヌードベージュ小物」でやわらかさを演出

タイトシルエットの膝丈ワンピース
ナチュラルトーンでブルーを引き立てるベージュ系は絶好のパートナー色

誠実なムードを印象づけるうえでも、ロイヤルブルーは効果的です。いかにもレディーライクな膝丈ワンピースは、青の良さを生かしてくれるアイテム。T.P.O.を意識したいお仕事ルックや、お呼ばれコーデにも役立ちます。

カッティングの美しいタイトシルエットのワンピースは、装飾が控えめで、オフィシャルな場面に向いています。少し盛り上がった肩口と、シェイプを効かせたウエストが、立体的な輪郭を描き出していますね。

ベージュのクラッチバッグとパンプスで、ノーブル感と自然体ムードを両立。やさしい色を添えることによって、青特有の凜々しさも強まっています。

■4:少女風なピュアさも感じさせる、愛らしい「ドット柄」

ブルー地に細かいドットをあしらったワンピース
貴族ライクな大ぶりの襟はトレンドモチーフとして浮上

青地に白の柄を散らすと、さわやかなイメージが目に飛び込んできます。マリンルックが示す通り、青と白は最高の相性。ドット柄でこの2つの相性いいカラーを取り入れれば、若々しく愛らしい着映えが実現します。

ドットは、2020年春夏のトレンドモチーフとしても注目されている柄。ブルー地に細かいドットをあしらったワンピースは、清楚なイメージを演出。白い襟とカフスが気高さを薫らせています。正面に配した白いボタンが、縦落ち感を引き出し、スタイルアップ効果に繋がっています。

■5:「オリエンタルな装い」にも気品を感じさせる、ロイヤルブルー マジック

エスニック調のロイヤルブルーのロングトレンド
ブルーの凛としたイメージが際立つセットアップスタイル

どんな装いにも「きちんと感」が備わるのは、ロイヤルブルーならではの魔法。たとえば、エスニック調のウエアにも、上品な雰囲気が加わります。国境を越えたカルチャーミックスは、この先も続きそうなロングトレンドです。

パキスタンを訪れたキャサリン妃は、現地の伝統的な衣装を思わせる、ゆったり仕立てのお召し物を選んでいました。エキゾチックな柄を襟回りにあしらったアジア圏の装いも、目の覚めるような鮮やかブルーのおかげで、清らかでスタイリッシュな見え具合に。センタープレスのスティックパンツが、きりっとしたムードを呼び込んでいます。


今回は、世界中から注目されている、キャサリン妃のワーキングスタイルに注目しました。気品を漂わせるロイヤルブルーは、第一印象も格上げしてくれます! キャサリン妃のように絶好の差し色や柄を迎えながら、デイリーのお仕事スタイルを一新してみてはいかがでしょうか?

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃