前髪を流したヘアセット方法をご紹介。お手持ちのストレートアイロンやカールアイロン・コテで、前髪を流す方法をまとめました。伸ばしかけの邪魔な前髪や、伸ばした長い前髪を巻くコツをマスターして、ヘアアレンジを楽しんでみてください。

【目次】

ストレートアイロンで前髪を流すヘアセット方法


アイロンはブローするように前髪に滑らせる

前髪をかき上げて流せば、ショートでも簡単にイメチェンできる。
前髪をかき上げて流せば、ショートでも簡単にイメチェンできる。

「コテではなくストレートアイロンを使うと、直毛は自然な丸みをつくることができるし、くせ毛の人は矯正できるなど、どんな髪質でも理想の毛流れをつくることができます。カールが付きすぎたり、変な方向にハネることもないのでご自宅でのスタイリングも簡単ですよ」(BEAUTRIUM表参道 スタイリスト・高橋澄絵さん)

アレンジ前
アレンジ前

1: ストレートアイロンで毛先を外ハネにする

サイドの毛束をランダムにとって外ハネに。ランダムに取ることで、シルエットに抜け感が生まれる。
サイドの毛束をランダムにとって外ハネに。ランダムに取ることで、シルエットに抜け感が生まれる。

2:前髪をブローするようにストレートアイロンを滑らせる

毛束の中間から毛先にかけて滑らせるようにアイロンをかけるのがコツ。
毛束の中間から毛先にかけて滑らせるようにアイロンをかけるのがコツ。

3: 前髪をかき上げるようにジェルをつける

パールひと粒大のジェルを手のひらになじませたら、前髪をかき上げるようにつける。ジェルは指先につけないのがポイント。
パールひと粒大のジェルを手のひらになじませたら、前髪をかき上げるようにつける。ジェルは指先につけないのがポイント。

ウェットな質感で魅力が増す、ショートヘアの「前髪」アレンジ

一度に挟めなければ、表面と内側の髪に分けて流す

さじ加減さえ間違えなければ、大人に似合う前髪は簡単。
さじ加減さえ間違えなければ、大人に似合う前髪は簡単。

「生え際が見えると老け印象になるので、前髪で生え際を隠したいですね。前髪の内側は眉あたりの長さに、その上にかかる表面の前髪は、横に流せるくらいの長さにしています。前髪の長さを変えたWバングなら若づくりにならない、大人のかわいらしさが表現できます。

前髪をヘアアイロンで伸ばすときは、表面と内側の髪を一緒に挟めなければ、それぞれ個別に横へ流してください」(FIX-UPメイクアップアーティスト・高橋紀衣さん)

スタイリング前
スタイリング前

1:つむじが割れやすい部分やボリュームの欲しい部分の根元にミストをスプレー

タンパク質を補っておくと、立ち上げた髪がつぶれにくくなる
タンパク質を補っておくと、立ち上げた髪がつぶれにくくなる

2:髪の根元を起こすようにドライヤーで乾かす

根元を立ち上げるための準備
根元を立ち上げるための準備

3:160℃ほどのストレートアイロンに前髪を根元から挟み、横に流す

前髪を横に長し生え際が見えないように
前髪を横に長し生え際が見えないように

前髪ひとつで、たるみとシワを同時にカバーしてくれる髪型がわかった!

カールアイロン・コテで前髪を流すヘアセット方法


アイロンで逆サイドに巻けば、割れ目が気にならない

長めの前髪は、アイロンで逆サイドに巻くと割れ目が気にならない!
長めの前髪は、アイロンで逆サイドに巻くと割れ目が気にならない!

「割れやすい前髪もアイロンで巻けば、分け目ができにくくなります。髪の毛を流したい方向の逆に引っ張りながら巻くのがポイント。逆サイドに引っ張ることで、いつもの毛流れが戻り、時間が経っても割れにくくなります」(GARDEN Tokyo トップスタイリスト・本木亜美さん)

スタイリング前
スタイリング前

1: 毛先をすべて内巻きにする

ランダムに毛束をとって毛先だけワンカール。
ランダムに毛束をとって毛先だけワンカール。

2:顔周りの毛束を外巻きにする

アイロンは32mm。顔周りの毛束をワンカール外巻きにする。逆サイドも同様に。
アイロンは32mm。顔周りの毛束をワンカール外巻きにする。逆サイドも同様に。

3: 前髪をサイドに引っ張りながら巻く

流したい方向の逆に引っ張りながら前髪を巻くと毛流れが整い、割れにくくなる。
流したい方向の逆に引っ張りながら前髪を巻くと毛流れが整い、割れにくくなる。

丸顔のミディアムヘアは「長めの前髪」で小顔に見せられる!

仕上げにオイルをつけると、カールがなじんで自然に

ナチュラルに巻いたニュアンスカールヘアなら老け見えしない。
ナチュラルに巻いたニュアンスカールヘアなら老け見えしない。

「巻いているとは思えない自然なカール感が魅力。仕上げにオイルをつけると、カールがよりなじんで落ち着きます。もしカールがきつくかかってしまった時はオイルを使ってみてください。ツヤ感、束感も出るのでオススメです」(加藤さん)

アレンジ前
アレンジ前

1: ハチ上をダッカールで止めて髪の内側の毛先をすべて外ハネにする

コテは26mmを使用。毛束をランダムにとってワンカールする。
コテは26mmを使用。毛束をランダムにとってワンカールする。

2: つむじ前のトップの毛束をフロントに巻く

毛束をとって毛先から根元まで巻き込む。
毛束をとって毛先から根元まで巻き込む。

3: つむじ後ろの毛束も巻く

つむじ後ろの毛束も毛先から根元までしっかりと巻き込む。フロントではなく、後頭部の方へ巻くのがポイント。
つむじ後ろの毛束も毛先から根元までしっかりと巻き込む。フロントではなく、後頭部の方へ巻くのがポイント。

4:前髪を巻いて完成

前髪も毛先から根元まで巻き込み、ふわっとさせれば完成。
前髪も毛先から根元まで巻き込み、ふわっとさせれば完成。

老け見えしない!コテで巻くショートヘアの正解アレンジ

一度に巻かずに、3・4回に分けて巻く

アイロンで巻くことにより、ツヤも引き出せる。
アイロンで巻くことにより、ツヤも引き出せる。

「ドライヤーで乾かす前にオイルをなじませると、髪に艶とまとまりが出やすくなります。毛束の中間から毛先になじませるのがポイント。根元は生えてきたばかりなので、艶があります。根元にオイルをつけると潰れてしまったり、ベタつきの原因になることもあるので、つけないでください。

あとはアイロンで細かく巻けば、熱が髪全体の艶を引き出してくれます」(BEAUTRIUM PENINSULA店 副店長・小山 貴さん)

スタイリング前
スタイリング前

1:表面の髪をダッカールで留める

内側の髪を巻く際に邪魔になる表面の髪はダッカールで留めておく。
内側の髪を巻く際に邪魔になる表面の髪はダッカールで留めておく。

2:内側の髪の毛先を外巻きにする

アイロンは32mmを使用。内側の髪の毛先をすべて外巻きに。1回転半を目安に巻きつけて。
アイロンは32mmを使用。内側の髪の毛先をすべて外巻きに。1回転半を目安に巻きつけて。

3:ボリュームが出にくいハチ下の毛束を内巻きにする

潰れやすいハチ下の毛束は内巻きに。
潰れやすいハチ下の毛束は内巻きに。

4:前髪は細かく巻く

前髪は少しずつ毛束を取って内巻きにする。一度に巻くと〝つくった感〟が出てしまいます。3、4回に分けて巻くと自然な束感が生まれます。
前髪は少しずつ毛束を取って内巻きにする。一度に巻くと「つくった感」が出てしまいます。3、4回に分けて巻くと自然な束感が生まれます。

5:表面と顔周りの毛先を外巻きにする

表面と顔周りの毛先をすべて外巻きに。1回転半を目安に巻きつけて。
表面と顔周りの毛先をすべて外巻きに。1回転半を目安に巻きつけて。

6:根元を避けて髪全体にワックスをもみ込む

髪の毛の中間から毛先に向けて持ち上げるようにワックスをもみ込む。
髪の毛の中間から毛先に向けて持ち上げるようにワックスをもみ込む。

「面長顔をカバーするボリューム」と「艶感と毛束のまとまり」のあるミディアムヘア

長い前髪を流すヘアセット方法


長めの前髪は外巻きでサイドに流す

外巻きで流した前髪で顔周りも明るく
外巻きで流した前髪で顔周りも明るく。

「毛先はワンカール、前髪はサイドに流すように巻くのがコツ。しっかり巻きつけるのではなく、毛流れを足すようなイメージで巻くと、より自然に、ナチュラルに仕上がります」(ZACC raffineスタイリスト・櫻井小百合さん)

スタイリング前
スタイリング前

1: 分け目を濡らしてから地肌をこするようにドライ

指の腹で地肌をこするように乾かす。分け目がふわっとすればOK。
指の腹で地肌をこするように乾かす。分け目がふわっとすればOK。

2: 毛先を内巻きにする

アイロンは32mmを使用。毛束をざっくりと取ってワンカールすると、アイロンの熱で髪にツヤが出る。逆サイドと後ろも忘れずに巻いて。
アイロンは32mmを使用。毛束をざっくりと取ってワンカールすると、アイロンの熱で髪にツヤが出る。逆サイドと後ろも忘れずに巻いて。

3: 前髪は外巻きに

毛束の中間から毛先をワンカール。逆サイドの前髪も同様にすると菱形フォルムに。
毛束の中間から毛先をワンカール。逆サイドの前髪も同様にすると菱形フォルムに。

4: 前髪の根元にスプレーを

キープ力があまり強くないスプレーが理想。根元に吹きつけて。
キープ力があまり強くないスプレーが理想。根元に吹きつけて。

見た目年齢マイナス5歳の「菱形ミディアムヘア」!深刻な毛先のダメージも内巻きでツヤが復活

立ち上げて流せばエレガントな前髪に

一気に立ち上げない!少しずつの毛束を丁寧にアイロンをあてて
一気に立ち上げない!少しずつの毛束を丁寧にアイロンをあてて

頭頂部の根元を立ち上げるとき、一気にアイロンをあててはダメ。「ひとつまみずつ毛束をとり、カールアイロンで巻くのではなく根元にカールアイロンをあてるのがポイントです。一度に立ち上げようとすると丸みのあるカーブがつきません。少しずつ毛束の根元を立ち上げるだけで、立ち上がりのキープ力も変わってきます」(air-GINZA店長・長門政和さん)

スタイリング前
スタイリング前

1:カールアイロンで毛先をワンカール内巻きにする

サイドからバックまで全体を内巻きに。
サイドからバックまで全体を内巻きに。

2:前髪の中間から毛先にかけてリバース巻きにする

カールアイロンを立てて縦巻きにすること。もう片方の前髪も同様に。
カールアイロンを立てて縦巻きにすること。もう片方の前髪も同様に。

3:つむじ、つむじの前、つむじの後ろの3か所の毛束をひとつまみし、カールアイロンを根元にあてる

毛束をひとつまみする。
毛束をひとつまみする。
量はほんの少量。アイロンの丸い部分で根元を押すようにあてればOK。
量はほんの少量。アイロンの丸い部分で根元を押すようにあてればOK。

4:オイルを毛先になじませまとまり感とツヤ感を出す

手のひらにオイルを広げ、手ぐしでとかすようにして毛先になじませる。
手のひらにオイルを広げ、手ぐしでとかすようにして毛先になじませる。

貧相に見えない、40代にふさわしいミディアムヘアの長さとは?

前髪と顔周りを一緒に巻けば、自然な毛流れに

かき上げた前髪がエレガント。かき上げ前髪とリバース巻きで菱形フレームを意識!
かき上げた前髪がエレガント。かき上げ前髪とリバース巻きで菱形フレームを意識!

「顔まわりをリバース巻きするときは、かき上げた前髪の毛先と顔まわりの髪の毛を一緒に巻いてください。前髪の毛先をかませることでサイドとなじみ、自然な毛流れになります」(ROI デザイナー・関田康司さん)

スタイリング前
スタイリング前

1: 前髪をかきあげながらドライヤーを当てる

根元に熱を当てるとうまく立ち上がる。
根元に熱を当てるとうまく立ち上がる。

2: 前髪と顔まわりの毛束の中間をリバース巻きに

コテは32mmを使用。前髪と顔まわりの毛束をとってコテでリバース巻きにする。前髪の毛先も一緒に巻くのがポイント。
コテは32mmを使用。前髪と顔まわりの毛束をとってコテでリバース巻きにする。前髪の毛先も一緒に巻くのがポイント。

3: ワックスを髪全体の根元につける

パール1粒大くらいのワックスを手のひらになじませて、髪の内側から大胆に揉み込んで。
パール1粒大くらいのワックスを手のひらになじませて、髪の内側から大胆に揉み込んで。

前髪で輪郭を隠すのは逆効果!?エラ張りカバーの神業ミディアムヘア

前髪を斜め外にはねさせて華やかさUP

前髪は斜め外はねにし、裾は内巻きにしてメリハリのあるスタイルに。
前髪は斜め外はねにし、裾は内巻きにしてメリハリのあるスタイルに。

「前髪の毛先をクルンと外巻きにするのではなく、サイドに流すイメージで斜め外巻きにするのがポイント。仕上げにクリームでツヤを出したいのですが、セミウェットな質感の『モイ クリーム グローリーゼア』(¥2,600/タカラベルモント)がおすすめ。100%植物性で、エイジング毛のケアにもぴったりです」(ACQUA aoyama・小室里奈さん)

スタイリング前
スタイリング前

1:カールアイロンで前髪の中間から毛先を斜め外に巻く

カールアイロンで前髪を挟んだら、外に逃がすようなイメージで斜め外巻きに。
カールアイロンで前髪を挟んだら、外に逃がすようなイメージで斜め外巻きに。

2:裾の髪はカールアイロンで内巻きに

裾は毛先を中心に内巻きに。
裾は毛先を中心に内巻きに。

3:ヘアクリームを両手のひらにのばし、髪を揉み込むようになじませる

ヘアクリームを髪全体になじませる。
ヘアクリームを髪全体になじませる。

うねって広がる髪を「外巻き」にするだけで、スタイリッシュな華やかヘアに