ラグビーの見せ所「タックル」を仕事とする彼ら。敏腕スナイパーのように、狙った獲物は逃さずに、倒して倒して倒しまくる。そんな、フォワードの花形ポジション「フランカー」の紹介です。ラグビーを知れば知るほど“やってみたいポジション”のトップに位置していく玄人好みのポジションですが……お付き合いするとしたら、どんな感じなのでしょう。それではまたまた独断と偏見でご紹介!

形相は殺し屋だが、意外と真面目君!

手のひらで転がされると弱い???

ゴッドファーザ
イラスト/うぬまいちろう

フランカーあるある

・がっちり筋肉質
・地球が滅びても彼らだけは生き残る驚異の生命力
・好きな映画はゴッドファーザー
・意外と器用なのに「不器用ですいません」のフレーズが似合う
・オトコという字は「男」よりも「漢」と書きたがる

どんなポジション?

スクラムの時にロックの横(つまり一番外側ですね)に位置するポジションです。しかし、彼らの仕事はスクラムを押すことがメインではありません。相手ボールでスクラムを組むとき、スクラムに加わりながらも、ボールが出た瞬間、スクラムをパッと離れて走り、相手の突進を止めるためにタックルに向かうのが彼らの役割です。なので、チームで一番タックルが好きな人、上手い人がここには抜擢されます。

一人倒しては起き上がって走り出す。また一人倒しては起き上がって走り出す。一撃必殺のタックルはまるで職人技で、絶対的なパワーと無尽蔵のスタミナが必要とされます。また、味方のボールの時は、バックスのサポートに真っ先に走ります。味方が倒されればボールの確保に動き、ボールが継続すれば、自らがボールを持っても立ち回りが天才的に上手いのがこのポジション。総合的な身体能力を兼ね備えた彼らは、まさにフォワードの花形プレーヤーです。

こんなキャラ!

なぜかこのフランカーというポジションは、真面目な人が多いのです。もともと真面目な性格な上に、チームのタックラーとしての責任を負い、敵を仕留めるためのタックル練習をしていくため、気づくと殺し屋と見間違うような形相になっていたりします。また、タックルで倒された味方を真っ先に助けに行くのもこのポジション。真面目でやや無愛想ですが、チーム愛に溢れ、男から好かれるキャラクターといってもいいでしょう。また、その熱血っぷりや、責任感の強さゆえ、チームメイトからの信頼もあつく、キャプテンになることも多いです。

裏の一面

彼らの特徴はタックルが強く、真面目。練習でも容赦なく、本気でタックルに行きます。そのため、チームメイトからはかなり煙たがられます。しかし、こういう若干面倒臭いキャラのフランカーがいるチームは強く、チームの守護神だといっても過言ではありません。

フランカーとの恋愛は?

フランカーはフォワードの中で、もしかしたら、ラグビー部全体の中でも、最も難攻不落なポジションかもしれません。

ラグビーを離れても真面目な彼ら。練習や試合後の飲み会でもやはり、必殺仕事人特有の独特の悲壮感を放ってポツンと座っていたりします。もともと無口なフォワードの中でも、群を抜いて寡黙なケースが多く、隣に女子が座ろうもんなら「・・・機嫌悪いのかな?」って心配になるレベルで黙り込んでしまいます。

お酒が進むにつれて陽気になっていくロックとは違い、飲んでも飲まれることはありません。「狙った獲物は逃さない」の精神はどこへやら、女子と喋るチャンスはあっさり逃します。しかし、気恥ずかしくて適当な話題が思いつかないだけで、本当は彼らも女子と仲良くしたいのです。なので、そんなフランカーを彼氏にしたい人にはこれ!

『3歩下がって、ついていく』

ガンガン来る女子には引いてしまうし、かといって全く歩み寄って来ない女子には自分からもいけないという、ややこじらせ男子気味なフランカーですが、もしも!自分の後を黙って、そっとついてきてくれる大和撫子がいたのなら。そして、「お仕事、お疲れさまでした」と優しく微笑んでくれたのなら。

彼らはたちまち恋に落ちてしまうでしょう。そしていざ付き合い出せば、穏やかに、長く続く恋愛ができます。「男を立てて、手のひらで上手に転がしたい」という上級者の女子にはぴったりなポジションです。