政治家や経済人の装いは、オーソドックスな傾向が強いものですが、個性をトッピングするバランスが一際上手なキャリアウーマンがいました!

責任の重い欧州中央銀行総裁という役目を務めながら、着こなしのセンスも超一流。ヨーロッパのマネーリーダーであると同時に、ファッションリーダーでもあるクリスティーヌ・ラガルド総裁は、キャリア女性たちの憧れそのもの。世界中にファンがいるのも納得できます。

スマートなのに、女性らしい華やぎのあるコーディネートが「ラガルド流」。彼女が得意とする「スカーフ」「黒パンツ×デザインジャケット」「ワンピース/セットアップ」の3アイテムを手がかりに、「ラガルド流」のコーデ術を読み解いていきましょう。

クリスティーヌ・ラガルド流!今すぐ役立つ「知的エレガント」な着こなし6選

■1:パンツスーツを「スカーフ」でフェミニンにアレンジ

パンツスーツにネイビースカーフを首に掛けたコーデ
白シャツとネイビースカーフで、顔周りを爽やかに

2020年春夏のモード界でトレンドアイテムに浮上しているのが、新タイプのパンツスーツです。お仕事スタイルのイメージが強かったパンツスーツを、従来よりもソフトに着こなすのが今年らしいスタイル。決め手は小物使いです。

欧州中央銀行の会合に出席したラガルドさんは、スカーフを添えて、パンツスーツに優しいムードを漂わせました。小物を使って、カッチリ感をやわらげるお手本的なアレンジです。

スカーフは細長く折って、首に掛けただけ。あえて結ばず、端を遊ばせました。気負わないムードと、自然な縦落ち感が備わったのは、この巧みなスカーフ使いのおかげです。

パンツルックに赤系スカーフをサラリと巻き垂らしたコーデ
チャコールグレーと赤という、好対照の色コントラストが印象的

スカーフを無造作にあしらうと、スーツ特有の硬さを和らげることができます。フェミニンな色や柄を選べば、ジェンダーレスなパンツスタイルに。スーツ姿をファッショナブルに整える上で、真似したいテクニックです。

重要な会合に出席したラガルドさんですが、要職らしいきちんと感と気負わないムードを上手にミックス。鮮やかな赤系スカーフをサラリと巻き垂らして、のどかなムードを漂わせています。赤が差し色になり、チークのような効果も発揮。メンズライクなパンツスーツにスカーフのやわらかさが加わり、クールさとフェミニンムードを両立していますね。

■2:「黒パンツ×デザインジャケット」で定番をアップデート

黒パンツと白系ジャケットのモノトーンコーデ
細身の黒パンツはキリッとしたイメージを印象づける好アイテム

お仕事シーンで定番的なボトムスに黒パンツがあります。ウエストから下をすっきり見せてくれる点でありがたいツール。無表情にも見えがちな黒パンツを、華やかに格上げするには、ジャケットが絶好のパートナーです。

黒パンツと抜群に相性のよい白系ジャケットで、モノトーンにまとめました。大胆なウェーブ模様を織り込んだ、印象的な見栄えのジャケットがモノトーンに動きを添えています。裾にまで波状カットが施されているおかげで、いっそうシャープな見え具合に。ジャケットの上質な素材感が、リッチ感も漂わせています。

黒パンツにツィード生地のジャケットを合わせたコーデ
品の良さを感じさせるパールのバングルを袖口からさりげなくのぞかせて

黒パンツは目立たない分、ジャケットの引き立て役に向いています。主張が強めのドレッシーなジャケットをまとう際に使えるスタイリングです。

見るからに特別なツイード生地で仕立てたジャケットは、ラガルドさんをいつも以上に堂々と見せています。ダブルブレストのジャケットはマニッシュに見えやすいものですが、空気をはらんだ、ふんわりストールがフェミニンムードを呼び込んでいます。

たっぷりしたその量感は、小顔効果も生んでいます。ホワイト系ジャケットを引き立てる黒パンツで合わせて、ジャケットの押し出しをさらに強めていました。

■3:女性らしさを強調する「ワンピース・セットアップ」の選び方

グレーでそろえた、ワンピースとジャケットのセットアップ
ワンピースに細感を引き出すシングルジャケットは着回し力大

ブラックの色味を生かして、足元をクールに整えるには、黒ブーツが効果的です。近頃は春から先にもブーツを履くコーデが支持されています。

ワンピースとジャケットを組み合わせる新発想のセットアップが、キャリア女性の間で人気を広げているとか。セットアップなのできちんと感もありつつ、ワンピースを選ぶことで、女性らしいしなやかさも感じさせることができるので、重宝されているといいます。

なかでも、グレーでそろえたワンピースとジャケットのセットアップは、オフィシャル感がしっかり出ています。スーツ姿の男性陣に、自然な雰囲気で溶け込むことができます。ここでも発色の良いスカーフを添えて、女性らしさのアピールも忘れていません。胸元に大きめの結び目をこしらえて、顔周りを明るく見せているのも「ラガルド流」の上手なアレンジです。

ターコイズ系ブルーのセットアップ
パールのネックレスでさらに品格イメージを上乗せ

ワンピース・セットアップに艶やか色を迎えると、エレガントな着映えにまとまります。地味色が多いスーツとの違いが出て、パーティーシーンにもなじむ装いに。特別感の高い装いに仕上げるコーデです。

ラガルドさんがこの日選んだのは、鮮やかなターコイズ系のブルーが視線を引き込むセットアップです。ブルーは知性やクールさを印象づけるのに加え、今春夏のトレンドカラーでもあります。

シャンブレー生地ならではの程よい光沢もリュクス感たっぷり。膝丈ワンピースと正統派ジャケットのコンビネーションは、誠実さもまとわせてくれます。


ラガルドさんのお仕事コーデは、気品が備わっているのに、型にはまっていないところが、彼女のグッドセンスを証明しています。「スカーフ」「黒パンツ×デザインジャケット」「ワンピース/セットアップ」といった、お得意のピースを取り入れれば、手軽にエッセンスを拝借できます。いつものお仕事ルックにマンネリ化を感じたら、ぜひ「ラガルド流の着こなしテクニック」を試してみては。

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃