今月のアスリート王子:大野将平(柔道選手・73kg級)

試合後の大野選手
©Christian Fidler/アフロ

りりしさが半端ない。東京五輪で金メダルに最も近いと言われる柔道男子73kg級の大野将平選手だ。

インタビューのときの一人称は、見た目の風格にぴったりとマッチする「ワタクシ」。平成4年生まれでありながら、明治・大正・昭和を感じさせる古きよきたたずまいがあり、話しぶりは堂々としながらもいたって謙虚だ。

国際大会を破壊力満点の大技で勝ち進んだかと思うと、インタビューでは知性と思いやりを感じさせる言葉が続々と出てくるのである。

2月下旬に東京五輪の代表に選出されたときの会見では、大野選手がライバルに感謝するコメントを発すると、筆者の隣の席にいた某テレビ局の男性アナウンサーが「カッコイイ…」と、かすかにつぶやいていた。男性をも魅了する男っぷりがあるのだろう。

大野選手試合中
©Christian Fidler/アフロ

大野選手が最も得意な技は「大外刈り」だ。相手の背中側に自分の足を回し入れて、すくい上げるようにして投げる豪快な技。これが難なくできるのは、成人男性の1・5倍ある左右70kgの握力と、綱のぼりや懸垂で鍛え上げた、とてつもない広背筋をもっているからだという。

そして、なんといってもご自慢なのは、背中以外にもたっぷりとまとっているムキムキの筋肉。気さくな笑顔も満載となっているインスタグラムのフォロワーはなんと17万人超え(!)だが、ときどきお宝的にアップされるサウナでのプライベートショットや、モンゴル相撲の体験ショットには、1万を超える「いいね!」がついている。

大野選手アップ
©千葉格/アフロ

負けん気の強そうな目ヂカラも魅力の大野選手だが、子供のころは泣き虫だったというのだから人間、わからないものだ。小学生時代は大会で女子選手に負けて涙。ときには試合中からすでにべそをかいて、鼻をすすっていたそうだ。

香りに敏感という意外(?)な一面ももっていて、とくに洗濯で使う柔軟剤にはうるさい。チャンピオンともなれば、通常は付き人が身の回りを整えるのが柔道界のならわしだが、大野選手は基本的には、柔道着も自分で洗わないと気が済まない派。

柔軟剤はブランドにこだわらず、新製品が出れば一度は買って試すとのことで、家には常時10種類以上の柔軟剤がそろっているという。稽古相手にも、日替わりの香りは好評な様子だ。

強くてチャーミングな28歳の柔道家が目指しているのは、2016年リオデジャネイロ五輪に続く、2大会連続の金メダル。平成に続いて令和でも頂点に立つ姿をぜひ見たい。

Athlete data

大野選手プロフィール
大野将平選手
柔道選手
(おおの・しょうへい)1992年2月3日、山口県生まれ。2歳上兄の影響で7歳で柔道を始める。中学生になるときに兄を追って上京し、弦巻中学校、世田谷学園高校時代はバルセロナ五輪で金メダルの「平成の三四郎」古賀稔彦らを輩出した柔道私塾の「講道学舎」で鍛えた。天理大学3年生だった2013年に世界選手権73kg級で初優勝し、2015年、2019年も世界選手権優勝。2016年リオデジャネイロ五輪では金メダルに輝いている。身長170cm。血液型はO型。旭化成所属。趣味は風呂とサウナ。©千葉格/アフロ
矢内由美子さん
スポーツライター
(やない ゆみこ)取材歴25年のスポーツライター。オリンピック種目などをカバー。日本スポーツプレス協会会員。

 

<最新号>
Precious4月号、絶賛発売中!
ファッションニュース_1
【内容紹介】10着で完成!『理想のワードローブ』の正解/レティシア王妃の着こなし大研究/最愛「トレンチコート読本」/あなたにとって「ラグジュアリー」とは?/進化する「シワ消し美容」最前線/創刊16周年記念・読者プレゼント
2020年3月6日発売 ¥990(税込)
この記事の執筆者
TEXT :
Precious編集部 
BY :
『Precious4月号』小学館、2020年
美しいものこそ贅沢。新しい時代のラグジュアリー・ファッションマガジン『Precious』の編集部アカウントです。雑誌制作の過程で見つけた美しいもの、楽しいことをご紹介します。
PHOTO :
千葉格/アフロ、Christian Fidler/アフロ
WRITING :
矢内 由美子(スポーツライター)
EDIT :
宮田典子(HATSU)、喜多容子(Precious)