マリー・アントワネットが過ごした館がホテルに!「オテル ドゥ クリヨン ローズウッドホテル」の魅力

セレブのヴァカンス先をチェックすると、たびたび目にする「ローズウッドホテル」。世界16か国・28軒を運営すする、ウルトラ・ラグジュアリーなホテルグループです。

彼らの哲学は“センス・オブ・プレイス”。ローズウッドらしさよりも「その土地ならではの歴史や文化に敬意を払ったホテル運営」に主眼を置いています。

そして今、究極のエクスクルーシブな体験「ローズウッド リミテッド エディション」を展開中。一生モノの体験、まずはフランス・パリの「オテル ドゥ クリヨン ローズウッドホテル」からご紹介しましょう。

ウルトラ・ラグジュアリーながら、レジデンシャルな感覚が絶妙

グラン・アパートメンツ
カール・ラガーフェルドがこだわった淡いピンク色のグラン・アパートメンツ

コンコルド広場の真正面、石造りの堅牢なファサードが迎える「オテル ドゥ クリヨン ローズウッドホテル」。

1758年にフランス王ルイ15世の命により建造された、マリー・アントワネットがパリで過ごすための館です。1909年に「オテル・ドゥ・クリヨン」として開業、その後、2013年に一時閉館し、4年以上かけて修復、改装を敢行。2017年にローズウッドホテルの一員として、ふたたび門戸を開きました。

ホテルにチェックインをしたのは夜遅く。

チェックイン
ロビーカウンターはなく、チェックインはこちらで

ロビーカウンターではなく、ラウンジで椅子に座って手続きを済ませます。さぁ、お部屋へと立ち上がり振り向くと、バトラーが背後にずらりと並んでいました。驚いていると、ひとりずつ挨拶を、しかも人によっては日本語で迎えてくれました。

正面玄関からレストランへの通り道
正面玄関からレストランへの通り道。アート作品がふんだんに飾られています
「ボドワール」
お茶はケーキがサーブされる、“前室”を意味する「ボドワール」。マリー・アントワネットがドレスやカツラから解放されて、リラックスした場所のオマージュ

担当のバトラーと一緒に部屋へ向かう間の会話でふと、気になることがありました。

バトラーは客室を“アパルトマン”と呼ぶのです。そういう客室カテゴリーなのですかとたずねると、バトラーは「ホテルではなく、レジデンシャルのように感じてほしいからです」と。

ここは、フランスにおいて由緒あるホテルに与える称号“パレス”を、再オープンして約1年で獲得した名門です。敷居が高いに違いないと背筋に力を込めていたのが、ゆるりとくつろいだ瞬間でした。

カール・ラガーフェルドの世界観が凝縮したシグネチャースイート

プレミア・スイート
プレミア・スイート。ベッドと枕はシモンズ社の特製
バスルーム
大理石尽くしのバスルーム。館内には大理石がピンク、ブルー、イエロー、マルチカラーといろんなタイプが使われています。しかもスイートはバスタブのところで文様が左右対称になるこだわりぶり
アメニティ
「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー」のアメニティ。シャワーキャップの愛らしさにキュン!
電話
バトラーをすぐに呼べるように専用ダイヤルを置いた電話。客室は“アパートメント”と記されています

78の客室はすべてバトラーサービス付き。室内には「パリらしさ」そして「レジンデンシャルらしさ」へのこだわりが細部まで行き届いています。

たとえば、ベッドにさりげなく置かれたカシミアのブランケット、ロゴをあえて入れていない触れ心地のいいタオルは、自室のようにくつろいでほしいから。「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー」のボックスに入ったアメニティや、「ルサージュ」のカーテン、「クリストフル」の備品などは、フランスならでは。

グラン・アパートメンツ
パールの光沢がかったピンクにこだわりぬいた、カール・ラガーフェルドのグラン・アパートメンツ
バスルーム
世界中、探し抜いたという大理石のバスルーム。バスタブは大理石をくり貫いたもの
ウォークインクローゼット
書棚の裏に隠されている、グラン・アパートメンツのウォークインクローゼット

カール・ラガーフェルドがデザインした、シグネチャースイートの「グランド・アパートメンツ」は圧巻です。パールのような光沢をたたえた淡いピンクにこだわり、納得いくまで何度も塗り替えさせたのだとか。

バスルームの大理石も見たことのないような文様。バスタブは同じ大理石をくり貫いたものです。彼の世界観、炸裂しています。

生粋のパリジャンに認められるレストラン&バー

パリらしさを追求する上で、重きを置いたのが、レストラン&バー。地元から愛されてこそ、ホテルが目指すコンセプトの“センス・オブ・プレイス”です。そのため、開業わずか7か月でミシュラン1ツ星を獲得した「レクラン」や、「ブラッセリー・ドモン」はホテルの正面玄関とは別に、エントランスが用意されています。

メインダイニング
メインダイニングの「ブラッセリー・ドモン」
ワイン
シェフ・ソムリエのクサビエ・チェイザさんはフランス酒協会の会長。日本酒の造詣も深い
牡蠣
3種類の牡蠣。“エルキャロ”という牡蠣はとても希少種だとか
クロワッサン
「ブラッセリー・ドモン」の名物、朝食の巨大なクロワッサン。切り分けてもらうこともできます

オールデイダイニングの「ブラッセリー・ドモン」では、伝統的なフランス料理にモダンなツイストを利かせたメニュー。切り分けていただく朝食の巨大なクロワッサンが名物です。

レストラン「ジャルダン・ディヴィエール」
レストラン「ジャルダン・ディヴィエール」。館内の生花は、ホテルの最優秀フラワーアーティストに贈る「ヴィレジアチュール賞」に輝くジョルジェ・ヴァルダさんによるもの
中庭でランチ
冬でも中庭でランチを楽しみたいのが、パリジャン気質なのだそうです

冬でも屋外を好むパリジャンのリビングルーム的存在なのが「ジャルダン・ディヴィエール(“冬の庭”の意味)」。天気のいい日は屋外のこちらでランチやデザートを。ちなみに、鳥害を防ぐため、目立たないネットが屋上に張ってあります。

バー「レ・ザンバサドール」
大人気のバー「レ・ザンバサドール」。夜になると、雰囲気もがらりと変わり、ライブ演奏も楽しめます

そして夕方ともなると、行列ができるのがバー「レ・ザンバサドール」。見上げるほど高い天井に、無数のチェーンを垂らした建造時のオリジナルのシャンデリアが、どことなくデカダンスな雰囲気。クリスチャン・ディーオールへのオマージュだというスタッフのユニフォームもおしゃれです。

気高きアントワネットの存在を感じる空間

プール
地下にありながら、ガラスの天井から日差しが差し込むプール。壁はN.Y.で特注した陶器製。プールの底は金色のウロコ模様。こんなゴージャスなプールははじめて
「センス ア ローズウッドスパ デビッド・ルーカス」
「センス ア ローズウッドスパ デビッド・ルーカス」。フェイシャルはリフトアップ効果の期待大

アートを愛したマリー・アントワネットにちなみ、館内にはいたるところに作品が飾られています。ロビーラウンジ近くにはモダンアートが、コンシェルジュのアイランド(デスクではない)近くには今、パリで起きていることがわかる展示がされています。

グラス
マリー・アントワネットが生み出した、シャンパンを飲み続けなくてはならないグラス

シャンパンを愛したアントワネット。ゲストに飲ませ続けるためにグラスをテーブルに置けないよう、底のフット部分を取ってしまったものも展示されています。招かれたゲストの困惑した顔を想像すると、くすりと笑ってしまいます。

「マリー・アントワネットの間」
「マリー・アントワネットの間」。スイートとして滞在もできます。もうひとつの居間は「クリヨンルーム」としてN.Y.のメトロポリタン美術館に収蔵されているそう

そしてフランスの歴史的建造物の指定を受けているのが、2階にある「マリー・アントワネットの間」。アントワネットがピアノの練習やドレスの採寸、シャンパンを楽しんだ部屋が、今も残されています。

そこにある2体の像と壁にかけられたタペストリーは、当時のもの。幸せな思いが詰まった部屋だったことでしょう。この部屋はボールルームとして使われていますが、隣接したベッドルームと合わせてシグネチャースイートとして宿泊もできます。

コンコルド広場の真正面にある「マリー・アントワネットの間」の14平方メートルのテラス。昭和天皇やマイケル・ジャクソンもここに立ち、群衆に手を振ったそうです。

ジャガー
1973年製のシトロエンに乗ってパリのガイドツアーへ。この車にインスピレーションを受けて、「ローズウッドホテル リミテッド エディション」のヴィンテージ ジャガーEタイプはデザインされます

「オテル ドゥ クリヨン ローズウッドホテル」の「ローズウッド リミテッド エディション」は、フランス人インテリアデザイナーのトリスタン・アウアーとコラボする「ヴィンテージ ジャガーE タイプ カブリオレ」のカスタマイズ。

完成品は、2021年に開催予定の「コンクール デレガンス シャンティアート&エレガンス」にて発表されます。自分だけのクラシカルなジャガーと、宿泊+プライベートダイニングが29万米ドル~。高いと思うか、ほしいと思うかは、趣向次第です。

問い合わせ先

  • オテル ドゥ クリヨン ローズウッドホテル
  • 料金/プレミアムスイート2700ユーロ、マリーアントワネットスイート16000ユーロ、ラガーフェルドのグランドアパートメント3ベッドルーム37000ユーロ(1ユーロ=約120円 2020年3月24日現在)
  • 日本での問い合わせ先/ローズウッド ホテルズ&リゾーツ TEL:0120-914-266
この記事の執筆者
ダイビング雑誌の編集者を経てフリーに。海外旅行専門誌でもビーチを担当。月に1~2回、海外を中心に国内外のビーチリゾートへ通うこと、かれこれ四半世紀以上になる。女性誌の旅記事、ライフスタイル誌の連載、ウェブの連載ほか、共著に『奇跡のリゾート 星のや竹富島』など。世界のビーチガイド「World Beach Guide(http://www.world-beach-guide.com ) 」主催 好きなもの:海でボーッとすること、ボディボード、ダイビング、ビーチパーティー、Jazztronik、H Zettrio、渋谷Room
公式サイト:古関千恵子ホームぺージ
Twitter へのリンク
Instagram へのリンク
WRITING :
古関千恵子
EDIT :
安念美和子、大西瞳(イクシアネクスト)