ジーンズ(デニム)を履く日の、お手本となるレディースコーデをまとめました。カジュアルにスニーカーと合わせたコーデや、上品なアイテムと合わせたきれいめコーデ、かっこよくきめたメンズライクコーデなど、春の大人ジーンズコーデを、ファッション誌『Precious』からバリエーション豊富に集めました。

【目次】

レディース春のジーンズ(デニム)コーデ


【1】ブルージーンズ×ベージュコート×ミントニット

コート(ブラミンク〈ブラミンク〉)、ニット(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、中に着たカットソー(スローン)、デニム(ゲストリスト〈レッドカード〉)、ピアス・ネックレス(TASAKI)、バッグ(リシュモンジャパン セラピアン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious3月号』小学館、2020年
コート(ブラミンク〈ブラミンク〉)、ニット(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、中に着たカットソー(スローン)、デニム(ゲストリスト〈レッドカード〉)、ピアス・ネックレス(TASAKI)、バッグ(リシュモンジャパン セラピアン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious3月号』小学館、2020年

ミントニット×ブルーデニムのさわやかさを、ベージュトレンチがシックにまとめるドライブカジュアル。チョコ茶の小物とミントのニットが元気な印象を振りまいて。

【2】ブルージーンズ×ブルーニット

ニット・デニム・バッグ・サングラス(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
ニット・デニム・バッグ・サングラス(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ウォッシュデニムに合わせた、編み地に表情のあるニットは、ブランドの今季のキーカラー・ブルーに、メタルボタン付きレザーパイピングをのせた、大人好みの一枚。「ジャスミン」の色名にエレガンス香るオフホワイトのバッグが、デニムコーディネートの清新な引き締め役になってくれます。

【3】ブルージーンズ×カーキコート×白Tシャツ

コート・Tシャツ・デニム・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
コート・Tシャツ・デニム・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ヴィンテージブルーデニムが、トレンチのクラシカルなムードにマッチ。スパンコールのボーダー模様Tシャツや真紅のパテントバッグで強い光沢をちりばめて、モダンに仕上げて。

【4】ブルーワイドジーンズ×ベージュコート×柄ブラウス

コート(ザシークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ブラウス(三喜商事〈マレーラ〉)、デニム(ヤコブ コーエン GINZA SIX)、バングル・時計・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
コート(ザシークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ブラウス(三喜商事〈マレーラ〉)、デニム(ヤコブ コーエン GINZA SIX)、バングル・時計・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

コットンツイルのオーソドックスなトレンチを、ゆったりめの身幅や、やや前振りのショルダーラインの今どき感で絶妙にアレンジ。大胆なプリントブラウスで遊び心を添えたワイドデニムスタイルも、シックに決まります。

【5】ブルージーンズ×ネイビーニット

デニム『1950's701』(リーバイ・ストラウス ジャパン〈リーバイスⓇ ビンテージ クロージング〉)、その他の特徴:時代とともにモデルチェンジを経て、現在販売されているのは1950年代モデルの復刻版。ニット(ブラミンク)、ペンダント・バングル・スカーフ(ブルガリ ジャパン)、バッグ(アマン〈アルテサーノ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2018年
デニム『1950's701』(リーバイ・ストラウス ジャパン〈リーバイスⓇ ビンテージ クロージング〉)、その他の特徴:時代とともにモデルチェンジを経て、現在販売されているのは1950年代モデルの復刻版。ニット(ブラミンク)、ペンダント・バングル・スカーフ(ブルガリ ジャパン)、バッグ(アマン〈アルテサーノ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

1950年代のグラマラスな女優の休日を彷彿とさせる『1950’s 701』。1939年に発売された、ブランド初のレディス5ポケットデニムです。華奢なウエストを強調するハイライズと、ヒップから太ももにかけてフィットするストレートなシルエットが特長。ワイドパンツの流行とともに、再び旬のボトムとして脚光を浴びています。

リジッド(ノンウォッシュ)デニムならではの、素朴な風合いも魅力。シンプルなニットのインスタイル、無造作なロールアップからのぞく足首の白さに、野性味を帯びた女らしさが漂って。

【6】ライトブルージーンズ×ベージュジャケット×レッドボーダーTシャツ

ジャケット・Tシャツ・デニム・バッグ、靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2018年
ジャケット・Tシャツ・デニム・バッグ、靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

大人の春アウターにふさわしい上質なシルクのジャケット。コンパクトなライダース丈は、スカートにもパンツにも似合い、体型を選ばない。光沢のある明るめのサンドベージュなので、程よい色落ちのデニムと好相性。シルクの上質感に頼って、かわいいボーダーTシャツを合わせたフレンチシックに。初夏に向けて、流行のミモレ丈の軽やかなスカートと合わせるのもおすすめ。

大人のジーンズ(デニム)コーデ


【1】ブルージーンズ×ネイビージャケット×ネイビーカットソー

ジャケット・カットソー(マディソンブルー)、デニム(ゲストリスト〈レッドカード〉)、ピアス・ブレスレット(ドゥロワー 青山店〈オール ブルース〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ビームス ハウス丸の内〈フラテッリ ジャコメッティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2020年
ジャケット・カットソー(マディソンブルー)、デニム(ゲストリスト〈レッドカード〉)、ピアス・ブレスレット(ドゥロワー 青山店〈オール ブルース〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ビームス ハウス丸の内〈フラテッリ ジャコメッティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2020年

ネイビージャケット×ネイビーカットソー×ブルーデニムという定番スタイルに、差をつけるのは洗練された小物使い。自然な光沢を浮かべたリネンツイルのテーラードジャケットのこなれ感に、今っぽさを加える適度な色落ちデニムを選び、シルバーの小物使いでエッジを効かせると、都会的なムードに仕上がります。

【2】ライトブルージーンズ×ネイビージャケット×白シャツ

ジャケット・シャツ・デニム・ピアス・ブレスレット・バッグ(セリーヌ ジャパン〈セリーヌ バイ エディ・スリマン〉) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious4月号』小学館、2020年
ジャケット・シャツ・デニム・ピアス・ブレスレット・バッグ(セリーヌ ジャパン〈セリーヌ バイ エディ・スリマン〉) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious4月号』小学館、2020年

ジャケットをデニムで着くずして、ヘルシーな色気をまとったハンサムウーマン。チョークストライプのウール生地で仕立てたネイビーのテーラードジャケットは、小さめの肩とピークドラペルで顔周りをコンパクトに見せつつ、ボクシーなシルエットでゆとりをつくったバランス感が新鮮に映ります。

マスキュリンなこのダブルジャケットに、ラフなウォッシュドデニムを合わせて、抜け感をのぞかせた着こなしが、今の気分にぴったり。

【3】ブルージーンズ×シルバーブラウス

バッグスモール『ブック トート』・ブラウス・デニム・イヤリング(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
バッグスモール『ブック トート』・ブラウス・デニム・イヤリング(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

繊細なストライプ、シルクのしなやかな素材感、軽やかに風とたわむれるリラックスシルエット…ひと目で特別とわかるブラウスとデニムで、クラス感の香る大人カジュアルを完成。ディオールのスモール『ブック トート』バッグで、気品あふれる千鳥柄を小粋に楽しむのも、新鮮! 

【4】ブルージーンズ×黒ブラウス

撮影/®Afro BY:『Precious3月号』小学館、2019年
撮影/®Afro BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ビバリーヒルズで友人とランチ後、ショッピング中のモデルのロージー・ハンティントン=ホワイトリーのSNAP。ジバンシィのアイコンバッグ『GV3』を斜めがけ。ゴールドのハンドルや留め具が、黒ベース×濃いめデニムの着こなしに上品な艶を加えています。

きれいめジーンズ(デニム)コーデ


【1】ライトブルージーンズ×ベージュコート×白ブラウス

コート・ブラウス・デニム・バッグ(セリーヌ ジャパン〈セリーヌ バイ エディ・スリマン〉) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious3月号』小学館、2020年
コート・ブラウス・デニム・バッグ(セリーヌ ジャパン〈セリーヌ バイ エディ・スリマン〉) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious3月号』小学館、2020年

襟とガンフラップを小さくとり、ショルダーラインの丸みを強調したトレンチコートは、8つボタンのダブルブレステッドデザインが重厚で、クールな印象。ゆったりとしたボックスシルエットに、ウールブレンドでドレープ性を出したコットン生地が、優美なしなやかさを授けて。シワになりにくいのも、うれしいポイントです。

エンブロイダリーレースのブラウスとウォッシュドデニムを合わせた、ノスタルジックなムードを、きちんと感のある佇いで着こなすのが新鮮。

【2】ブルージーンズ×ピンクカーディガン×ピンクプルオーバー

バッグ『シシリー 62』・カーディガン・プルオーバー・デニム・ピアス(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
バッグ『シシリー 62』・カーディガン・プルオーバー・デニム・ピアス(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

ハンドバッグの気品とトートのスマートさを備えた、ドルチェ&ガッバーナのバッグ『シシリー62』。カジュアルな着こなしに軽やかにフィットし、格を高める効果は絶大です! レースを配したピンクのカシミヤニットアンサンブル+ブルーデニムの優しい配色で仕上げた着こなしに、上質レザーの風格が香るニュアンスグレーのバッグを選択。肩の力が抜けたラグジュアリー感を演出しましょう。

【3】ブルージーンズ×白カーディガン

バッグ『オフィディア』・カーディガン・デニム・スカーフ・リング・靴(グッチ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2018年
バッグ『オフィディア』・カーディガン・デニム・スカーフ・リング・靴(グッチ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2018年

カシミアニットとデニムで過ごす休日。外出に必要なものをすっきり収納できるスマートなボストンバッグで、心も足どりも軽やかに。

【4】ブルージーンズ×ドットブラウス

ブラウス・デニム・バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイアンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年
ブラウス・デニム・バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイアンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

春の陽差しを感じたら、軽やかな透け感ブラウスを主役にして装いをアップデート。ふんわりとしたシルクジョーゼットのブラウスは、ゴールド&シルバーの水玉や大胆なフリル使いまで、女心をくすぐるデザイン。大人の女性が日常に着るなら、デニムなどブラウスの甘さを抑えるアイテムを合わせ、カジュアルに着るのが鉄則。

ジーンズ(デニム)×スニーカーコーデ


【1】ネイビーワイドジーンズ×白スニーカー×ベージュコート×白プルオーバー

コート・プルオーバー・パンツ・時計・ネックレス・スニーカー(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2020年
コート・プルオーバー・パンツ・時計・ネックレス・スニーカー(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2020年

トレンチコート本来のスタイリッシュな表情と、洗練されたリラックス感のあるシルエットが調和。ベーシックを知り尽くした大人も魅せられる新テイストに。襟を立てたり、そでをたくし上げたり…着こなし方でさまざまな表情を楽しめます。ワイドなデニムと白カットソー、白スニーカーというリラックスカジュアルも品よく導いて。

【2】ライトブルージーンズ×白スニーカー×ベージュコート×白Tシャツ

コート・カットソー・デニム・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイアンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2019年
コート・カットソー・デニム・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイアンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2019年

定番の膝丈トレンチは、やわらかな上質コットンにニュアンスのあるトープカラー。伝統的なラグランスリーブも本来、動きやすさを求めて採用された機能的なデザインなので、小粋な印象に仕上がります。デニムにはTシャツ、バッグ、スニーカーとすべてを清潔感あふれる白でまとめて、爽やかなインパクトを狙いたい。

【3】ライトブルージーンズ×白スニーカー×ピンクブラウス

ヴァレンティノのブラウス・デニム・ヴァレンティノ ガラヴァーニのスニーカー(ヴァレンティノジャパン)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉) 撮影/小林幹幸 BY:『Precious3月号』小学館、2018年
ヴァレンティノのブラウス・デニム・ヴァレンティノ ガラヴァーニのスニーカー(ヴァレンティノジャパン)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉) 撮影/小林幹幸 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

繊細なフラワー柄をあしらったレースのトップスは、デニムとスニーカーでテイストをミックスさせてラフに仕上げて。品のいいフェミニンな旬のカジュアルが完成。

春のジーンズコーデの関連記事